お絵描きBBSに描いた絵・明日のナージャ


あの おジャ魔女どれみ 16歳になってラノベで帰ってくる!

執筆者はなんと『明日のナージャ』のメインライターのひとり
栗山田ことK・Y・グリーン先生だ。



 
そろそろ
まぜろよ


祝・ナージャ役の声優小清水亜美さん、『笑っていいとも』に出演!
 
http://youtube.com/watch?v=-Bhe55gU_RQ
 

 
めでたしめでたし。


ギコっぽい国際オタク情報配信プロジェクト第五回後記・フランスより
 
・ユーザーから「明日のナージャが欧州で人気って聞いたんだけど、本当?」
「いや…フランスでの題名がわからないので…ちょっと待っててね(動画サイトでチェック中)。 あーこのアニメか。いや、このアニメはフランスでは知られてないと思います。 少なくとも私の知る限りでは人気ではないですね
 
(強調引用者)

この通り、嘘はいつかバレる。


一年の締めくくりには、やっぱりナージャ。
 

 
それではよいお年を。


電動鉛筆削りを自主回収=コードから火花−バンダイ子会社Yahoo!ニュースより)
 
 玩具大手バンダイの完全子会社、セイカ(東京)は22日、電動鉛筆削り「ふたりはプリキュア」の 電源コードから火花が出て断線する事故が発生したため、 自主回収すると発表した。事故は計4件確認したが、やけどや火事などは起こっていないという。
 回収対象は3種類あるうち、本体背面に「CN−0422436−A」と刻印されたタイプ。 2004年11月から05年9月まで百貨店・スーパーなどの文房具売り場で計1万9478台を販売した。 屈曲を繰り返すうちに断線の可能性があり、やけどや感電などの恐れがある。


 
このとばっちりで、来週以降りんちゃんの出番が
減ったりしたら笑える気の毒です。
 
っていうか、今回こそマジで訴えられるかもだ。


アニメーション好きのヨーロッパ人
 
 一方、豊永氏の話は、ヨ−ロッパ主要国のアニメーションの映画・テレビ放映事情が中心であった。 (中略) 豊永氏が3月に調べた結果では、フランスの地上波放送局で放映されるアニメーションの 日本アニメの占める割合は10%過ぎない。特に土日のゴールデンタイムで放映されているのは『明日のナージャ』のみとなっている。 欧州市場は巨大であるだけに米国企業にとっても魅力的な市場で、 米国のアニメーションが広く人気があるのが実情のようだ。
 
欧米アニメ市場の最新動向と今後の展望:レポートより引用

フランスでナージャさんが人生のTAKE2に乗り出したようです。


 
こうしてわたしのTAKE2は始まったのだった――

おおっ! ちゃんと↓の続きになってる!



 
2007年もナージャをよろしく。



 
前々回スプラッシュスターの視聴率ネタをやったら
掲示板でものすごい勢いで怒られた(´・ω・`)


主人公に危害を加えるのは宍戸キャラだ!
危害を加えないのは訓練された宍戸キャラだ!
 

 
ところで一コマ目は「消された時間」の
ダンとフルハシのセリフなんですけど、
分かりづらかったみたいですね。



 
2006年はバカ女ブームの時代だ。


● あのバカは在庫をめざす ●



 
遅ればせながら、ナージャも名劇の復活を祝福しております。
 
なんか2002年の日経新聞に載った記事では、
2003年秋から放送の予定だったとか。
お前はウォッチメンの映画ですか?


● 在庫暗黒伝 ●


無印プリキュアは 五十六億七千万年後の未来で
弥勒になったのかもしれない……

在庫暗黒伝
−完−


祝・プリキュア三期目公式発表その2。


祝・プリキュア三期目公式発表。

 
遅ればせながら、ナージャもスプラッシュスターを祝福しています。



 
しかし、↑このネタマジで訴えられそうだな。


(→左のコマから読んでください)


● 新・回天篇 ● ●



 
東映の歴代ヒロインの中でも ナージャのように
悲惨な身の上だった者はいない
彼女はこの後 誰も信じようとはせず
ただ狂ったように販促と視聴率を追い求めた
恨みで天下を呑み干した後 非情なる暴君と
なったが その種は前半生にまかれたのだ
そして 彼女の後半生については
いずれまたの機会に描くことにする
 
――明日のナージャ真・回天篇「恨呑天下」/完――