Hint

※ 以下の攻略は一例。これ以外のルートでのクリアも可能。
※ 画像はオリジナル版のものを掲載。

2日目

INVITATION
●AM 10:00 バルコニー
事故現場であるバルコニーに麻夜が一人、やつれ切った姿で佇んでいる。娘の麻美は「白鳥の血に呪われている」と言う。

INVITATION
●PM 0:00 トイレ
正志朗とバッタリ「臭い仲」になってしまう。降矢木の誘導尋問に、あっさり口を滑らせる正志朗。五代という男の蠢動が気になる。

INVITATION
●PM 1:00 降矢木の客室
梨絵香に連絡を取り、三友財閥と五代との関係について調査させる。

INVITATION
●PM 2:00 美術庫
執事の宮園に客室直通の電話番号を訊く。

INVITATION
●PM 3:00 中庭
きくの夫、義清の姿が。義清は妻の不在の時間を狙って、しばしばここを訪れては、過ぎし日の思い出にふけっているらしい。のちに石田医師も合流。

INVITATION
●PM 4:00 降矢木の客室
再度、梨絵香に連絡するも不在。留守録に用件を入れ、折り返しの連絡を待つことに。しばらくしてから部屋に戻るとコール音が。梨絵香から五代の素性、そして白鳥家の財政状況が、かなり逼迫していることを教えられる。

INVITATION
●PM 6:00 応接室
安井財閥の会長親子が白鳥家を訪問。息子の道実、この容貌魁偉な男は、何と麻美の婚約者であるという。寝ても覚めても麻美にはデスペレートな未来が待っているようだ。

3日目

INVITATION
●AM 8:00 予備室
予備室を清掃中の宮園に石田の診療所の場所を訊く。

INVITATION
●AM 9:00 石田診療所
診療所の玄関口で五代と入れ違いになる。しかし石田は留守のようだ。

INVITATION
●PM 11:00 降矢木の客室
梨絵香の車載電話へ連絡。今度は安井財閥についての調査を頼む。が、すでに降矢木の意図を見越して調査を終えていた梨絵香は、安井家の後継者問題について報告する。以心伝心。

INVITATION
●PM 3:00 村川の部屋
主不在の部屋で女性物の下着を回収。「あくまで捜査の参考物件」として……だ。

INVITATION
●PM 8:00 紘輔の部屋
事故の状況を尋ねる降矢木に、しどろもどろの紘輔。あと一歩で口を割るという時、母親の弥生が出現。鉄壁のガードの前に、降矢木は退散するしかなかった。

INVITATION
●PM 9:00 降矢木の客室
珠代に寝込みを襲われる。が、梨絵香一筋の降矢木は、紳士的な態度でご退室願う。

4日目

INVITATION
●AM 7:00 二階中廊下
宮園が朝のご挨拶。珠代からの言伝あり。

INVITATION
●PM 0:00 珠代の部屋
この女、どうも何か握ってるらしい。降矢木は情報の対価として、街まで珠代のアッシー(死語?)を務めることに。

INVITATION
●PM 5:00 居間
麻美の級友、神谷ゆかりが、お見舞いに。麻美に妹がいるだって? しかも妹は自殺していた……?

5日目

INVITATION
●AM 1:00 珠代の部屋
約束の時刻、珠代の部屋のドアをノックする。彼女は深夜、おたく村川を麻美の部屋の前で目撃したという。一体、そんなところで奴は何を……?