考えてみよう 文句も言えなかった被害者リヴ達全てにささげます。



[[パーク建設予定地ブルー。]]




この、

パークはご存知ですか??

以前は平和な予定地として、人の出入りは少なかったのですが、

ここに、ある生物が住み着いたせいで、

ここは有名な戦闘地に変わってしまいました。

その生物は、モンスター・・、オオカマキリです。

かなり高レベルのモンスターで、

島モンとは違い、

何も攻撃しないのに襲ってきます。

そのせいか、いつしかある常連客が住み着きました。

「リヴを殺したい」

そんな心の無い人々です。

ここでは、怪物の森や島モンとは違い、

「攻撃できない者は来るな!」と追い出す人がいません。

理由は、ここは墓地(死に場所)だからです。

「引渡し所でリヴ渡すのddかかるしここで死ねばいいや!」そんな人もいます。

モンスターが死んだときに行ってみて下さい。

死体がうじゃうじゃあります。

「40レベル」の勇敢に戦ったであろうリヴの死体も、

もちろんありますが。

多いのは、「10レベル以下の小さなリヴ」の抜け殻です。

戦闘時、パークはにぎわいます。

「3ダメージだ!あと一回!!!!逝けーーーーw」

バタッ

「南無おめw」

こんな会話が繰り返されています。

SONYさんは、こういうことを望んでリヴを作ったのでしょうか・。

バーチャルペット。

確かに物心のない生き物かもしれません。

ですが、放浪させ、育てあげ、レベル高く大きくなったリヴリーは、

とても立派でかわいいです。

このリヴリーがいなくなってしまったら。

心の中がポッカリあくような。

そんな大きな存在になっているはず。

「いぇーい!死ね死ねー!」

こんな人は、本当にリヴの楽しさの知らない人がやる単なる遊びです。

殺すも生かすも勝手ですよ。

だけど、もう一度だけ、たった一度だけ、

自分のかわいいかわいいペットを、

見つめてあげることはできないでしょうか・・・。

エサも与えられず生まれたばかりで

モンスターに攻撃されまくり、

飼い主からは「とっとと死ね」とののしられ、

必死に痛い思いをし、

安らかに眠ります。

誰も悲しんでくれる人はいません・・。

生まれる場所が悪かったのかな?

そんな言葉で終わりですか。

「ああ、そんなリヴもいたっけ。忘れたし。あはは」

こんな会話しかできないのかな。

また、今日も、

どこかで誰かが自分の楽しみのために。

リヴを残虐に、魂を吸い取っています。








画質低くてすみません。
ヘンプクブーム中は、ヘンプクばかり殺されます。 そしてヘンプクがもう限定として飼いたくても飼えなくなった今は、 ヘンプクを高く売っています・・・。
すごい数! このリヴたちは、幸せだったのか・・。 聞こえますか。 リヴの声。 「幸せに暮らしたかった」 ほら・・・、また。今日も・・・・・。 あなたの周りで何かが起こってる。
リンクフリーですので、ご自由にリンクを貼り付けてください★ 直リンは禁止します。