お気に入りの石鹸

EAUのマルセイユ石鹸(125g)
香り付き、カラー付きなので主成分はパーム油です。
ブルーはラベンダー、黄色はバーベナ、ピンクはローズ
紫はカシス、あと白のジャスミンもあったんですが
使っちゃいました。 うっとりするほどいい香りです。
 
レセルおばさまのオリーブ石鹸(150g)
ギリシャ製の石鹸で作りたてほやほやだそうです。
ちょっと柔らかめと書いてありましたがそんな事は無く
匂いは控えめでごく普通な感じです。
アレッポのオリーブ石鹸(200g)
シリアのアレッポという町で作られている石鹸です。
切ってみると中はきれいなグリーンです。
この石鹸は柔らかく、普通に使って泡だらけのまま
ソープ皿に置いていると、下の方がトロッとしてしまいます

匂いはあります、ぬかのような・・・?(^^;)
デュランス社のマルセイユ石鹸オリーブ(300g)と
マリウス・ファーブル社のマルセイユ・オリーブ(600g)
マリウス・ファーブル社はマルセイユ石鹸の中では最高級ブランド。
大きさは2倍、値段は(この2社で比較すれば)3倍弱です。
この2つもったいないからまだ使ってません。
お楽しみは最後に回すタイプなもんで(^◇^;)

ミディー社のマルセイユ石鹸オリーブ(600g)
上のEAUのラベンダーを比較のために置いてみました。
600gは大きいです。 普通の石鹸6個分。
手に乗せるとこんな感じ。
この石鹸はマリウス・ファーブルと同じ大きさなのに
なんと、お値段3分の1、デュランス社の300gよりも
安く手に入れました(^-^)

600gを切り分けてみました。
まず石鹸のくずがこぼれてもいいようにバスタオルを拡げて
その上にずっしりと重いマルセイユ石鹸を置きます。
サイトの説明に依ると100均のノコギリがいいそうなので
すでに購入済みのダイソー「簡易ハンドル鋸 29cm」で
端から3/1あたりを切り始めました。
が、石鹸が思ったより柔らかく、すぐに鋸がニチャニチャに
なって動かなくなりました。

それで包丁に持ち替えてゆっくり切っていくと
途中から割れてしまいました。 む、むつかしい(-’`-;
そこで、これもどこかのサイトで読んだやり方
(レンジでチンした後で切る)でなんとかうまく切れました。
割れたところもチンして暖めてくっつけて
こんな風になりました。
 さっそく使っています。
泡立ちよし、泡切れよし、さっぱりしっとりとてもいいです。

匂い? くさいくさい、竹酢みたい(~_~;)
カナダの石鹸
すずちゃんがお土産に持って来てくれたカナダの石鹸。
ケーキみたいでおいしそうです。
ピンクのなんかレモンの輪切りがはみ出てます。
カナダでは石鹸は切り売りなんだって!!
もったいなくて一生使えないかも・・・(^◇^;)
星宿さんの手作り石鹸
これは星宿さん作の第2弾です。
(第1弾は写真に撮るのを忘れてた〜、惜しいことした!)
どんどん腕を上げているようです。
次も楽しみ(^-^)(どあつかましい?(^◇^;))
星宿さんの手作り石鹸
じゃ〜んと第3弾
香りはほのかでね、とてもいい感じです
星宿さんの手作り石鹸
今回は3個も送っていただきました。
マーブルのがアイスみたい!

石鹸の詳しい説明は星宿さんのHPに。
星印手作り石鹸
これはえ〜っと第5弾です。
ハニーミルク、ココアバター、ココナツクリーム
全部食べられるものばっかり、おいしそう〜!!
星印手作り石鹸
またまた出ました第6弾
今回のはネットの友達をイメージして作ったものだそうです。
星印手作り石鹸
UPするのがすっかり遅くなりましたが第7弾になるこの石鹸は
夏休みのオフ会の時に星宿さんから直接いただきました。
「緑なやすらぎ」これは私をイメージして星宿さんが作ってくれた石鹸で
主な材料はヨモギを漬け込んだオリーブオイルだそうです。
ちなみに名前「緑なやすらぎ」は私が付けました(^-^)
CHソープ スクエア
余りのかわいさと安さについまた買ってしまいました。
1個50gと小さめです。 左上 オレンジ、右上 ローズ
下 ミント&ローズマリー
熱を加えないコールドプロセス製法で作られた石鹸素地に香料を加え
加熱成形(ホットプロセス製法)して作ってあって両方で
コールド&ホットプロセス製法(CHソープ)だそうです。