目頭切開メイク〜目頭アイラインの入れ方〜


2006年09月26日


このページは、2005年2月(くらい)に作った「++目頭アイライン++(目頭の切れ込ませ方)」第2段です。
第2弾とは言っても、基本的なやり方は変わっていません。
ですが自分なりに試行錯誤してきた結果をお伝えしたく、また、参考にしてくださっている方々にとって少しでもお役に立てればと思い、再度こういった形でアップすることにしました。
できるだけ詳しく説明したつもりですが、わかりにくい点もあるかもしれません。ごめんね(´・ω・`)


手順を説明していきます。
まず言っておきたいことは、目頭部分に使用するアイライナーは茶色であることが重要です。
目立ちません。馴染みます。
また、私の使用しているアイテムを書きますが、全ての方に合うわけではないと思います。
ぜひ自分に合うアイテムを使ってやってみてください。

手順 画像 説明 補足
すっぴんです。
何も施していない状態。
ピンクのシャドウを二重まぶたに乗せ、黒のアイライナーでマツゲの間を埋めました。
シャドウの色はお好みで。別になくても問題ないです。私の好みです。
使用アイライナー:
スプリングハート/ロングラスティングアイライナー
優秀ですよ。柔らかくて書きやすい。
目頭に使用する色が茶色でさえあれば、ここでの色は何色でもいいと思います。
今の時点で横から見た図。
目尻のアイラインを、リキッドでさらっと伸ばしました。
目頭を書き加えるのでバランスのために。
これをやるとやらないではだいぶ違います。
別になくても問題ないです。私の好みです。
使用アイライナー:
マジョリカマジョルカ/ネオオートマティックアイライナー(ブラウン)
泣いてもこすっても落ちませんでした。
ちなみにブラウン使ってます。
目頭にもこれ使ってます。
目頭アイラインを書き加えました。
やり方は第1弾と同じです。
ポイントは、目頭アイラインを引く前に、きちんとファンデやパウダーを塗っておくこと。にじまなくなりますよ。
私は更にラインの上からもパウダーを軽く乗せています。
使用アイライナー:気分で変えます。
マジョリカマジョルカ/ネオオートマティックアイライナー(ブラウン)
もしくは
フェルム/スーパーフィットアイライナー(ブラウン)
安価なのに優秀ですよ!落ちないし量が多いので愛用してます。
別角度。 ラインは黒目の下まで延長してます。

◆ポイント◆

目頭をぐいーっと引っ張っています。
目頭アイラインを入れる際のポイントです。
今このような状態でアイラインを入れていますが
目頭アイラインを書き加える際は、このラインと目頭のラインが滑らかに繋がるようにしてください。
上、横、斜め、下、どの方向から見ても自然になります。
もしかしたら目の形によるのかもしれません…
こんな感じですね。
では先に進みます。
といってももう仕上げです。



手順 画像 説明 補足
下の目尻にブラウンのシャドウを乗せ、
マスカラを上下に。
二重の間にものブラウンのシャドウを細く乗せてます。
下瞼の目頭〜黒目下までは薄いパールピンクのシャドウを入れています。
別角度。
別角度2。



ビフォーアフター

BEFORE
AFTER



これで私の目頭切開メイクは終わりです。
代わり映えしないように見えたらすみません。実際やってみると本当にだいぶ違うのですよ。

このページはとりあえず版なので、また追記するかもしれません〜。
読んでくださってありがとうございました。