烏野猛(からすのたけし)

[現在]

・びわこ学院大学 准教授
・福祉リスクマネジメント所長

・1968年4月生まれ 神戸市出身

[経歴]

県の民生部で専ら暴力団員を相手にした生活保護ケースワーカーを経験。その後、法学部で社会保障法を教授しながら、現在はびわこ学院大学の准教授。

  介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない。
  2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。
 
   
 
   
  Copyright (C) 2009 . All Rights Reserved.