これがカランクルンの正体です
2001年7月、山の会「カランクルン」が発足しました。
ツルの仲間にアネハヅルという種類がいます。全長約90cmの最小のツルです。このツルは中央アジアやモンゴルから越冬のため南のインドやアフリカに渡ります。その途中、ヒマラヤ山脈の8000mもの山を飛び越えていくことで知られています。
ヒマラヤに住む人々はこのヒマラヤを越えるツルのことをその鳴き声から「カランクルン」と呼んでいます。
カランクルン、カランクルン...と群れの仲間たちと呼び交わしながら、アネハヅルは、眼前に立塞がるヒマラヤの高峰を飛び越えて、南へ南へと旅を続けるのです。
私達もまた、このアネハヅルのように、国境を越え、眼前の障壁を攀じり、仲間達と叱咤と激励の声を掛け合いながら、遥かなる山頂を目指して、自由に行動し続けたいと思います。
山の会「カランクルン」は小さな体に巨大な山嶺の遥か彼方を雄飛する志気を秘め、いかなる障壁からも自由(バリアフリー)である国境なき登山者の集団です。
平日のハイキングから、ヒマラヤまで幅広い楽しい登山を皆さんと共に作っていきたいと思います。
入会の資格はありません。どなたでも入会できます。会員または会友として私達と一緒に山に登りませんか?
入会をお待ちしています。
(会費290円/月、会友登録費1,000円/年 毎年3月に更新)

会則はこちら
連絡先
カランクルンルーム
542-0062
大阪市中央区上本町西
1-5-7
沢マンション201
岩山治療室

地下鉄 谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅下車
@またはF番出口より徒歩2分
TEL&FAX (06)4304-0039 
メール
ネパールにもカランクルントレッキングという会社がありました
カランクルンTOPに戻る