ヤマベ(ハエ・オイカワ)・カワムツ

下:カワムツ

フライフィッシングで出会える魚

ヤマメ イワナ ニジマス ブルック ブラウン イトウ ウグイ オイカワ ハス ワタカ
コイ ニゴイ バス ギル テラピア キャットフィッシュ カラフトマス サーモン 漁港と海

カッパのフライフィッシング

ヤマベという魚、身近な川でドライフライが一年中楽しめるフライフィッシングの最高のターゲットです。婚姻色の出たオスや銀色に輝くメスは本当に綺麗な魚です。
ヤマベはドライで釣ってこそ楽しめる存在だと思います。

以下は私のヤマベの釣りスタイル。簡単でフライフィッシングの楽しさがここにありますので、特におすすめの身近なターゲットです。

タックルについて
ヤマベのタックルはついつい柔らかく短い竿を選びがちですが、【2〜3番の指定で、ある程度の長さがあり、張りのあるアクション。】が理想です。
リーダー・ティペットについて
これは竿の長さプラスαが基本。ティペットは、あまり太くないもの(8x)が基本にしています。ただし、川の規模が大きくなると、やはりリーダー・ティペットはあわせて長くしています。
フライパターンについて
一般的には20・22のパラシュートが一番使いやすい。但し、大型が釣れる場合は16・18のパラシュートを使ってチビが掛らないようにするのもテクニックです。魚体も、口も非常に小さいのでフライは小さく、針掛りが良いパターンがコツになっています。
バーブがあると魚体を傷める事が多いので必ずバーブレスにして下さい。
(一番のコツかな。)

弾くようなアタリで釣れない場合、合わせが遅いからではありませんでした。魚が小さすぎるかドラグが掛っているためのようです。叩き釣りなんて全く必要ない事に気付きました。