ヤマベ(ハエ・オイカワ)・カワムツ

下:カワムツ

フライフィッシングで出会える魚

ヤマメ イワナ ニジマス ブルック ブラウン イトウ ウグイ オイカワ ハス ワタカ
コイ ニゴイ バス ギル テラピア キャットフィッシュ カラフトマス サーモン 漁港と海

カッパのフライフィッシング

ヤマベという魚、身近な川でドライフライが一年中楽しめるフライフィッシングの最高のターゲットです。婚姻色の出たオスや銀色に輝くメスは本当に綺麗な魚です。
ヤマベはドライで釣ってこそ楽しめる存在だと思います。水面下で釣るならのべ竿の毛鉤のほうが楽しいと思います。


タックルについて
ヤマベのタックルはついつい柔らかく短い竿を選びがちですが、【2〜3番の指定で、ある程度の長さがあり、張りのあるアクション。】が理想です。
リーダー・ティペットについて
これは竿の長さプラスαで十分。ロングリーダー・ティペットのメリットはありません。ティペットは、あまり太くないもの(8x)が基本になります。ただし、川の規模が大きくなると、やはりリーダー・ティペットはあわせて長くする必要があります。
フライパターンについて
一般的には20・22のパラシュートが一番使いやすい。但し、大型が釣れる場合は16・18のパラシュートを使ってチビが掛らないようにするのもテクニックです。魚体も、口も非常に小さいのでフライは小さく、針掛りが良いパターンがコツになります。
バーブがあると魚体を傷める事が多いので必ずバーブレスにして下さい。
(一番のコツです。)
流し方
この魚の沢山いるポイントを見つけて、ドライフライを流せば 面白いように釣れるはずです
なるべくラインは弛みを無くし俊敏に合わせを入れられるようにしましょう。
弾くようなアタリで釣れない場合、合わせが遅いからではありません。魚が小さすぎるかドラグが掛っているためです。叩き釣りなんて全く必要ありませんよ。