作者紹介 王玄 1855-1910
      大韓帝国(李氏朝鮮)末期
       儒学者
      ・日本に併合され、国が無くなることに憤激して、
      「絶命詩」四首を残し、服毒自殺した。
      この詩は第二首になる。


絶命詩  絶命詩
鳥獣哀鳴海岳頻
槿花世界已沈倫
秋燈掩巻懐千古
難作人間識字人
鳥獣も嘆き悲しみ大地も眉をひそめ、
我らの世界はすでに沈んでしまった。
秋の日、本をたたんで千古の昔を思う、
この世に人の道のわかるものはいないのか。
●●○○●●○韻
●○●●●○○韻
○○●●○○●
○●○○●●○韻
七言絶句
仄起式
上平声「真」韻

 ・槿花(ムグンファ): ムクゲの花は古来から朝鮮の象徴の花とされる。
           現在も韓国の国花になっている。


  返朝鮮漢詩目録