鶴間山 観音寺は 高野山金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗のお寺です             高野山 真言宗
                                                                                                   鶴間山 観音寺
     
                                                                          ・武相卯歳観世音札所   第 一 番
     
                                                                          ・武相寅歳薬師如来霊場  第二十一番

 トップページ 00  武相観音 01
 写 真 02
書道工学 03
 塔婆申込 04
作成中 05





         


■ 當 山 縁 起

 當山の本尊は、慈覚大師御作の十一面観世音菩薩である。第177代 後桜町天皇の宝暦年間(西暦1751年~1763年)に當山十三世 法印宥仁阿闍梨は、或る時霊夢を感じられた。それは瀬谷村の中屋敷の高橋是右衛門家に伝わる十一面観世音菩薩自ら夢まくらに立たれ、観音寺に奉安せよとのお告げであった。同じお告げは是右衛門にもあった。
 ここに深見村の有力なる篤志家 小林九兵衛は、大いに勧請の事業を扶(タス)け、自らが大施主となり當山の境内に一宇(イチウ:一つのお堂)を建立した。また、当時の地頭(ジトウ)江原公も供養料として米を寄進し、当所艮(ウシトラ:丑寅)の鎮護として人仏二法の興隆を祈請(キセイ:神仏に祈り、加護を請うこと)された。
 その後、大火が地域を焼き寺も炎上したが、観音堂だけが不思議にも火難を免れた。よって人々はその奇瑞(キズイ:めでたいことが起きる前ぶれ)に欣仰讃歡措く能はず(キンコウサンタンオクアタワズ:大変喜び感激することを抑えることが出来ない)、遂に迎え奉り爾来(ジライ:それ以来)當山の主尊と仰ぎ、寺号を今の観音寺と改めるに至った。
 旧来は、地蔵菩薩が本尊であったが、その寺号の縁由(エンユウ:そうなった由来やきっかけ)は、未詳である。
 また、當山は青山往還(厚木大山街道、現国道246号の元になった道)の赤門寺と呼ばれ遠くは川崎の稲毛方面からも参詣があった。
 宝暦9年(西暦1759年)、新西国三十三札所、武相卯歳観世音札所 第一番となり、世間の信仰今に渝(カ)わることなし。
 武相寅歳薬師如来霊場 第二十一番。


■ 交通案内
・つきみ野駅から
 東急田園都市線「つきみ野駅」から徒歩17分。

・町田駅から
 「町田ターミナル・町田バスセンター」から 神奈中バス「鶴間駅東口行・車庫前行」で「観音寺前」下車徒歩1分。

・鶴間駅から
 小田急江ノ島線鶴間駅東口から 神奈中バス「町田バスセンター行・横浜駅西口行・鶴ヶ峰駅行」で「観音寺前」下車徒歩1分。

・鶴ヶ峰駅・横浜駅西口から
 神奈中バス「鶴間駅東口行」で「観音寺前」下車徒歩1分。

・東名高速利用(自家用車)
 横浜町田インターチェンジから5分。


■ アクセスマップ
  【 GoogleMap 】
  【 Yahoo 地図 】  *スマホ非対応*
  【 Mapion 地図 】


■ 主な更新履歴

 平成28年11月 ジオシティーズに引越し




      
       鶴間山 観音寺
       〒 242-0001 神奈川県大和市下鶴間2240
       電話   046-274-2451
       ファクシミリ 046-272-5893
       MAIL  kannonji
@jcom.home.ne.jp
       SITE  http://www.geocities.jp/kannon_zi/


                                             © 2016 Tsuruma_san Kannon_zi



・コメント
Google Chromeなどのブラウザの場合、画面が上手く表示できない場合が有ります。ブラウザの設定で倍率を80%などに調整してください。<トップページ下の山門・観音様の写真は三枚が横一列に並ぶように設計しています。>

當山サイトをご覧いただきありがとうございます。
シンプルなデザインを心掛けています。
そして、例え場所を示すだけの小さな力しか持たないサイトであっても、作ることは大切な事だと思っています。
また、當山サイトをご覧になってのご感想、ご意見、ご提案がございましたら、メールにてお送りください。

                                 平成28年11月
 © 高野山 真言宗
 【 高野山開創1200年記念キャラクター 「こうやくん」 】