DSC_0278.jpg
感応寺は、明治42年の開創以来、地域住民の「供養と祈願の寺」として歩み続けてきました。

能代が誇る日本五大松原「風の松原」は、お寺からすぐそばの距離にあります。700万本もの黒松が広がる「風の松原」は市民の憩いの場として親しまれ、緑豊かで穏やかな環境に感応寺は位置しています。


川村亘平斎とインドネシアの影絵と旅のお話

川村インドネシア影絵.jpg
川村亘平斎とインドネシアの影絵と旅のお話
〜常夏の彼方から大寒の此方へ〜
2018 1月21日(日)開場12:30 開演14:00

これまで に自身のソロユニット『滞空時間/taikujikang』や『影絵と音楽の物語』の公演で 2012年から度々秋田に訪れている川村亘平斎さん。
 音楽家・影絵師・イラストレーターなど幅広い分野で活動する川村亘平斎さんは2018年1月、 ショートレジデンスアーティストとして 秋田公立美術大学の事業『AKIBIplus』BASE2 男鹿 のプロジェクトへと参加。

 そして、このたび能代初公演が感応寺にて実現。
第1部は、本堂内陣に設置する横450cm×縦260cmのスクリーンで、影絵パフォーマンスと音楽を繰り広げます。
第2部では、2016年末から1年間インドネシアバリ島の影絵【ワヤン・クリット】の修行に旅立ち、1年間滞在していたインドネシアでの活動をトークと映像で振り返ります。

大人から子供まで楽しめる影絵パフォーマンスを
どうぞお見逃しなく!

感応寺の寒修行が北羽新聞に掲載されました。

(平成30年1月6日掲載)H30感修行新聞.jpg







鬼子母神まつり
H29鬼子母神チラシ.jpg