自動車と地球環境問題


第四章 自動車の交通を少なくするための施策

@ ロードプライシング

ロードプライシングとは、一部の道路において、そこを利用するするときには料金を徴収するというものである。料金の徴収によって交通量をコントロールしようとする方法だが、これは利用者の反発を招くことは目に見えて明らかであり、この施策は利用すべきではない。

一部の国で取り入れられており、効果もおおきい。環境税など金銭を利用した効した抑制は効果が大きいが経済格差によって利便性にも差が生じることは大きな問題であろう。金銭でも抑制ではなく、環境問題への意識による抑制を求めるべきであろう。