自動車と地球環境問題


第四章 自動車の交通を少なくするための施策

D 水上交通の利用

大都市にある河川をもっと有効利用することによって、自動車自体の交通量を減らせる。タイなどでは水上バスなどが庶民の足になっているが日本でもこの様な水上バスが実施され、注目を集めればうまくいく可能性がある。

また、観光施設としての水上バスなど交通量の変遷目的だけではなく、ほかの利点も多きであろう。問題は移動時間でありこれが短縮できるような交通スタイル、乗船があればかなり普及するであろう。これには河川の浄化も問題になる地域が出てくるかもしれない。