自動車と地球環境問題


第四章 自動車の交通を少なくするための施策

C 都心部での歩行者ゾーンの設置

混雑する時間において、緊急車両などの場合を除いて、歩行者のみの通行にするというもの。これは駐車違反などによって緊急車両が通行できないという問題も解消でき効果的である。

ただ、経済合理性の観点からも現実的ではないかもしれない。一部には有効な手段であっても大々的に広域において実施できる施策ではない。よって実施できても効果は少ないと思われる。