2003年春、最新のバイオテクノロジーを駆使した強靱な冬虫夏草の本格栽培に成功。以来、進化をつづける冬虫夏草の培養(栽培)で特許権を取得するなど、国内産冬虫夏草の発展に寄与しています。 


冬虫夏草TOP
冬虫夏草vs.癌細胞 冬虫夏草サプリメント
 栽培で過疎地を再生 簡単 冬虫夏草の栽培 

=培養と栽培方法について特許権取得=

 矢印01

癌にリベンジを果たすべく冬虫夏草を研究
癌と闘う「食事革命」を主宰する川浪が冬虫夏草の研究を始めたのは、深い悲しみの出来事がきっかけだった。あれは今から35年前にさかのぼる、昭和57年春のことである。
代表自叙伝
開発者自伝 
「身体に鉛が入ったように重い」と父親が不調を訴え、すぐに検査をしたところ肝臓癌、しかも余命3ヶ月という診断だった。健康雑誌で効果がすごいという丸山ワクチン、抜毒丸、ビワの葉、クマザサなどいろいろと試みたが、まるで坂道を転げるように病状は悪化し、入院わずか45日の闘病の果てに永眠。
「癌を克服する何かを見つけて必ずリベンジしてみせる」と、苦しみから解放されて穏やかに眠る父親に誓いを立てた。

研究者が見たチベット産の冬虫夏草 カウンター
冬虫夏草の解説ページ
冬虫夏草の研究者がまとめた貴重な資料です。写真と図解で分かりやすく説明、約10分で読み切れます
台湾の世界的に有名な漢方薬街・迪化街(ディホアジェ)で、偶然、チベットで穫れる冬虫夏草の凄さを知ることとなった。25年も前の1993年のことである。
冬虫夏草を食しながらチベット高原で猛特訓に励んだ中国女子陸上チームが、ドイツで開かれた世界陸上競技大会で神がかり的な大活約をしたという。そのニュースが迪化街の街角に流れたとき、驚嘆にも似た歓声がこだました。
川浪は、爪楊枝ほどの小さなキノコが5000年もの間、何ゆえに漢方生薬の頂点にあったのか真相について研究を始めた。もしかするとこのキノコが、父親と約束した「癌を克服する何か」かも知れない。
後日、北京オリンピックで51個の金メダルを獲った中国に、世界は再び驚嘆の声を上げた。その立役者が、やはり冬虫夏草だと知って神秘的なパワーを確信することとなったのである。
北京オリンピック直後から漢方薬房には買い付けが殺到し、価格が一挙に10倍にも高騰した。そして、乱穫によってチベットの冬虫夏草は絶滅したのである。こうした経緯から、人工生産ものが市場に台頭するようになった。


チベット冬虫夏草に近づくために研究開発

右写真は、漢方生薬の主産地で採取した自然界の冬虫夏草である。この冬虫夏草はサナギから発生しているようだが、よく見ると昆虫の周りの腐葉土や下の地盤にまで菌糸を伸ばし、多様な栄養成分を得ようとしてていることがわかる。
自然界の冬虫夏草
自然界の冬虫夏草
動物(昆虫)と植物と無機物(ミネラル)という自然界の3大成分に菌糸を広げ、たっぷりと栄養成分を吸収して発芽したということになる。この生態を活かすことが、強靱な冬虫夏草を培養するために必要となる。チベットの冬虫夏草が宿主にしているコウモリガよりもさらに強力な昆虫を探して、より強靱な培地を組み立てることが必要になる。この技術がページタイトル「進化をつづける冬虫夏草」の根本で、これによって冷暖房を使わず、無菌室も要らない、食効により優れた冬虫夏草の出現を約束できる。 

コウモリガよりもさらに凄い昆虫を求めて
大規模栽培が可能なスーパー培養基の開発
味覚が繊細な日本人は昆虫の臭いに拒否感

そして・・・・・
培養スナップ
日本で冬虫夏草の大規模栽培が成功したのは、2003年。以来、足掛け16年の長きにわたって、生産高と品質では日本のトップを独走し、生産技術・加工技術でも情報発信を続けています。      

=培養と栽培方法について特許権取得=

 矢印02
栽培マップ

区切り

癌細胞阻害試験 冬虫夏草の歴史 栽培指導  お問い合わせ
アイコン 02  アイコン 04 楊貴妃アイコン 起業支援アプリ 
地域振興 スポーツサプリ 冬虫夏草成分アプリ 鹿角霊芝170
     
区切り

進化をつづける冬虫夏草(2)

矢印01

はてなブックマークに追加   冬虫夏草は食糧を守る 

進化をつづける冬虫夏草

〒810-0062 福岡市中央区荒戸1丁目3-20 株式会社 BGサイエンス TEL 092-717-3301

Copyright (C) 2005/03/01-2018/01/02
BG SCIENCE CO,LTD.