冬虫夏草で世界を制した北京大会
冬虫夏草で金メダル
第7回全国運動会(日本でいえば国体)冬虫夏草などの薬草を摂りながら猛練習することが身体能力を高めることを知った中国スポーツ関係者は、漢方薬学を取り入れて独自の薬草ジュースを用意し、北京で開催が決まったオリンピックに向けて選手団の強化を始めました。
特に、あの馬軍団がキャンプを張った青海省青蔵高原(チベット)で採取された天然の冬虫夏草は最上級品に認定され、どんどん値上がりしてゆきました。そして08年8月8日、中国国家の威信をかけたオリンピック北京大会が始まり、結果として中国選手は51個の金メダルを獲得したのでした。
冬虫夏草って何だろう?

世界のスポーツ界にとって12年間で3倍超になった中国の金メダル急増は、極めてショッキングな出来事でした。それ以上に驚いたのが、青蔵高原(チベット)に生息する冬虫夏草という神秘なキノコの高い栄養性でした。早速、買い求めようとする外国スポーツ関係者で、北京や大連の薬房は大混雑。さらに欧米では、華僑が営むチャイニーズ・ショップに冬虫夏草の購入を切望するスポーツ関係者による予約が殺到して、取引価格が天井知らずの高騰を続けたのです。
大産地チベットには世界中からバイヤーが集まり、壮絶なぶんどり合戦を繰り広げました。住民たちも雪が消えると直ぐに山に分け入って枯草を掻き回し、血眼になって探しました。
チベット冬虫夏草(1)

自然界の冬虫夏草


昆虫の強烈パワーはオリンピックを制す
バッタの筋力 バッタは自身体長の40倍も跳ぶ、蟻は自重の50倍の食物を提げる、ミツバチは6時間も全速力で飛ぶなど、昆虫の持つ能力は人間を大きく超えています。
このパワーの根源は何なのか、昆虫の筋肉は人間のものと違う構造なのか。解明を進めると、バッタも蟻も同じタンパク質の筋肉をもっていることが分かりました。違いは、そのタンパク質の連結構造がジペプチド(2つ繋ぎ)だということです。大阪市立大学の研究では、この成分には抗疲労効果、並びに疲労回復力を高める効果が期待できると発表しています。とすると、この成分を上手く摂取すると、オリンピックでもスパイダーマンのような驚異的な大活躍が期待できるかもしれないということです

話題騒然のスポーツ・サプリ
チベットの冬虫夏草が採れなくなると
チベットの冬虫夏草(2) オリンピック金メダル数
右上は中国のオリンピック金メダル獲得数の推移です。馬軍団の快挙の後、冬虫夏草を食べながら猛練習によってスポーツ能を高め、北京オリンピックでは世界の頂点に立ちました。しかし、世界中から冬虫夏草の願望が高まってくるに連れて、中国人でもチベット産の冬虫夏草は手に入らなくなったのです。しかたなく人工生産の冬虫夏草を食べながら猛練習に励むのですが、右のとおり中国の金メダル獲得数は急降下するばかりです。これから見ても、人工生産した冬虫夏草には、スポーツ能を向上させる効果がないことが明らかになりました。
オリンピック前はキロ当たり80万円だったチベットの冬虫夏草。オリンピック直後にはキロ当たり800万円という高値で取り引きされる異常事態となりました。採っても採っても高値がついて売れる冬虫夏草。
一方で中国の工業近代化は山奥にまで及んで、環境破壊が猛烈なスピードで進んでいました。自然の楽園だったチベットにも大気汚染が広がって(上写真)4000年も輝きつづけた冬虫夏草は、壊滅状態となりました。バイヤーたちはチベットからブータン、ネパール、ミャンマーへと探索の足を伸ばし高原地帯で発生する冬虫夏草を根こそぎ買い付けていますが、その一方で始まったのが、冬虫夏草の人工生産でした。



冬虫夏草を日本で栽培したいと考えた日本人
冬虫夏草の研究者
薬膳キノコの研究者である川浪(かわなみ)が目を付けたのは自重の300倍も持ち上げる、擬黒多刺蟻(左上写真)という薬用蟻でした。この強烈な蟻をベースに適合する植物生薬を探しだして配合すると、菌糸が見事な活性を見せたのでした。スポーツ能を向上させる冬虫夏草の完成です。チベットの冬虫夏草に魅せられて10年目、2002年春のことでした。
国内各地で冬虫夏草の栽培が始まった
冬虫夏草の栽培地
薬膳キノコの研究者・川浪が発明(特許権)したのは、昆虫がついていない冬虫夏草です。強烈なパワーを持つ昆虫のエキスを抽出して、菌糸の活性が最大限になるよう生薬を配合した完全自然素材から、強力な子実体を発生させることに成功しました。これによって、冷暖房も加湿器も制御装置も無菌室も不要の、チベット産に近い冬虫夏草が大量栽培できるようになりました。
ベスト スポーツサプリにジャンプ

BAR

より詳しく冬虫夏草の内容を見る

スポーツ能を高める遊離アミノ酸
アミノ酸は地球上に約500種類ほど存在しています。そのなかで、タンパク質を構成するアミノ酸はわずか20種類で、これらが複合して体内組織を形成しています。
遊離アミノ酸(下表)はタンパク質を形成していないアミノ酸で、20種類の他にも、血管拡張効果があるシトルリン、脂肪燃焼効果があるカルニチン、基礎代謝を促進させ肝臓の機能を高めるオルニチン、基礎代謝を促進しEDを解消するアルギニンなど、身体の機能を調整する様々なアミノ酸が発見され注目され始めています。解明されているのはほんの一部で、恐るべき昆虫の筋肉のように、現代の科学では想像もつかないような遊離アミノ酸の秘密があるはずです。BGS冬虫夏草には、この遊離アミノ酸が豊富に含まれています。

冬虫夏草が含有する遊離アミノ酸 
 遊離アルギニン  258  遊離アラニン  123
 遊離リジン  102  遊離グリシン   17
 遊離ヒスチジン   51  遊離プロリン   46
 遊離フェニルアラニン   12  遊離グルタミン酸  457
 遊離チロシン  136  遊離セリン   61
 遊離ロイシ   15  遊離スレオニン   63
 遊離イソロイシン   11  遊離アスパラギン酸  136
 遊離バリン    45  遊離トリプトファン    9
 (単位:mg/100g/日本食品分析センター)


ランニング・ハイを誘導するエンドルフィンを生成
特訓を始めて30分もすると苦しくて辛くて、肉体的にも精神的にも限界を感じてきます。しかしこの状態を通り越すと、今度は苦痛という肉体ストレスが消えて気分良く特訓することが可能になります。これをランニング・ハイといいますが、この状態を誘導するのがエンドロフィンをいう神経伝達物質です。注目のこの物質は遊離グルタミン酸と遊離アスパラギン酸を主成分に、亜鉛酵素が介在して小腸で生成され、脳下垂体に貯蔵されます。アスリートが痛みや辛さを感じると脳が指令して分泌され、まるでモルヒネのように肉体ストレスを緩和します。
冬虫夏草にはこれら遊離アミノ酸が豊富に含まれている(上表参照)ので、エンドロフィンの生成や分泌がスムーズになります。これが冒頭の馬軍団の猛特訓の種明かしですが、猛特訓で身体を虐めても、エンドルフィンが分泌されると逆に快楽に変わる。そうなると、柔道にもレスリングにもマラソンにも、きわめて有利に働きます。

傷ついた細胞を修復するポリサッカロイド
冬虫夏草の成長した子実体(胞子を先端に持つ)は菌糸細胞の集合体で、各々の細胞は細胞壁で包まれ、細胞壁はそれぞれ緩衝材を持っていて、これらを含めてマトリクスと呼んでいます。オクラやモロヘイヤの様にドロドロの液体はムコ多糖体といわれ、冬虫夏草はドロドロではなくワックスのように固着して、これをポリサッカロイドといいます。
猛特訓によって、細胞壁周辺の多糖体やコラーゲンが不足すると、細胞の働きに支障がでて、傷ついたりガンを誘発するなど重大なトラブルに見舞われます。傷ついた細胞は、再び多糖体やコラーゲンがマトリクスを形成することで正常な機能を回復し、自らを修復します。冬虫夏草を食べながら運動すると、ポリサッカロイドがアスリートの細胞をガッチリとキープするということです。

瞬時に酵素を増やす亜鉛と冬虫夏草
亜鉛を含有する食品
冬虫夏草
亜鉛の大きな特徴は、体内で酵素の生成に関与します。細胞形成や糖質・タンパク質・脂質代謝を促進し、血糖値を正常にすることや癌の要因となる活性酸素の分解除去腸絨毛の谷間に絡んだ有害ミネラル排出にも深く係わります。
酵素をつくるための、亜鉛1日必要量は1日9mgで、これを摂るには含有がもっとも豊富な牡蛎なら8~10粒、牛肉赤身で250gを食べねばなりません。これを毎日食べることは難しく、その上に、亜鉛の吸収率が悪いことも摂取不足の原因となります。アスリートにとって、亜鉛の摂取は不可欠です。亜鉛が不足するとタンパク質の合成が進まないので、疲労感を感じたり筋肉痛や筋肉障害を起こす原因となります。そのうえに、ホルモンバランスが悪化して感情が不安定になるので、胸のすくようなパフォーマンスが発揮できません。冬虫夏草は亜鉛を多く含んでいますがアスリートの身体をコントロールするほどの量ではないので、吸収しやすい亜鉛のサプリメントが必要です。冬虫夏草で腸内善玉菌を増やし、生物由来(亜鉛酵母)のキレート化した亜鉛を摂取してください。

亜鉛についてさらに詳しく知りたい
活性酸素から身体をブロックするセレン

死亡原因グラフ
亜鉛と同じく、日本人に不足しているのが微量元素セレン。左円グラフを見ると、国民の4人に1人が突然死をまねく心臓病と脳卒中で死亡していたことが分かります。
日本の医学ではこれらの症状については癌と同じく、早期切除する以外には治療法が確立していません。したがって発症すれば即、死に直結する可能性が高いという危険な症状です。この原因は活性酸素です。これは呼吸の際に約2%が活性酸素になって白血球に取り込まれ、細菌など外敵を殺してしまうのに使われますが、過剰に増えると逆に身体を傷つける要因になります。過度なスポーツや紫外線も要因の一つで、アスリートにとっては対策を考えておかねば命を落としかねない危険性があります。
冒頭に記したとおり、馬軍団の猛特訓は冬虫夏草を食べながら続けられました。これは、チベットの冬虫夏草やスッポンに多くのセレンが含有していたからです。通常なら、酸素の稀薄な高地の猛特訓は身体を傷めるのですが、馬軍団は鉄人となっていったのでした。
セレンの1日摂取基準量は、通常男子で30マイクログラム。豚レバーなら50g、鶏卵なら5玉ですが、特訓にのぞむアスリートなら抗酸化のために高濃度摂取(毎日100~200マイクログラム)が必要となります。鶏卵なら20玉、黒マグロなら200g、豚レバーなら300gを毎日食べなければなりません。しかしながら、これも困難な数字なので、天然由来のキレート化したセレンと腸内善玉菌を増やす冬虫夏草を食べるのが賢明です。
セレンについてさらに詳しく知りたい


冬虫夏草とスポーツ能力
Copyright (C) 2015/03/01-2018/12/17
BG SCIENCE CO,LTD.