冬虫夏草の歴史(2)

中世の冬虫夏草

楊貴妃と冬虫夏草
始皇帝が作りあげた強大な秦帝国から900年ほど経過した唐王朝に、またもや冬虫夏草が歴史にクローズアップされました。その主役は、世界の三大美女と称される楊貴妃です。
楊貴妃の実名は楊玉環、蜀国の平民の娘として生を受けましたが、幼いときに両親と死別して、叔父の家に引き取られて育ちました。ある時、西征する唐王朝の皇太子・寿王に見初められて皇太子妃となったのですが、その美しき皇太子妃に目をつけたのが寿王の父親である第6代皇帝の玄宗です。
玄宗といえば開元の治と呼ばれる善政で唐王朝の絶頂期を迎えたほどの名君で、絶対的な権力者だったのですが、楊玉環を見初めてから強引に寿王との別離を企て、彼女を道教寺院に入れて尼僧にしてしまいました。この時、玄宗は60歳、楊玉環は24歳。
1年余の時をおいて、玄宗は楊玉環を宮廷に呼び戻して正式に貴妃(おきさき)としたまではまだ良かったのですが、その寵愛ぶりが度を過ぎて、次第に国力は衰えてゆきます。
楊貴妃につながる親族を次々と政権の要職に据え、そればかりか、政治の場にも顔を見せなくなった玄宗に愛想を尽かした古来の部下が次々と離れてゆき、世は乱れて安史の乱を招くこととなったのです。
こうして玄宗と楊貴妃は蜀国に落ちて行くのですが、その途中で部下たちに争乱の責任を問われた楊貴妃は、玄宗の命令によって処刑されたのでした。
この史実は旧唐書に、そして玄宗と楊貴妃の悲恋をテーマにした白楽天の長恨歌に残されて今でも語り継がれているのですが、ここで問題なのは玄宗と道教の絡みです。
若い頃(西暦720年頃)の玄宗はむしろ仏教に傾倒していたことが、仏教僧への「度牒」という政策から判断できます。これは、道教だけでなく国家政府が仏教の僧尼にも身分証を与えるという制度で、迫害されていた仏教が厚遇される端緒となりました。
その後、西暦734年に玄宗は楊貴妃と出会っていますが、この頃より玄宗は道教に改宗して深く信仰するようになりました。彼女を道教寺院に入れることから始まり、自らは宮廷に修道院を作って天台山(浙江省の霊山)から高名な司馬承禎という仙人を招き入れ、道士になるための修練を重ねたといいます。このことは「御極多年にして長生軽挙の術を尚とぶ」と旧唐書にも記されるように、永遠の生を受けること、そして自らが仙人の列に加わりたいという道教思想に入れあげた証左です。
道教といえば、前述のように仙草や仙芝を祭壇に祀って不老長生を祈るという習慣がありますから、永遠の生を受けたい玄宗も永遠の美に授かりたい楊貴妃も、冬虫夏草を重用したであろうことは簡単に想像できます。これが後世に、楊貴妃は冬虫夏草を愛したと語られるようになった所以ですが、実際には、玄宗を道教の世界に引きずり込んで夢中にさせたのも楊貴妃かもしれません。茘枝(ライチ:木の実)や阿膠(アキョウ:ロバの皮下コラーゲン)を好んだという説もありますが、むしろ日夜、玄宗とともに祭壇に向かって祈りを献げる楊貴妃の妖艶な姿や、その後に大自然の恩恵に与ろうとして祭壇の仙草や仙芝を料理させて、二人して食す姿の方が目に浮かびます。 

中世から現代にかけて
冬虫夏草とチャングム
秦の始皇帝の時代、冬虫夏草を求める旅に出た徐福が立ち寄ったとされる朝鮮半島。以来、この国では薬膳の教えと不老長生に欠かせない冬虫夏草の知識が、しっかりと根付いていました。これを裏付けてくれたのが、NHKで放映された宮廷女官ドラマ・チャングムの誓いです。
チャングム(徐長今)は16世紀始めから、李氏王朝第11代の中宗皇帝に仕えた宮廷医(皇帝に薬膳を作る役)で、皇太后の誕生日に行われた薬膳料理コンテストで体の弱い皇帝のために蟻酒冬虫夏草の八卦湯(パルガタン)でおもてなしを考えました。
八卦湯
とは、黒亀(スッポンでも良い)と高麗人参に冬虫夏草・キクラゲ・シイタケという3種のキノコ、栗・ナツメ・銀杏という3種の木の実を加えて鶏のスープで煮込む薬膳で、瘡症(皮膚の腫瘍)や内臓炎症(潰瘍)、解毒、消化器官の増強、滋養強壮、とりわけ虚弱体質には顕著な効果を現すといわれています。
ストーリーから見ると、宮廷には薬膳を学んで身を立てる制度があって、皇帝貴族も薬膳によって体調を維持していたということが分かります。こうしてチャングムは男尊女卑の時代の中で破格の出世をとげて中宗の医女となり、亡くなるまでつきっきりでお世話をしたといいます。
このドラマは朝鮮の正史として名高い李朝実録のなかの中宗実録に記さた史実を参考にして書き下ろされたものですが、放映された韓国では50%を越える視聴率が続いて、薬膳ブームが再燃したといいます。

冬虫夏草を世界に広めた馬軍団
話しを中国に戻しましょう。時代がずっと進んで、今から10年ほど前の出来事を振り返ります。
仙人は中国全土に
冬虫夏草を広めましたが、これを世界に広めたのは馬俊仁という遼寧省(大連、沈陽のある東北の省)の体育教師でした。
貧しい家庭に生まれた馬さんは子供の頃から、山に入って漢方生薬を探して採ってきては、一家の生計の足しにしていました。

教え子たちに毎日40キロメートルも走らせる猛練習を課して中国女子陸上競技チームを作り上げ、そして1993年に
ドイツで開催された陸上競技世界選手権に出場して次々と世界新記録を更新、出場した13種目中11個の金メダルを獲得するという驚くべき快挙を演じました。世界のメディアが選手たちを馬軍団と呼んで強さの秘密を尋ねたところ、彼女たちは口々に「スッポンと冬虫夏草のスープを食べながら練習した」と語ったのです。中国歴代皇帝の不老長生に応えていた冬虫夏草が世界の檜舞台に駆け上った瞬間でした。
馬軍団の快挙に始まって、その後の中国スポーツ界は大発展を続けています。冬虫夏草をはじめとする薬膳ドリンクを飲みながら合理的特訓に励んだオリンピック選手団が北京オリンピックで見せた超人的な強さ、スポーツ大国と言われたロシアもアメリカも一挙に抜き去って51個もの金メダルを獲得したことは、世界に冬虫夏草の実力を不動のものとしました。
詳細 楊貴妃は天草に流れ着いていた
 馬軍団のドーピング事件簿
   2    

冬虫夏草の歴史|中世から現代
Copyright (C) 2005/03/01-2019/02/08
BG SCIENCE CO,LTD