腎虚の症状

めまい・耳鳴り・精力減退・関節痛・不眠は腎虚のはじまり
おそろしい腎虚の進行 腎虚の原因をさぐる
中医の言う「腎虚」とは次の症状を指します。中高年齢が体験する精力減退、耳鳴り、めまい、難聴、脱毛、白髪進行、歯のぐらつき、足腰衰弱、頻尿、肩こり、背筋痛・腰痛・関節痛、脱力感、不眠、不安感、無気力、喉の渇き、免疫力低下、よく風邪を引く、寝汗、手の平足の裏のほてり等の諸症状です。
女性の症状としては生理不順、不妊、流産、早産、未熟児出産などが重なり、最近では子供たちにも永久歯が生えない、若白髪、ショック症(いじめ・登校拒否)などの肉体・精神的症状があらわれています。

腎虚が進行すれば
メヌエル病、腎炎、膀胱炎、前立腺ガン、膀胱ガン、子宮ガン、不育症、骨粗鬆症、糖尿病、リュウマチ、痛風、流行性感冒、細菌感染症などの発症をみて、結果として死に至るので看過することはできません。
腎虚になる原因の第一は塩分の過剰摂取。塩とは食塩に限らず、合成色素・乳化材・合成甘味料など食品添加物を含めた化合物(塩基)です。
第二には
運動不足。運動によって汗をかくと、摂取した塩や化合物は発汗によって排泄されますが、発汗がないと血中など体内に蓄積します。これらの蓄積は脾臓や副腎、甲状腺など内分泌に関わる臓器に障害を与える原因となります。
第三に
精神的ストレス。疲労や不安や緊張や環境変化が過ぎたり長期に亘ると、生理的能力を超えて臓器の消耗につながります。その外に、動物性タンパクの摂取過剰、セックスレス、閉経、セックス過剰も腎虚の一因となります。
子供など、若年層の腎虚は食生活の合理化に加えて、受験競争・友人関係などのストレス要因が重なっています。

腎虚を克服しよう 腎虚を感じたら摂りたい食品
腎虚を克服するには朝食をとり、毎日30分以上の歩行運動や室内ではスクワット運動を取り入れる。精神面の休養を増やし、野外で動ける趣味を持つことが近道です。

腎虚を克服するための食事は腹八分。ミネラル良質のアミノ酸抗酸化成分は必要な成分。植物性タンパク・きのこ・海草・豆類・水分の多い野菜(冬瓜・スイカなど)を毎日多めに摂る。塩分の多い食事・合成調味料・動物性タンパク・缶詰類・スナック類・インスタント食品の摂取を減らす。以下の漢方材料や薬膳料理を積極的に取り入れましょう。

腎虚と思ったら薬膳食を始めよう
薬膳きのこ鍋 薬用蟻 冬虫夏草
日本国産の冬虫夏草
腎虚になると食べたい健康食品
六味地黄丸(北京同仁堂)
上記の薬草6種類を丸薬にまとめ服用。60錠/日。本薬は大量に服用しなければならない。長期的に服用すると胃の機能を損なう副作用がある。服用期間は2週間以内。
皇蟻不老膳(大連渓流薬膳)
不老草エキス・擬黒多刺蟻エキス・枸杞子エキス・蟻の冬虫夏草粉末を調合した薬膳カプセル。4錠/日。完全自然食品につき長期的に服用しても副作用なし。


五行色体図 中医でいう腎虚の意味

中医学では、身体の若さは腎の働きに起因します。腎が充分に機能していればいつまでも若々しく、腎が機能しなくなると加齢します。すなわち、生命力は腎によって維持されていると考えてもよいのです。中医の腎とは、西洋医学でいう腎臓そのものではありません。中医の腎とは、泌尿系・生殖系・内分泌系・中枢神経系の機能を顕し、心身調整や免疫などを含む総括的な表現です。こうした腎の機能不足を「腎虚」というが、これは紀元前500年代にまとめられた「五行思想」に記されて以来、中医学の基本を成しています。

五行思想は左図の通り「火」から「土」まで5項の行で万物を区分する思想なのです。宇宙や地球は勿論、人体の仕組みや治癒までこの五行に集約されているといいます。左図の色体図のある黒矢印は相生関係にあり、ともに活かすこと。赤線は相克関係で、ともに悪くなることです。例えば、腎虚は「水」に属しているから「金」によって活かされ、腎虚が好くなれば「木」を活し、また「水」が暴れれば「火」を消し「土」を崩すという意味です。


五行思想にみる腎虚の特徴

右表「水」の列を参照にしましょう。
 【行】水に属する。金によって活かされ木を活かす

 【臓】腎臓、副腎が衰弱または障害がある

 【腑】二陰(膀胱・前立腺・生殖器・精嚢・子宮卵巣)衰弱障害

 【志】恐怖、不安・驚き・ショック  

 【官】耳・三半規管の症状   

 【体】骨歯・歯ぐきに関する症状

 【華】髪艶、枝毛、若白髪

 【季】冬の寒さ、腰痛関節痛や膀胱炎・むくみ

 【色】目の周り、下腹部と腰の皮膚が黒ずむ

 【味】塩辛いものや味の濃いものを欲す

五行と人体の関係
心臓 腎臓 肝臓 脾臓
小腸 膀胱 胆嚢 大腸
血脈 骨髄 筋肉 皮毛 肌肉
腎虚は上記の水列に顕します


BG SCIENCE CO,LTD..
Copyright (C) 2005-2014 Last update 2014/11/03