冬虫夏草(公式)株式会社BGサイエンス


冬虫夏草(公式)株式会社BGサイエンス

冬虫夏草01
国内では初めてとなる本格栽培に成功
虫草菌(冬虫夏草)採取確保から発芽用培養基の製造そして日本の各地で栽培特許権を取得を推進。さらには収穫選別から商品企画そして販売まで、冬虫夏草のすべてを一貫して自社にて行う、日本で唯一の会社が公開するサイトです。
日本で冬虫夏草の本格的栽培を始めたのは2003年3月。国内では初めてとなる成功をおさめ、以来16年にわたって国産冬虫夏草の普及発展をリードし続けています。栽培地は鹿児島から埼玉県まで17か所(以下栽培地図)に広がっており、冬虫夏草における日本市場の大部分を生産しています。
 
自然界の冬虫夏草
冬虫夏草とは、昆虫に寄生して栄養分を吸収しながら菌糸を育て、暖かくなると発芽して、地上に姿を見せる子嚢菌門バッカクキン科のキノコです。バッタやガ(蛾)ななど昆虫の異常繁殖をくい止めてきた天賦の備えとしても有名です。中国が本場といわれてますが、世界中では約400種類が発見されており、そのうちの360種が日本でも発見されています。 
自然界のサナギ虫草-1 自然界の冬虫夏草-2  自然界の冬虫夏草-3
 蛹茸  珊瑚虫草 ミミカキタケ 
 
昆虫の付いていない冬虫夏草
日本冬虫夏草の第一歩は2003年です。20万培養基に及ぶ大規模栽培を成功させて、それまで「大規模栽培は不可能」とされていた業界の常識を一挙にくつがえしました。不可能を可能にした発明が「昆虫の付いていない冬虫夏草」です。
冬虫夏草の本場、チベットで採れていたのは(写真下左)昆虫から発芽するタイプですが、発明者は優れた昆虫と漢方生薬などのエキスを抽出した培地を生産し、これから(下写真右)のように発芽させました。この技術開発によって希少だと言われ高価だった冬虫夏草が、安価で衛生的に計画的に栽培できるようになったのです。言ってみればこれだけの発明ですが、キノコを知り尽くしたプロフェッショナルならではの技術的大転換によって、慢性病で苦しむ1億人もの人々や、身障者、高齢者にもきわめて低コストで秀品の提供が可能となったのです。

自然界の冬虫夏草
冬虫夏草


冬虫夏草のがん細胞阻害試験を実施
試験1:HepG2(ヒト肝癌由来細胞)増殖阻害試験
下左写真は、培養した人間の肝臓がん細胞である。これに広島栽培地と山口栽培地で収穫した冬虫夏草溶液を添加して、48時間後の状態を顕微鏡で写真撮影(右下)したものだが、この間に85%のがん細胞が消滅しているのが分かる。
 がん細胞1  がん細胞2  がん細胞3
この試験は国内の製薬会社研究室で行った、がん細胞活性阻害試験というものだが、試験方法などの詳細は肝臓がん細胞と冬虫夏草データページを開いてご確認ください。
但し、これらの試験は弊社が培養栽培した日本虫草(NK-3)のがん細胞阻害効果を測定したものであって「肝臓がんが治るとか治らない」ということを標榜するものではありません。



試験2:A549(ヒト肺胞基底上皮腺癌細胞)増殖阻害試験
下データは他社の冬虫夏草と弊社の冬虫夏草の、がん細胞阻害試験に関する比較である。左下の赤線グラフは培養したヒト肺がん細胞に日本虫草の溶液を添加したもので、50μg/mlを添加すると約95%のがん細胞が消滅しているのが分かる。
がん細胞阻害試験
また右の黒線グラフは、養殖カイコに菌糸を注射器で植え込んだ他社のものだが、100μg/mlを投与しても殆ど変化が見られない。これから見て冬虫夏草には、がん細胞増殖を阻害する何らかの能力が有ることが分かる。但しこの分析データが、がんが治るとか治らないとかを表しているものではありません。 
 
波動測定による素材比較試験
最近、注目を集めている波動測定を試みました。検体は冬虫夏草と、中国では名高い漢方素材の田七人参、アガリクスの3種です。冬虫夏草(BGS虫草)は島根県産、田七人参は中国浙江省、アガリクス(姫松茸)は中国山東省で、いずれも評判の高い産地のものを使用しています。
波動については図中で説明しているように数値が高いものほど評判が良いとされ、計測範囲は+40から-40です。
但しこの測定データが、病気が治るとか治らないとかを表しているものではありません。 
波動測定
 

冬虫夏草開発者  冬虫夏草 抗がん成分  地域振興


はてなブックマークに追加   冬虫夏草は食糧を守る  カウンター


冬虫夏草(公式)株式会社BGサイエンス
Copyright (C) 2005/03/01-2018/08/19
BG SCIENCE CO,LTD