つれづれなるままに
SINCE   2001.01.09
最終更新日:2008.05.12

「つれづれ」写真館

日光霧降高原にて(08.05.12更新)

何度も食べたいらーめん(2007.02.10更新)        トラヴィックのページ(2007.5.27更新)     

 プジョー206XTのぺーじ(2003.11.08更新)      ローバーディスカバリーのページ(06.9.9追加) 

 AFVのページ(2004.06.13更新)           sanfranciscoどたばた家族旅行2001(2001.09.14更新)  ケーブルカー 

 自己紹介(2005.10.23更新)                    LINK(2007.5.7)更新                 


メール お手紙ください


PEUGEOT Connection Japan 登録サイト
[ 1つ前へ | 1つ次へ | ランダム | 登録一覧 ]
当ホームページはリンクフリーです。また、相互リンクもOKです。ご連絡ください


つれづれなるままに2007〜2008

2008.5.12(月)am01:30
土曜日、日光霧降高原の別荘にバーベキューに出かけた。
前に勤めていた某電機メーカーでお世話になった方が定年退職後買った別荘にお招きいただいたのである。
私にとって懐かしいメンバー総勢9名でのBBQ、みんな旧知の仲なので時間のブランクは全く感じない楽しい飲み会になった。
滝を見に散策したり、おいしいお肉、ビール、酒でご機嫌。あっという間の1日であった。
帰宅後、意識が遠のき、深い眠りについたのは言うまでもない・・・。
  


2008.2.25(月)am00:30
佐野の名物は「佐野ラーメン」だけではない。
地元の人が誇るものは、「いもフライ」と「鶏のから揚げ」。
日曜日、お昼に「おやじの店」で美味しいラーメンを食した後、その「から揚げ店」を探す。
佐野市民病院の前で発見、店の名前は「鳥善」。
 
昼下がり、店に入ると列が並ぶ。ほとんどのお客さんは1000円単位で買い求めるのだ。
列は後を絶たない・・・駐車場は県外ナンバーも結構駐まってる。
揚げたてを早速食す。確かに、スパイスが軽く効いててジューシーで美味しい!
わざわざこのためだけに遠方から出かけるのは???であるが、ついでのお買い物には良いのでは。

アウトレットでお買い物をして帰路についたのであった。

2008.2.05(火)am01:00
「清浄歓喜団」、な、何それ・・・。
京都のお土産に頂いたものである。
早速ネットで調べた。
ほー、すごく由緒のあるものなんだ。
遣唐使が奈良時代に唐から伝えたお菓子、歓喜天のお供え物として秘伝のものだった。
京都では別名「お団」と呼ばれ親しまれているようだ。
へ、一個、500円もするんだ・・・、高っけー。
神妙なデザインと香り。ごま油で20分揚げてあるとのこと、・・・堅い・・・。
底を押し上げるようにして割る、か。
わっ、割れた、中からこしあんが出てきた。
・・・神秘的な味、お寺の香りがする、京都らしいお菓子だなー。
  

2008.1.06(日)pm11:00
皆様、本年も宜しくお願いいたします。
今回よりホームページビルダー11で更新を行う。

元旦、軽井沢アウトレットでお買い物のあと、カミさんの実家へ。
北軽への道は積雪&凍結。外気温-5℃、寒〜。

アルコール漬けの正月であった。

模型を作ろうと一念発起、数年ぶりに自宅書斎の大掃除を始めたら、そりゃもうメチャ大変。
結局、掃除が終了したら正月が終わってしまった・・・。
部屋はきれいになった。

2007.12.09(日)pm11:30
ん?「男湯」!、何?
スーパーの豆腐売り場にて。
 
またまた、やってくれたぜ男前豆腐店。
湯豆腐だってさー。やるねー。
豆腐とだし汁がセットになっているのだ。

2007.11.24(土)pm10:00
「うなぎ」といえばぁ・・・やっぱ、「都屋」。
群馬・大泉町、三洋電機の南西、交番の隣に位置する。
今晩は、家族3人で、う・な・ぎ。
上うなぎ定食は2380円。
価格だけ見ると高そうに感じるが、そんなことは無い。
上に乗っかっている「うなぎ」の他、ご飯の間にもう1層、「うなぎ」が隠れているのだ。
フカフカ、お口の中でとろけるぅ・・・、んー、幸せー。
 

2007.11.11(日)pm11:30
最近、うっとうしいのがNTT光回線への変更勧誘。
代理店を使って、電話攻勢させるNTTの戦略は実に気に入らない。
工事費用無料という触れ込みでまず勧誘して、話を聞くと登録変更費用3990円別途かかったり、ドアホンの工事代が5040円かかったり、
全然タダなんかじゃないのだ。こっちの食事時とか全くお構いなしの電話勧誘、腹が立つ。
NTTは自分の手を汚さないで回線契約内容をじゃんじゃん代理店に渡しているのだとしたら、個人情報の垂れ流しなんじゃないの???

2007.10.28(日)pm05:30
群馬県中之条町に「モアザン」という、オムレツが売りのレストランがある。
併設された売店ではロールケーキとか、シュークリームとか玉子とか販売している。母体は養鶏場。

そこで1パック1000円の玉子を販売している。
 
ずーっと気になっていた。高っけー、どんな味なんだろう、気になる・・・。

先週、カミさんの実家に出かけた折に、意を決して買ってきた。
 
初日は生卵のアツアツご飯かけ、次の日は半生目玉焼きで食す。
あっさりとした上品なお味でした。

2007.10.8(月)pm10:00
中越沖地震・・・その後・・・

昨日は、毎年恒例の新潟・お米ツアー。
毎年今頃になると、新潟・柏崎の(亡き)父の実家に、収穫されたお米を調達に行くのが我が家の定例行事になっている。
地震の一件もあり、今年はあちこちの親戚に立ち寄り、超〜!目一杯の一日であった。

エリアによってではあるが、今回の大地震、未だ予想以上に深刻な被害状況である。
痛々しい地震の爪跡は、市内の随所に残っている。
町の形が全く変わってしまったエリアも少なくない。
多数の仮設住宅が随所に並ぶ。
  
 国道8号沿い                  ここでは1名がお亡くなりに・・・        1階が潰れたビル

信越本線・青海川駅付近の復旧状況。既に鉄道自体は開通している。崖の上には家々が迫る・・・
 
宮川地区へ続く幹線道の傍らには、上水道の太い樹脂パイプが路上にむき出しで延々と続く。

一見普通に見える家屋も実際には、建て直しが必要な建物が非常に多いのだ。
基礎がズレてしまったり、内側の壁が落ちてしまったりして、半壊の判定とか、その数は計り知れない。
全壊半壊家屋も順次取り壊しを行っている様だが、それもいつまでかかるのかわからんようだ。
 
外見は全く問題なくても、内部は痛々しい傷跡が・・・

 
あちこちに貼られた市の調査済み張り紙「要注意」、「危険」が非日常を物語っている。

張り詰めた緊張が解けてからの今が、心理的に大変な様子である。
地震当時の状況、その後の苦労、ここでは書ききれないくらいお話を聞かせてもらった。


夕刻、夕日を見に海岸沿いへ・・・。
そうした状況とは裏腹に、とってもきれいな夕日を見ることが出来た。

帰路はもう夜。
高速道では通常、丹念に周囲に目を凝らし、追い越す車の車種・ナンバーを注意深く確認し、
速度を可変させながら右に左に罠にかからないよう走行するのであるが、
今日は家族と会話をしながら定速で追越車線を誰にも追い越されることなく走行。
大和PA手前でおもむろに背後で赤灯とパッシングが・・・。!!
やっちまった・・・。大和PAへ誘導されて降車。
バンパーまで真っ白な覆面クラウン、アルミホイル装着ドアミラー車の後部座席に。
「お急ぎでしたか?」「今日は全線80km規制です。」「何km出てたか判りますか?」
という問いかけに「話に気を取られていてスピードメータ、見てませんでした・・・」
20数年もの間、数々の危機を乗り越え守り続けたゴールド免許を手渡す。
「ずっと見てましたが、左車線に移れる場面があったのに移ることがなかったので、
追越車線の連続走行で1点減点、反則金6000円です。」(内心、ホッ・・・)。
覆面パトカーの構造を今後のためにじっくりと観察したり、急に余裕。
80km規制だったので、おそらく、とんでもない速度超過だったはず。
とってもうららかな一日、何で全線80km規制なのか?理由の付かない速度規制が功を奏したのかも?
いづれにしても、とってもジェントルな警官でした・・・、
でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係ねえ!
修羅場を何度もくぐり抜けた歴戦のゴールド免許がなくなったことに変わりはないのであった・・・。


2007.9.13(木)am01:00
うふふ・・・、うれしい。
アーマーモデリング誌今月号に弊社デカール記事が掲載された。
カラー4ページも使っていただいて、しかも表紙にまで!13日、本日発売です。買って〜!
模型作りっていろんな楽しみ方があっていいと思う。難しい迷彩塗装にチャレンジするも良し、弊社デカールでサクサク作るも良し。
今回発売されたタミヤ・ヘッツァーって楽しくサクサク作れるキットなのだ。ウチのデカールを使うと苦行抜きで完成させる事ができる。
塗料が無くたって迷彩が出来るんだよー。昔、模型を作ったことがある方々、戻っておいでよー。
  

2007.8.31(金)am03:00
 今年3月、尊敬する作家の一人、城山三郎が亡くなったのはまだ記憶に新しい。
今月発売になった氏の随筆「嬉しうて、そして…」本屋の新刊コーナーで目に留まり、手にとってそのまま買った。
東京裁判で絞首刑に処せられた文官・広田弘毅を描いた彼の著書「落日燃ゆ」の中で、
処刑前、東条英機らの万歳を「漫才をしているのでしょう」といった広田の最後の言葉に比して
「嬉しうて、そして…」は城山三郎の最後の言葉にふさわしいと感じたわけで・・・。
 城山三郎は、無骨な作家だった。経済小説と言われることもあるが、私に言わせれば彼の作品は云わばヒーロー小説である。
歴史の中から定説とは違った側面から掘り出して描く、しかも読みやすい。
主人公の足跡は、彼が実際に踏査して、背景から自ら感じたものを取り入れる作風は司馬遼太郎と似ている。
思い上がった今の政界に対して深い洞察力で平然と物を言う晩年の城山に対して、自民党の不逞の輩は「ボケ爺」と言って取り合わなかった。
真実は結局勝つんだ、バーカ、いまや、なんと薄っぺらな自民党の陣容・・・。
元国鉄総裁・石田禮助の「素にして野だが卑ではない」という言葉、相当彼は気に入っていたようだ。
高級車をタダで貰って乗り回すバカ官僚、SPを8人も従えて酒を飲む「チョイ悪」気取りの政治家、
02年に原子力改ざん資料で散々叩かれたのに今回の地震で全く変わっていない体質が露呈、
水利不正使用発電所再利用を頼み込むなどまさに漫才を地で言ってる会社には、到底理解できない言葉であろう。
この言葉は、まさに彼の生き方なのだ。
戦中、理工系大学に進むものの兵役免除を返上して海軍に志願する。が、彼は振り返って海軍の習慣・仕組みのことを良く言わない。
戦後、一ツ橋大学卒後、大学講師の傍ら文筆の道に進む。日本近代史に登場する政界財界の偉人?!にスポットを当て、作品を世に出してきた。
私は学生時代、彼の著書にもかなり影響を受けた。
彼の規範には古来日本で培われてきた概念が根底に共通していて、それは言い換えると武士道なのであろう。
安部首相は理想に燃えてがんばっているのはよーく判るけど、あれが彼の器の限界なのかなー。
なかなか城山三郎の世界に登場する人物はいないものである。衣食足りて礼節を知る。
・・・また、深酒してしまった・・・、おやすみなさい。

2007.8.2(木)am01:00
気象庁は、今回の中越沖地震を40秒前に予告していた。
気象庁は今年10月より「緊急地震速報システム」を本格運用開始する予定。
初期微動をキャッチして地震の発生時間と強さを計算、強い揺れが始まる数秒〜数十秒前に地震を知らせるシステムだそうだ。
そのシステムは今回の大地震を感知し、本震の40秒前に警報を発信していたのである。
受信機は「EQガード」という商品としてすでに販売されている。
家庭用は81,900円。高い!やっぱ、お金持ちしか生き残れない世の中なんだなー・・・。

2007.7.5(木)am01:00
 今日は比較的早く帰宅した(といってもPM10時)。
一人、台所で晩酌中、カミさんがわざわざ2階から降りてきて「NHK見て〜、プラモデルの事やってるよ〜」
「最初に模型屋さんが出てきてさー、模型好きの人が出てるんだよー」
早速日本酒片手に、居間に移動、二人でテレビの前に張り付く・・・。
番組はNHK、PM10:45〜PM11:00の15分番組「熱中時間」(再放送)。
毎回、趣味がテーマ、本日の主役はNHK交響楽団の指揮者で屈指のオーボエ奏者である茂木大輔さん。
氏の趣味は、模型作りと、作品をリアルに撮影する事。
今回、1/700南極観測船「宗谷」を作って撮影するのである。
模型を、張り線して完成、スチレンボードと発泡スチロールを使って氷結した海面を再現する。
そこまでは、ふーん、って感じで見ていたのであるが、撮影した画像が出るや、すげー、本物以上にリアルで芸術的、さすが芸術家、参った。
実物の「宗谷」の甲板上で茂木氏が「模型の中にいるみたい・・・」って言ってたが、その気持ち、よーくわかる・・・。
ムンスターでキングタイガーとかパンサーとか見たとき、まさにそんな感覚であった。
指揮しているときより模型をいじっているときのほうが楽しそうなのがよーくわかる・・・。
 で、何よりうれしかったのが、弊社製品「塗料ボトルオープナー」が、氏のデスク上で何度も写るではないか!
うれしいねー、使ってくれてるんだなー・・・。 グリップの木製部分にマジックで何か書き込んであったのだが判別できなかった〜。
 TVを見ている最中、カミさんに「最初に出てきた模型やさん、ってどこ?」と聞いたのだが、「そんなのわかんない」。
で、終わり際、再び模型やさんの棚が写った。 「オリオンモデルズかー」。 棚の映像でお店が判ってしまう〜。

2007.6.7(月)am01:00
先週金曜日、仕事で横浜、新宿、九段下を移動。
お昼は、「新横浜ラーメン博物館」にはじめて立ち寄った。

入場料300円を払い、入館するとそこはラーメンの聖地。ショップには有名店のお土産ラーメンが並ぶ。
あ、山頭火の塩ラーメン見っけ。帰りにお土産だ!
肝心のラーメン屋さんは地下にある。レトロな階段を降りる途中に、ぐるぐる逆回りしている時計がとっても印象的であった。
階段を下りるとそこは夕日の昭和の町並みが開ける。
  

この博物館、昭和30年代〜40年代をイメージした、かなり凝ったつくりである。
でもなんか、中国や香港の人の集まる町並みにも似た感じ・・・。
昭和って、ある意味今の中国のエネルギーがあったってことかも・・・。
  

まさにお昼時、めちゃ混みを恐れていたのだがウィークデーだったため、お店によっては全く待ち時間無しで入れる状況であった。
旭川ラーメン「蜂屋」が空いていたので入った。
みそラーメンを食す。
あとでわかったのだがこの店はしょう油のほうがウリのようだ。リサーチ不足であった・・・。
 

今やもっともっと「昭和」がブレイクする気配。
夕刻、ご挨拶も兼ねてお伺いした某所でも、いきなりの話題が「昭和」であった・・・、これって偶然?必然?。
とっても有意義な一日であった。

2007.6.7(金)am02:00
以下、報道記事。
李氏訪日、中国外務省が不快感…靖国への言及は避ける
台湾の李登輝前総統が7日午前、靖国神社を参拝したことについて、中国外務省の姜瑜副報道局長は同日の定例会見で、
「日本が李登輝の訪日を認めたことに改めて強烈な不満を表明する」と述べ、靖国参拝への直接の言及は避けながら、日本政府への不快感を示した。
しかし、回復軌道に乗り始めた日中関係全体に悪影響を与えるのは避ける考えとみられ、
姜副報道局長は、胡錦濤国家主席が8日、ドイツ・ハイリゲンダムの主要国首脳会議(サミット)で安倍首相と予定通り会談すると明らかにした。

やるねー、李登輝。

2007.6.7(木)am00:30
 李登輝氏(84)台湾前総統が5月30日から6月9日まで来日中。大学で講演の後、奥の細道を巡り、いま東北に滞在中である。
私の最も尊敬する人物の一人である。
 新渡戸稲造が英語で著した「武士道」を、生粋の台湾内省人である李登輝氏が日本語で、
「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは、という解説本を自ら執筆されている。
日本人以上に日本を愛してやまない方なのである。 氏は、ずっと前からいろんな対談記事で述べていたが、奥の細道を旅することが昔からの念願であった。
私人として日本を旅したい、ようやく夢がかなったのである。人として、とっても喜ばしいことである。
 案の定、中国は強い懸念の意を示している。李登輝氏のお兄さんが奉られている靖国神社にも行きたいそうだが、中国はめちゃくちゃ反対している。
李登輝氏の訪れた東北のお寺にも中国からめちゃくちゃ圧力がかかったようで、「特別扱いするな!」ということらしい。
山寺では住職のほか知事もお出迎え、瑞巌寺では住職がご案内、しかし訪れた中尊寺では、案内人すら付かなかったそうな。
若い人でも疲れるめちゃめちゃ長〜い参道を、事前申請が無かったから、ということで車の乗り入れを禁じたそうな。
宗教って政治から中立だと思うのはただの幻想なのか。
中国の大物政治家が行っても親日家のシラク氏が行っても、特別扱いするなよな〜、中尊寺!。
特別扱いしないんだったら、靖国神社に行っても文句言うな、中国! なんか、矛盾してない?

2007.5.31(木)pm11:00
 昨日は、昼飯時、久々にお気に入りのお店のひとつ「天食」で「ジャガイモひき肉ラーメン」を食す。
ランチタイムはライスが無料サービスになる。硬めに炊いたご飯が、お茶碗に笑えるくらいの大盛りで出てくるのだ。
麺をほぼ食した後、シイタケダシの利いた塩味ラーメンスープにご飯を入れて雑炊状態で食べると2度楽しめるのである。
どんぶりの底に残ったひき肉とご飯とのハーモニー、これがいい!でも結局最後は食いすぎた自戒の念にうちひしがれるのであった。
 この「天食」の入り口真上にスポットライトがあるのだが、そこに、ツバメが巣を作っていた。
2羽のツバメが入れ代わり立ち代わり餌を雛のために運んでくる。ラーメンを待つ間、ずっと見とれていたのであった。
親が来るといくつかの黄色いくちばしがいっせいに動き出す。餌をあげたあと親は雛の上で羽を広げてい覆いかぶさっているのである。
パートナーが来る寸前、交代で飛び立つ。本能とはいえ、結構感動ものであった。
スポットライトって結構熱いはずだが、通常の巣に比べてかなり高床の巣作りであった。
夜は光に吸い寄せられて餌が自ら飛んでくるわけで、好立地といえる。でも巣が燃えなければいいんだけど・・・。
また後で見にいこう・・・いや、また食事に行こう・・・。

2007.5.29(火)am01:00
ZARDの坂井泉水さんが・・・。
よりによって、水道水に500万も使う政治家と同じ日に発表されるなんて・・・。
オヤジは悲しい・・・、心よりご冥福をお祈りします。

2007.5.27(日)pm06:30
「パンヂュウ」なる素朴な名物が足利にある。変な名前・・・。
神社の境内から片側2車線の広い道路に向かって掘立て小屋が建っている、駐車スペースなんか無い。
営業日、営業時間は謎、何度も閉店に遭遇している。 昨日たまたま通りかかったら開いていたので、久しぶりに買ってきた。
ご覧のとおり形は、大きな明石焼みたいな形、中にあんこが入っている。 きめ細やかな、あっさりしたタイヤキのような味である。
安い、4個で100円。素朴な癖になるお味なのだ、満足満足。
 

トラのエアコンが最近、特に効かなくなってきた。
フロンガスチャージかなー、と思って、たまたま別の件で立ち寄った整備工場で見てもらったら、ガスはバッチリ入っていた。
風量も落ちてるし整備工場社長の「エアコンフィルター?」の一言で、なるほど・・・思い当たった、5年間一度も替えてない・・・おそらくコレが原因だ!
自宅に戻ってディーラーに電話、フィルターの部品代と、工賃を確認。
部品2600円強、工賃4000円強。
工賃高ーい!部品を取り寄せて自分で替えることにした。
作業時間30分程度、元通りの風量と、冷え冷えが甦ったのである。
久々にトラビックのページ更新

2007.5.25(金)am00:30
5/17から3日間、静岡ホビーショーに出かけた。
商品仕入れと、土日はミニフリマ出展である。
静岡へ行く途中、由比PAに立ち寄った。 海岸線に沿って設置されているPAである。
下車し海を眺めていると、ちょっと沖合いに何かが見えた。
こいつは潜水艦か???
 


静岡ホビーショーで気になった新製品

ハセガワブース
  南極観測船・宗谷のオマケ「タロ・ジロ」
1/32飛燕1型丙 1/48フォッケウルフとBMW
ドラゴン・3号J型 ドラゴン・1/35UH-1D
米レベル 1/32メッサーBf110C-4/B

タミヤブース
1/350 伊400 
1/35ヘッツアー 1/35 UEトラクター
 イタレリ 1/35突撃ボート イタレリ 1/35特殊潜航艇
イタレリ 1/35スタックハウンド イタレリ 1/35 38t偵察戦車
ど迫力!蛭田氏作 1/16・パンターが動くディオラマ

続きはまた後ほど・・・。

2007.5.12(土)pm10:30
昼時、ファミマに立ち寄る。 また変なもん、買っちまった。
「緑のたぬき」風おむすび。 当然「赤いきつね風おむすび」も売ってたが・・・。
「緑のたぬき」天そばを食べ終わった汁に「ごはん」を入れた味、 を想像していたのであるが、
確かにそんな感じなのだが 予想に反して、比較的あっさり味付けであった。
べちょべちょしてて食べづらい・・・、ボロボロこぼれそう、運転中は絶対無理。
でも次は、一応「赤いきつね」も試してみるとするか・・・。

こいつらも、関東味と関西味があるのかなぁ?
2001年7月3日の項参照

2007.5.06(日)am01:30
GWの外出は、裏技テクニックの駆使と、それが及ばない場合あきらめて渋滞・混雑を甘んじて受けること、である。
今回、軽井沢のコテージに家族3人で出かけてきた。
軽井沢は学生時代からの日帰りドライブコースである。
5月3日朝8時自宅出発。伊勢崎ICから北関東道に乗る。
関越道は、早朝から数十キロ渋滞。
高崎ジャンクションから関越道上りに入り、藤岡ジャンクションから上信越道へ。
ちょうど超渋滞の先頭をかすめて高速を走り回ることになる。
軽井沢に行く場合、碓井軽井沢ICではなく手前の松井田妙義ICで降りるべき。
碓井軽井沢ICは、軽井沢とは名ばかり、とんでもなく外れにあるICである。
GW、みーんなそこで降りるので軽井沢まで20km近く一般道の大渋滞にハマることになる。
手前のICで降りると、かつての大渋滞の名所、たっぷり登坂車線の付いた1級国道で
いまは無料化された碓井バイパス18号線はスカスカなのであった。
目指すはプリンスの巨大アウトレット。
メインストリートはアウトレット目指して無限に続く動く駐車場と化していた。

プリンスホテル南を横切る裏道に逃げ込み、延々と続くアウトレットへの列を回避して、駅北口駐車場へ。
10時半駐車場着だから、2時間半の所要時間であった。閑散期より、やや時間がかかった程度で無事到着した(ホッ)。
まともにいけば、あの状況であれば余裕で半日はかかる。
11時、まだレストラン街が混み出す前、早めの昼食はゆったりとビールもつけて・・・。

みんなが、昼食の行列をしている間、ショッピング開始である。
ホントに欲しくて、かつ安いものしか買わない。
なかでもswatchshopで交換電池を買えたのがうれしかった。

午後3時過ぎにアウトレットを後にした。
そこからコテージまでが超渋滞、裏道も超渋滞、行程約6kmを1時間近くかけてコテージに到着したのであった(打つ手なし)。

コテージは、別荘地の中にある。
一戸建てのアパートみたいな内装であるが、6畳X2部屋+ダイニング、庭ではバーベキューできる設備とスペースがたっぷり。
3人で使うにはもったいないくらいである。ホント、急遽、友達家族でも呼び寄せようかと思ったくらい。
 
暗くなる前、車で10分程度の「千ヶ滝温泉」へ出かけた。
プリンスホテル系列だけあって、高っけー!!!入浴料金が1500円/人である。
戻るのも癪なので、JAFの割引200円/人を使って、入浴してきたのであった。
露天風呂に入ったままずーっと読書しているオジさんが妙に気になった。
別のグループの若者に囲まれ、つまんない会話は耳に入んないのかなー、ノボせないのかなー、本、濡れないのかなー。

夕食は、旧軽井沢まで出かけた。
  
帰りに、スーパー、マツヤに酒と肴を買いに立ち寄る。
やっぱ軽井沢のスーパーは違う・・・、特殊なもの、ちょっと高級なものがいっぱい。
コテージに戻り、私はしこたま飲んで就寝したのであった。
翌日5/4、いい天気。
いま、軽井沢は桜が満開、山菜はこれからだそうだ。
  
私以外は早起きして散策に出かけた。
別荘でゆっくりと朝食ののち、白糸の滝へでかけた。 ここも人ばっかり。
 
北へ抜け、午後、沢渡温泉の療養施設に入院している、 カミさんのお父さんのお見舞い。
そのあと、お気に入りの四万温泉「清流の湯」に立ち寄る。 やっぱ、ここのお湯はいいネー。
夕方、中之条のカミさんの実家に立ち寄る。 翌日5/5は地元恒例のお祭りである。
息子とカミさんは、実家にもう一泊することにした。
私は、翌日仕事をしたかったので一人で帰ってきたのであった。
本日、私は仕事が出来たし、2人は充分実家で楽しんできたようだし、めでたしめでたしであった。

2007.4.22(日)pm10:30
今日は息子と2人で、佐野へ出かけた。
 まず、佐野プレミアムアウトレットへ。相変わらずの盛況である。
自宅から車で30分ほどなので、いつでも来れる感覚だからホントに安いものしか買わない。
ゴディバのショップはお買い得感たっぷり、でも、チョコレート溶けちゃうから次回ね・・・。
NIKEでバッグ、アディダスで息子の着るもの3点を買って約7000円のお買い物であった。

 お昼は初めていくお店「山銀」。チャーシューめんと餃子を食す。
スープは全然濃くないのに、はっきりとダシの利いた見事なラーメンである。
参った、大唸りである。わがランキングが大きく変わったのであった。

 その後、「こち亀六地蔵」を参拝。佐野市の種徳院と言うお寺の境内に、つい最近建立されたのである。
本殿の裏に発見。両さんは、ひときわ大きいお地蔵さんであった。ついに両さんが神に・・・。


 両津勘吉・・・心願成就 「わしを見ながら自分の眉毛をなぞると、願い事がかなうかも知れんぞ」
 中川圭一・・・商売繁盛 「僕の帽子を触るとお小遣いが増えるかもしれないよ」
 本田速人・・・交通安全 「僕のリーゼントをなでてくれると交通事故にあわないよ」
 大原大次郎・・・家内安全 「私のひげを触ると家庭円満になるぞ」
 秋本麗子・・・恋愛成就 「私のほっぺをなでると異性にもてるようになるわよ」
 海パン刑事・・・無病息災 「私のネクタイを触るとどんな病気もぶっ飛ばすぞ」

2007.4.16(月)am00:30
 G1皐月賞をネット投票で挑む。今年初めてのJRA参戦である。 皐月賞は大波乱、こんなの取れるかー!
馬連は101番人気9-17、94,630円の配当である。100円が10万円近くなっちゃうんだよー。
本日は、2,600円の負けナリ。
 今、ちょっとしたきっかけで、今「モーガン」にめちゃ興味がわいている。
英国車なのだが、1936年に、4/4という車種が発売されて以来、未だに生産されている車なのである。
当然、改良は重ねられているものの、基本構造はほとんど変わっていないのである。
フレームは鋼鉄で組まれているが、ボディフレームはなんと木製!。
木で骨組みを作り、その上からアルミを貼って作られているのである。
1台1台が手作りなのだ。オーダーしても納車まで2年近くかかるという代物である。
プラス8という車種はウチの「老馬ー」と同じローバー製3900ccX8エンジンを積み、
車体重量が1tそこそこというから、すっごく早いのである。
エアコン、カーオーディオって何?の世界である。全然実用的ではないのである。
新車価格が567万円から・・・、安いのか高いのか?一度は運転してみたい車である。
  

2007.4.9(月)am01:30
先週半ば、2日間お休みをとって息子と2人で保養に出かけた。 やっぱ、365日働くのは無理なのである。
行き先選定条件は2つ。 温泉があること、海の幸が美味しいこと。
で、行き先は伊東に行くならハトヤ♪でお馴染みの、ハ・ト・ヤに決めた♪
ノートパソコンを持って行ったのだが、LAN環境が全く無いのは昭和のまんま。ゲーセン、卓球、室内プールなど遊戯施設も昭和のまんま。
客室は広いけど、ちょっと年季の入った感じ。 しかしながら、食事、温泉、サービスは合格点であった。
2食ともバイキング方式だが、てんぷら、フライはその場で揚げてくれるし海の幸も充実、種類も多く満足の行く内容であった。
阪急旅行社の「theお宿」で11,500円/人、結構リーズナブル。
海辺にサンハトヤホテルがあり、両ホテル間を無料シャトルバスで結ぶ。 両ホテルの温泉施設が使える。
    
群馬は、桜が満開だったのに、あっちはほとんど葉桜。
雨も時々降ってきたが、一度も傘を差すこともなくラッキーであった。
熱海の蕎麦屋で桜えびの刺身、桜えびのかき揚げを食べたり、湯河原の回転寿司屋で2人で5,000円近く食べたり、結構グルメツアーであった。
また太っちまったぜ。

2007.4.2(月)am00:30
今日は息子の音楽教室の発表会。
事務所でぎりぎりまで仕事をしてから、会場に向かって裏道を走っていると、小さな丘の斜面に、無数の桃色の小さな花が咲き乱れている。
みんなが写真を撮っている、何だ??? 車をちょっと止めて、一眼レフデジカメを持って下車。
そうか!ここがカタクリの群生地だったんだ。 太田市指定天然記念物「丸山薬師のカタクリ群生地」。
市内で唯一、平地に自生するカタクリの自生地なんだって。
初めて、カタクリの花を見た。かわいい花である。
地下茎が片栗粉の原料になるのであるが、現在は主にジャガイモのでんぷんから片栗粉が作られているそうである。
当然ながら、ここのカタクリは、大切に保護されている。
  
春ですねー。

発表会開演に遅れた・・・。
息子の出番は最後のほうなので全然問題は無かったが。
私にとってはwebネタのほうが大事なのであろうか?!


2007.3.26(月)am00:30
 富士重工・大泉工場に沿って、犬の散歩道がある。
ウチのカンキチ(老犬・雑種)と、そこを時たまお散歩するわけだが、桜並木部分があって、まだ一分咲き程度だが開花発見!
春が来たー。なんか、ときめくなー。
 日曜日はDVD学習ソフトを見ながら、オフィスで3D作成ソフト「SHADE」の手習いに終始する1日であった。
 マニュアルを読むより、はるかに早いしわかりやすい。
実際の操作・機能を、画面の動きを見て解説を聞きながら学習する。
視覚、聴覚を使い、実際に手を動かすわけである。
当然、すべてをここで覚えることは不可能であるが、基本ポイントが無駄なく最短で覚えられる。
分厚い解説書は、そのあとの実際作業でお世話になるわけだ。
とっても効率的な学習方法である。独学の方法も進化してきたなー。

2007.3.15(木)pm11:00
夕方、缶ビールを買いにイオンに立ち寄る。
ピークの時間帯か、レジには列ができていた。
並ぶのやだなー、でも最近設置されたセルフレジはスカスカ。
ビールをピィッと通すと、冷たい声でレジから音声が。
「年齢確認商品です、係員が参ります」
(エッチビデオとかエロ本とか買って、こんな声が出たら、やだろうなー・・・そんなの売ってないか・・・。)
ガソリンもセルフ化が進んでるし、いい事だとは思うんだけど 、余剰労働力はどこに行くのだろうか?

2007.3.12(月)pm11:30
ゴキブリって、すごい速さで逃げる。 スリッパや新聞紙の攻撃はいとも簡単にかわす。
それは、やつらの後ろの部分に空気の動きを感知するセンサーがあって、
たとえば右前側からの空気の動きを感じると、 反対の方向に反射的に動く。
そのセンサーの周りに振動装置を付けて ゴキブリを自由に操るリモコンを作った人がいる、 というのを何かで読んだ。
右に進ませたければ、左に振動を与えるわけだ。
実験している状況を想像すると、なんともすさまじい光景。
でも、止めるときってどうするんだろう? 飛ばすにはどうするんだろう?
静岡フリマでみんながリモコン戦車を操るの見てて、そんなことを考えていたのであった。

2007.3.11(日)pm11:30
金曜午後、車で東京に出かけた。
新製品の納品、ワンボックス車に一杯のwebshop商品仕入れを行った。
夕刻、アートボックス社アーマーモデリング誌10周年記念パーティに出席させていただいた。
著名モデラー諸氏、業界著名人多数。
もー、数え上げればきりがない、すっごい状態。
ここが爆破されたら、日本のAFVは一瞬にして終わる・・・。
私ごときがこんな場にいていいのか、っていつも思う。
アーマーモデリング誌が発刊された頃は一読者の身。
当時、平野義高さんの掲載作品を見て、ため息をつくばかりであった。
いろんな方々とお話ができて、とっても実りある集いであったが、
もっといっぱいもっといろんな人と、もっと長時間にわたってお話したかったなー、お酒飲んで!しかし残念ながら車での上京・・・。
帰宅後、缶ビールを速攻で開けたのは言うまでもない。

2007.3.5(月)pm11:00
インフルエンザと小競り合いの1週間であった。

週末、静岡ツインメッセで開催された「モデラーズフリマin SHIZUOKA 2007」出店。
とても充実した土日2日間であった(売上はともかく?!)。

金曜夜12時自宅出発、絶不調の状態でハンドルを握る。 走り出すと近所でいきなり酒気帯び検問の洗礼を受ける。
「息を吐いてください」
マスクを片耳にぶら下げ、 「いいけど、インフルエンザうつりますよ(ニヤリ)」
婦警さんの、ひるむ様が実に愉快であった。
高速は終始快調、渋滞なし、静岡に午前5時前に到着。
海岸沿いの駐車場で30分ほど仮眠、朝日を見ようと海岸に出たが、残念ながら雲の妨げが・・・。
 

6時半過ぎに会場入り。
弊社製品はみんなコンパクトなので搬入設営はスイスイであった。
くたばっている場合ではない、さあ、開始だ。
会場は大盛況、お客様も弊社ブースに大勢お立ち寄り頂いた。
  
  

結果その夜、ぱーっと飲み食いできるぐらいの売上が!・・・(内心ほっと一息)。
今回の目的は、ほんとは、おいしいものを食べて美味しい酒を飲むことでなのである。
睡眠不足と体調不良、さすがにアルコールのまわりが早い。
ティッシュペーパー片手に酒を飲む。
 
生桜海老は残念ながら味わうことは出来なかったが、桜海老・白魚のかき揚げ、静岡おでんほか満腹になるまでいろんなものを賞味したのであった。
鼻水を終始たらしていたものの、味覚は辛うじて失っていなかったので満足満足。そのあと両替町を散策。
ホテルに戻り、10時過ぎには意識を失う。
たっぷり寝られたので、翌日は80%以上回復、フリマが終わる頃にはほぼインフルエンザを克服していたのであった。

いろんな商談が出来たし、今回はなんと、あの「田宮俊作」社長と雑談を交わす機会に恵まれた。
某メーカーの方と休憩コーナーに座ったとたん、お一人で我々のテーブルに・・・、来た・・・。
「いやー、元気そうだね」、田宮社長はその某メーカーの方に親しそうに、声をかけ雑談が開始。
やっぱ、オーラはタダモノではない。
笑顔が大変印象的、同席していた30分は、まさに風邪を引いている場合ではなかったのであった・・・。
当然、弊社のPRもちょっぴり。
酒の話、会社の話とか終始雑談であったが、
世界の模型業界を牽引するリーダーの考えが、行間にたくさんちりばめられていたのであった。

2007.2.26(月)am00:10
息子が発熱、近所のクリニックに出かけた。
問診ののち、インフルエンザかどうか判定、
綿棒の長いやつを鼻の中にちょっと入れて試薬で反応を見る。
待合室の端で、10分ぐらい待つ。
再び診察室に呼ばれる。
「A型インフルエンザですね、タミフル出しますか〜?」
「は?、お願いします???」
「(え、タミフルの副作用知らないの?常識だろーが、という感じで)投薬には注意が必要です。
マスコミでもいろいろ言われてますが、タミフルは、幻覚症状が現れることがあります。
高所から飛び降りたりする事例もあるんですよ、監視が必要です。」
お医者は問診のみ、咳をしている肺の具合に聴診器をあてることもなく診察終了。
支払いの後、裏口から出ることになった。
裏口・・・解るけど、なんか、冷たい仕打ち・・・。
一応タミフルもらってきたけど息子は、結局タミフル無しで、解熱剤だけで何とか乗り切ることにした。
昼間ちゃんと寝てたようで、今は咳が出るものの、結構元気そう。

インフルエンザの潜伏期間は1〜3日・・・。
カミさん曰く、家族は受診してお願いすればタミフル5日分を予防的に処方してくれるそうである。
でも、またあの病院いくのやだなー。
幻覚、ちょっと見てみたい気もするが、 気力と睡眠、アルコール洗浄で乗り切るぞー!


2007.2.22(木)am01:00
いやー、mixi、なんとなくハマってる。
アマチュア無線だと、こっちがHFで、あっちが430って感じか(誰もわからん例えじゃ!)。
あっちの日記は、簡単にどこからでも更新できるので日々更新中。
ねえ、髪型がいつも決まってる、エクボの素敵な、顔の大きなおじさん、招待状差し上げますよぉ・・・、老後の楽しみ増えますよ?!。

2007.2.17(土)am00:30
一昨日の夕方、髪の毛がコントロールできない状態、もう我慢ならん状態になったので床屋じゃ!
会社から車で5分の温泉「湯らら」へ。きれいでゆったりとした施設である。
施設敷地内に1000円床屋がある。とっとと切ってくれるので約10分で完了。
そのまま、温泉へ直行。平日なので600円也。
わずか1600円ですっきりさっぱり。露天風呂に浸かってすっかりリゾート気分なーり。

2007.2.16(金)pm08:00
昨日、知人より届いていた招待状に基づき、「mixi」登録。
昨年夏にも、友人から招待状を頂いていたのであるが、忙しさを理由にほったらかし、期限が切れちゃったのであった。
遅ればせながら、ってとこだが、使ってみての感想。
非常にシンプルな作りで、誰でも使いやすいところがウケている理由であろう。
ミクシィは会員の誰かから招待されないとミクシィに参加できない。
そこに登録すると、みんなは友人を招待するわけだから、ねずみ算式に会員が増えていくのである。
「2ちゃんねる」のような、無記名無責任さを抑えるため、誰が何を書いたかが、はっきり判るようになっている。
個人ごとの情報、日記、考え、感想の集合体と考えればいいのかな。
自分のページに誰かが立ち寄ると、「足あと」が残るので、
「足あと」をたどると、来た人の個人情報がすぐに見れる。
当然自分が立ち寄った場合も、立ち寄ったところに「足あと」が残るので相手に自分が立ち寄ったことがわかる。
すごい個人情報の集積である、「mixi」は。悪用するなよ、ミクシィさん。
でも、ハマりそう・・・、招待状、欲しい?

2007.2.12(月)pm11:30
昨年9月に発売された、完全予約限定の連載30周年記念!
集英社「超こち亀道楽BOX」19,800円也を、完璧に買い逃していた。
発売を知ったとき、既に予約期限が過ぎていたので「っま、いいか」と思っていたのであるが、
このまえ、たまたまヤフオクで出品されていたのを見つけ落札、
今日荷物が届いた。
半年遅れで未開封の新品を結構安く入手できたのであった。
中身は、豪華9点セット。
 
  1.両さん30周年記念像
  2.ニューナンブ(リボルバー)型テレビリモコン
  3.30周年記念腕時計
  4.超こち亀・・・すでに昨年9月購入済
  5.「こち亀」連載第1話を収録した、週刊少年ジャンプ’76年42号 ミニサイズ本
  6.カタ屋のかた
  7.高級ベーゴマ(金メッキ風)
  8.超特製メンコ
  9.両津家家系図
一辺が40cm近い大きな立方体のごっつい、しっかりした派出所boxにグッズが詰まっている。
うーん、もったいなくって開けられん・・・。
また、カミさんに、「かさばる粗大ゴミ」扱いされるハメになるのであった。

2007.2.10(土)pm11:30
スーパーマーケットのレジ・ゲートインって、大いなる賭けである。しかも決まってハズれる。
一番列の短いところ、しかも前の人の買い物量が少ないところを狙うのであるが、
決まって前の客が「ちょっと待って」と言って商品を取りに行ったり、お金払うのをぐずぐずしてたり、思わぬ攻撃を仕掛けてくるのである・・・。
今日も、会社帰りの携帯に女房からの「買い物」指示が飛ぶ。
今日ゲートインしたレジは、トロいレジババアで、とにかく商品をスキャンするのが遅い!
隣の若いレジ係のおねえちゃんは、両手をフルに使って、さっさとスキャンしているので、こっちのババアの2倍で客をさばく。
しょっちゅう行ってりゃ、どのレジ係が早いか判るようになるのだろうなー。まだまだ甘いなー。
というわけで、久々にラーメンのページ更新。

2007.2.3(土)am01:30
耳から入ってきた言葉って、困る。
意味がズレる場合があるのだ。
例えば、「かれーしゅう」。
「カレーの香り」のおじさんをいつも連想してしまう。
「かれー」と聞いて、「加齢」を連想するか?
ニュースで「汚職事件」っていう言葉を聞くと頭の中に決まって「お食事券」という文字が浮かんできちゃうし、
「小池さん」、って名前を聞くと、決まって「濃い毛さん」って文字が浮かんできちゃうし、困ったものである。

2007.2.1(木)am01:00
早いもので、もう2月。梅が咲くような寒くない日々。
一体どうなっとるんじゃ!
過日、amazonで注文したアルバム「藤岡藤巻T」が届いた。
音楽CDとDVDの2枚組みである。
人間、いくつになっても変わらんのだなー。
オヤジになって世渡りを覚え、したたかになったクソガキ、アルバム全曲すべて最高!
聴きたかったら、私の車にお乗りなさい。

2007.1.28(日)pm11:30
先週末、友人からの誘いで、ちょいと飲みにいった。
場末の中華料理屋で腹ごしらえをした後、カラオケ環境のある店に立ち寄る。
昨年秋、はじめて文化放送「やるまん」で聴いて以来、ずっと探し続けていた曲にそこで再会したのであった。
もちろん、リクエストしたのは言うまでも無い。
まだ2回しか聴いたことが無いのに、実に歌いやすいメロディ。
その曲は藤岡藤巻の歌う「牛乳トイレットペーパー海苔」
あー、すっきりした。
ネットでいろいろ調べて判ったことなのだか、藤岡藤巻はお二人とも54歳、30年以上前の伝説バンド、「まりちゃんズ」だったのだ。
納得・・・。
「尾崎んちのババア」、当時放送禁止曲「ブスにもブスの生きかたがある」を世に出したそのパワーは変わらず。
30年以上過ぎても、そのセンス変わらず。
アルバム「藤岡藤巻T」、さっきamazon.comで、注文しちゃった!

2007.1.25(木)am03:00
昨日は、仕事で車で東京へ。
首都高がおもいのほか空いていたので、かなり早く到着。
昼飯は、浅草で食す。
まだ時間があったので浅草寺&浅草神社の両さんに商売繁盛を祈願したあと、ごった返す仲見世を歩く。
人だかりの真ん中に紙のちょんまげズラを付けた背の高い人が取材中?!高田順次であった。


仲見世でお土産を購入。
その1・「誕生 晋ちゃんまんじゅう」。
    

その2・アキバ発「ちょい不良オヤジ太郎ちゃんの牛乳カステラ」
先週、ラジオにこの発売元のしゃっちょさんが出てた。
企画は社長自ら作成、一応、内容については、気を使って作っているとのこと。
どこにも「麻生」とは書いていない。
太郎ちゃんには事後承諾・・・商品を送って、特に何も言われなかったそうな。
   

2007.1.12(金)am03:00
ラジオで言ってたけど、殺人犯の検挙率って昨年がベスト記録で94%だったんだって。
科捜研の技術力に寄与するところ大なんだそうである。
しかし、窃盗、空巣レベルまで入れるとその検挙率は30%以下なんだそうである。
ううん、手が回らないってことなのか・・・。

2007.1.3(水)am01:30
きょうは、家族みんなで金龍寺のご住職に新年のご挨拶、お参りと墓参り。
息子はご住職から「チョコビ」をいただいた。
金龍寺は新田義貞の菩提寺である。麓にある大光院は初詣客で大混雑であった、パス。
 
午後、イオン太田店に出かけた、ここも大混雑。
書店の新刊コーナーで「三洋電機 井植敏の告白」日経BP社刊が目に付く。
ぱらぱらっと見て、これは買うべき本、ということで購入、
カミさんがショッピングしている間、いいかげん疲れたので息子と2人でフードコートでケンタを食べながらちょっと休憩と読書。
充電後、ジャスコで「ジョニ男お正月セット」発見!カミさんの冷たーい視線にもめげず購入。
なんで女性はこのセンスが理解できないのであろうか?いやー、琴線にまた、めちゃ触れたぜ。
なんたって食材売り場の冷蔵ショーケースの中に黒いスーツケースが並んでいるんだぜ!しかもダンボール製!
しかもそのスーツケースの中に「豆腐」が入ってるんだぜ!
うちの会社でも、こんなセンスの商品作りたーい!
中は、ジョニ男8個と渋ーい前掛け、1050円也、まいった。
  

2007.1.1(月)pm11:30
あけましておめでとうございます。
今回は、年賀状にやたら手間取った。市町村合併で住所が変わってたりして、見るからに手間かかりそうで
なかなかその気になれなかったのであるが、何とか元旦発送完了。やっと正月休みが来た感じ。
明日は、初詣じゃ。今日FMで言ってたけど、松飾り飾っているうちなら初詣OKということである。



2006年の「つれづれなるままに」へ

2005年の「つれづれなるままに」へ


2004年の「つれづれなるままに」へ

2003年の「つれづれなるままに」へ

2002年の「つれづれなるままに」へ


2001年の「つれづれなるままに」へ