261
猿投山
(さなげやま)
632m
「雲興寺ルート」
H20年9月23日
9時20分〜14時30分
愛知県 瀬戸市
晴れ時々曇り
”自然林が多く
  登山道も良く
町の近くではお勧め”
 まだ体力的に戻っていないようなので、標高差のある所には登れそうにない。

 近い猿投山は以前南の猿投神社から登ったら、 余りに手が入っていて印象は良くなかった。

広い駐車場
雲興寺横の広い駐車スペース
 北側の雲興寺からはどうだろうか、 東海自然歩道であり自然な道は期待出来ないかもしれない。

 然し近くで歩いていない山は、無くなってきているので行ってみよう。

 多治見から248号を南下し、 信濃町6の信号で岩屋堂方面へ左折しようと思いながら通り過ぎてしまった。

 狭い街中で後ろに車も付いていたのでそのまま走り、 東古瀬戸の信号で左折し212号を進む。

 古い瀬戸物の街中を通り、 左から22号右から33号が合流し東海環状自動車道を潜ると雲興寺に着いた。

 寺の手前左に大きな駐車場が有り止めていると、 何人かの登山者が歩き始めている。

 9時20分スタート、 雲興寺前に行くとトイレと休憩用の施設があり、お寺と反対の右に進む。
33号を横切り橋を渡る 指標まで行かない手前に近道
雲興寺入口向かいの橋を渡る 先に指標が有り左へ進む

 33号を横切って向かいの橋を渡ると、道が山に続いている。

 左へショートカットの道も見られたが、 奥の東海自然歩道指標で左折すると右山で続いていた。
川を見ながら進む 階段が無くても通れる
左下は川、右山で進む 小さな谷を通過

 左側川沿いに進み右上に墓を見て直ぐブルーの鉄製階段がある谷を通過、 右に曲がり山に入って行く。

 自然林の中良く踏まれた道が続いていて、 直ぐの右手奥の浅い谷川近くにベンチが置いてあった。
東海自然歩道でありしっかりした道 自然林で気持ちが良い

なだらかな道の先をご夫婦が先行
 日差しが入り気持ちが良い道が続いて、緩やかに登って行く。

 橋を渡ると先には、ご夫婦と思われる二人が登られているのが見えてきた。

 後ろで人の気配がしたので振り向くと、単独の男性が来ている。

 ご夫婦を抜いて少し傾斜が増してきた道を登っていると、 単独の男性が追いつたので休みながら話しかけた。

 男性は68歳と言われたが、 北海道のトムラウシ山など厳しい山にも登ってみえると言われて健脚な筈だ。

 色々話をしながら登って行く、 崩れた所は立派な木の梯子(階段)が3箇所程有る。

 付いてい行くのが精一杯のペースの速い単独の男性は、 南の猿投神社迄下りて登り返す予定とのこと。
沢沿いの道は階段を3基通過 沢から離れ右へ急登してゆく

 谷から離れて大石の横を右に急登し、 尾根に上り平坦な道になると立派なベンチが作られている。
立派なベンチがあるが休まず進む 送電鉄塔を潜る

 その先送電鉄塔に来たが眺望は良くない、 緩やかに下り始めると気持ちの良い林が広がってきた。
広々した気持ちの良い林が広がる窪地に来た

 この先「林道を行く東海自然歩道は帰りに使い、 左に入った所の地形図破線で登る積り」と言う。

 男性は「地形図の破線でなく良い道で、 山頂に近い所に出るのが有るので教えてあげる」と言われた。
林道に出る直ぐ手前のトイレ 林道分岐を東海自然歩道と別れ左へ

 自然林が広がり嬉しくなってきていると、 木の建物(トイレ)が見えて林道に出た。

 林道は折角の自然な雰囲気を壊していて惜しい、 林道分岐を自然歩道と別れ左に入る。

 少しで分岐に来て右が地形図の破線方面だが、 左に進むと林の中に山小屋が立っていた。
次の分岐も左へ取る 左側コンクリートの壁が続く

 ○○山岳会が建てたとの事、 この辺り山の中の平らな窪地であり季節には花が咲いていそうな場所だ。

 林道が続いているが崩れた箇所に来た、 完全に車が入って行けない道となっている。

 先は左側に土留め用だと思うコンクリートの壁が20m程続く。
山道の登りとなった 左の奥に送電鉄塔が見られる

 山道となって来て少し登ると、 左林越に送電鉄塔が見えたが寄らず進み右にカーブし急登となった。

 標高差150m程の主尾根への登りだ、息が切れなかなか登れない。

 四角い大石の横を通り過ぎた所で休憩し水を飲む、 叉暫く登ったが少しで足が止る。
主尾根への急登の途中に大岩 尾根に上がった所にベンチが有った

 男性はこれは駄目だと思ったようで、 「時間が無いので先に行く」と言われ別れた。

 汗びっしょりになり東海自然歩道となっている主尾根に上がると、 ベンチがあるので腰掛けて休む。

 今登って来た方面は、何も案内指標は付いていない。
展望所も今日は霞んでいて見えない 細尾根の所

 先に進み緩やかなアップダウンで次のコブに着く、 「恵那山展望所」とされるが見えず今日は駄目だ。
尾根道も両側自然林で木漏れ日が美しい

 狭い道や急な階段の登りになったり、 叉木のトンネル状の所も見られ変化の有る尾根道は退屈しない。
丸太の階段の登り 朽ちかけた丸太の橋状の道

 朽ち掛けの丸太の橋を通り急な階段状の登りを過ぎ、 11時大勢の人が居る「猿投山」山頂に着いた。
平坦でベンチが幾つか有る「猿投山」山頂 一等三角点「猿投山」

 広い山頂は中央に一等三角点「猿投山」が有り、 ベンチが幾つも設置されている。

 北面開けているが完全に霞んでいる、 近い山が見えているが愛岐三山とその奥高社山のようだ。
山頂からの眺望、近い愛岐三山と高社山は確認出来たが他は?

 ベンチに腰掛けてゆっくり休んでいたら寒くなってきた、 東の宮で昼食とする事にし先に進む。
山頂から東の宮へ向う 非常に良い道が続いている

 平坦で非常に良い道が続いている、 二つのコブはいずれもコブに上がらずトラバース道で楽をする。
ここも癒される道が続いている

 少し急な下りを過ぎると鉄製の階段に来て、 11時40分東の宮に着いた。

 何組かの方が昼食を取っている、 お参りをしているとベンチが空き腰掛けてゆっくり食べる。
鉄製の階段を登ると東の宮 山の上にしては立派な東の宮

 12時10分下山開始、 多くの人に出会いながら山頂に戻り尾根を西に戻って行く。
東の宮前は広く、ベンチも設置されている 山頂から自然歩道を下ると見られる大木

 登って来たコブ分岐を直進すると急な下りが続いて、 4人の女性が登って来たがこの登りは辛そうだ。

 何度も軽いアップダウンして下って行くと、 ベンチが有ったので水を飲んで休んだ。
変化の有る尾根道をアップダウンしながら下る 途中にはベンチ

 太い木も混じる尾根道は変化が有り良い道だが、眺望は全く得られない。

 そろそろ最初に登ろうとしていた、 地形図破線の分岐がある赤猿峠手前に着く頃だ。

 コブに来ると右鋭角に明瞭な道が有った、 直ぐ送電鉄塔が有りそうでこれが破線の道ではないか?
赤猿峠 左側石積みのある道

 しかしここはコブで峠ではない、 少し下るとベンチが設置され南へも下る道がある四辻に来た。

 ここが赤猿峠のようだ、 東海自然歩道の案内は「猿投山・雲興寺」の指標が立っている。

 南へ下っている道には指標が無いが、 地形図では林道に続いている道だ。

 右の雲興寺方面に入ると谷側石積みが続くようになり、 その後溝状に道が下っている。
溝状の道 林道に出て右に進むと登り坂

 足元が滑り易い花崗岩の所を通ったりしながら下るが、 これが結構距離が長い。

 やっと林道に下りて、 右に進むがこの林道結構登っていてきつい。

 道路際にゲンノショウコ、キンミズヒキ、アキチョウジ、 ヒヨドリバナやオトコエシが咲いていた。

 軽く下りトイレの有る広場に戻り、 朝来た道を叉登り返し下って14時30分車に戻る。
男女郎
オトコエシ 立派な雲興寺

 東海自然歩道でも階段は少なく、自然な道が多いので好感が持てるルートだ。

 それに大部分自然林となっていて四季楽しめる、 町の近くでは貴重な存在だと思う。

 
  「別ルート及び関連ページ」
   *③猿投山;新池〜東の宮〜山頂〜赤猿峠〜武田道〜城ヶ峰
   *物見山;雲興寺〜赤猿峠〜物見山  


本図は国土地理院地図閲覧サービスを利用して作成
   出会った花: ・キンミズヒキ  ・アキチョウジ  ・ヒヨドリバナ  ・ミズヒキ 

             ・オトコエシ  ・ゲンノショウコ


TOP 山行一覧 山歩き11