Innovation Supporters

Tweet

〔KANGLOイノベーション・プロジェクト・サポーターズ〕
※サポーター登録順・敬称略


 
藤井 利幸
Toshiyuki Fujii


1968年生まれ。茨城県東海村出身。高卒後、上京し新聞配達をしながら予備校に通い筑波大学に入学。4年間、体育会硬式野球部に所属し選手と2軍監督を経験。1992年に株式会社リクルート入社。12年間、組織・人事コンサルティング事業に従事し、約2000社の企業の変革に携わる。社内表彰制度で全国MVP・部門MVPの受賞計8回。2004年に独立し、事業再生コンサルティングのマネジメントリコンストラクション社を設立。2010年5月カングロ株式会社 代表取締役に就任。独自のサステナビリティ・イノベーション・コンサルティング事業を開始。米国で「今最も羨望の注目を浴びる企業」とされるオンライン・リテーラーのザッポス社のハピネス経営、「社員をサーフィンに行かせよう」「レスポンシブルカンパニー」の題材となっているアウトドア用品メーカーの米パタゴニア社を研究し続け、約1000社3000名のビジネスパーソンにセミナーや勉強会等でその真髄を伝えている。2013年には西アフリカのナイジェリア連邦共和国にて合弁会社を設立し、水問題、エネルギー問題、食糧問題、環境問題を日本のテクノロジーで解決するソーシャルビジネス事業も行う。実地の中から発信される指南は、斬新・先駆的でかつパワフルであり、魂を揺さぶるものとなっている。2013年以降、システムD研究会自転車事故防止委員会セブメディの会サステナ塾を設立。2015年より同士と共に「懐かしい未来プロジェクト」『HOOPS!』事業を開始し、持続可能な地域社会の実現のために人間本来の役割を思い出すためのあらゆる「体験」の場と機会を提供している。そして、2016年10月1日クラウド型MBO・スキルセットDBツール『TREE』を開発しリリース。自転車のある生活をこよなく愛し、年間約1万kmを走破する。マラソンランナー、トライアスリート。〔その他運営主体〕2010年12月ソーシャル・イノベーション・プロジェクト「Project Z」、2011年8月会員制サロン『Innovation Salon Z』、2012年2月「心を整える7つの習慣」(Align your heart by 7 habits:AH7H理論)講座、2012年7月『Sustainability3.0(サステナビリティ3.0)』講座を創設。



 
森 裕美子

Yumiko Mori

横浜生まれ。ドイツのフライブルクに留学中、行政や市民による持続可能な世界を目指す社会システムに 感銘を受ける。また当時、ユーゴスラビア紛争でドイツに逃れた難民の方々との交流を通して、戦争や差別問題などに興味を抱く。帰国後、精神世界と出会い、ヒーリングセンターアルケミストで8年間、ヒーラー、アニマルコミュニケーターとして、さらに「アルケミストヒーリングカレッジ」、「アルケミストアニマルコミュニケーションカレッジ」、「幸せになるためのわくわく講座」などの講師を務める。2003年より十数回インドを訪れ、宇宙の真理、生命の神秘について学ぶ。独立後は、1人ひとりの心の平和が世界の平和に繋がることを伝え、それぞれの使命を見出し、本来の神聖な愛に気づき、自分の役割を果たす生き方を提唱する「Crianna Project AI」を創設。同じ志を持つ同志と共に活動を行っている。2015年1月、カングロ株式会社 執行役員に就任。ライフコーチング、スピリチュアルケア・アドバイザーとして仕事と人生の融合を図るライフワークインテグレーションのコンサルティングを行っている。


 
河合 洋

Hiroshi Kawai

1964年生まれ。奈良県出身、神戸大学教育学部卒。1987年株式会社リクルート入社、人事、経理、審査、情報セキュリティ部門を担当。1996年マネジャー昇進。2000年じゃらんネットサービス開始時のコンタクトセンターの構築。2006年よりCS推進室を担当。顧客の声を商品・サービス改善に活用する品質管理の手法を導入し、2009年コンタクトセンターアワード(リックテレコム主催)で入賞、2011年コンタクトセンターアワードではWEBサイトのFAQ構築、企業向け顧客満足向上の研修で入賞。2013年4月CS推進部部長昇進。2011年情報処理学会デジタルプラクティス誌に「情報サービス業のコンタクトセンターがリードする顧客と企業のコラボレーション」論文掲出。2015年より株式会社つなぐ研究所を設立、代表に就任。「自然」×「学び」×「キャリア」の支援・コンサルティングを行っている。趣味はマラソン、野球、ゴルフ。


 
中村 孝

Takashi Nakamura

筑波大学体育専門学群卒業後、1992年4月北関東日本電気ソフトウェア株式会社(現NECソフト)に入社し、OJTを兼ねてNECへ出向し、販売店・社内SE向けに主にクライアントサーバーシステム領域のテクニカルサポート業務に従事。その後Webシステム開発に従事し、社内ベンチャー制度に採択(70件中2件)され、世界初コンセプトのネットワーク管理パッケージ「RouterCare」を企画・開発。2000年から販売を開始し、累計100本、約25,000ライセンスを導入。主任としてチームマネジメントに従事しつつ、製品強化、販促企画・実行、保守サービス、導入・カスタマイズ開発、海外(米国・中国)調達、パートナリング等を推進。さらなる事業拡大のため社内インキュベーション推進室に異動し、ITマネジメントフレームワークの企画・プロトタイプ開発に従事。事業企画の経験を生かし、2006年3月より株式会社IRIユビテック(現株式会社ユビテック)にシニアコンサルタントとして入社。MVNO/MVNE事業の企画会社の設立に参画し、事業計画立案、パートナリング、キャリア交渉、契約・経理等の業務に従事。その後、Webシステムの受託開発のアカウントマネージャとして推進。事業企画コンサルや助成金事業のPMに従事。プロダクト開発に従事するため、2010年2月からリアルコム株式会社にプロダクトマネージャとして入社。当初、既存のQ&Aコミュニティプロダクトの戦略立案・実行を担当。その後、スマートデバイスSaaSの開発に従事し、1年半で3種類のサービスを立上げ。これまでのノウハウを活用した事業を行うため、2012年10月にリンクマインド株式会社を設立し、上場企業との取引を拡大。


 
倉持 茂通

Shigemichi Kuramochi

1974年茨城県にある薬局の4代目として生を受ける。帝京大学薬学部卒、薬剤師。大学卒業後渡米、国内の薬局がドラッグストアへと業態変化を模索する中、約1年間流通先進国であるアメリカの小売業の運営に従事。帰国後、国内大手のドラッグストアの運営に従事、2001年倉持薬局入社、2006年大手上場ドラッグストアとの資本提携を機に社長就任。仕事をする最終的な目的は「お客様に幸せを届ける事」をモットーに地域密着型店舗の開発に注力。特に医薬品、化粧品のカウンセリング力強化のための教育、仕組み作りに尽力、各メーカーの主催する全国コンクールにて入賞多数、特にドクターズコスメを展開するメーカーの全国コンクールでは優勝7回の実績を作る。一方、東日本大震災時、放射能汚染の風評被害にあう地元農業の支援を行う。又、毎年社員を連れて被災地視察を実施。2014年提携先と合併。同年9月退職、現在に至る


 
和田 一男

Kazuo Wada

1961年生まれ。小樽商大卒。1985年株式会社リクルート入社し教育機関広報事業部に配属。1990年課長昇進、91年度全社通期優秀経営者賞受賞。93年人材総合サービス事業部新都心営業部へ異動し96年度全社通期優秀経営者賞受賞。98年リクルートエリアリンク西東京支社へ出向。99年リクルート営業部長昇進、西東京支社支社長を兼務する。2000年に、経営幹部養成、営業マン教育、営業管理職研修、マネジメント変革、事業戦略立案、経営システム構築などのコンサルティング、企業研修を手掛ける株式会社ブレインパートナーを設立し、代表取締役に就任。株式会社ヒューマン・キャピタル・マネジメント(ベンチャー育成、経営者養成コンサルティング)取締役、HARNESS LLP理事。メンターネットワーク、企業再建CRC、ドラッカー学会会員。代表著書に『30歳からの営業力の鍛え方(かんき出版)』『ドラッカー経営戦略(明日香出版社)』  


 
河村 智行

Tomoyuki Kawamura

1968年生まれ。山口県出身。筑波大卒。株式会社リクルートにて、営業、事業開発、組織マネジメント等に従事した後、NGOやベンチャー企業経営に携わりながら「自立支援」「ココロとカラダづくり」「経営者向け研修」等を企画運営。近年は、水 や森に関わる活動や環境教育等に関わり、現在に至る。よる*森*ハイキング 代表 森のファシリテーター。http://www.yorumori.jp


 
森下 一乗
Kazunori Morishita

1938年生まれ。一橋大卒。新日本製鉄を経て、再就職支援、人材紹介、人事コンサル等を手掛ける。25年前、人材総合会社 株式会社ブライトキャリア代表取締役社長に就任。株式会社ネクストキャリア 取締役会長を経て、現在、ネクストキャリア顧問。人事・採用コンサルティングを手掛けている。現在、森下コンサルタンツ Inc. 代表取締役社長、NPO法人就職寺子屋塾長。全米コンサルタント協会会員、各協会・団体の要職多数。産業カウンセラー資格。世界コンサルタント協会フェロウ、プラクティショナー資格。著書に『作業長制度』『新規事業開発』『30歳からの「転職」虎の巻』『成功する転職』『40代50代わたしの転職学』『20代30代ぼくら転職人』がある。就職、転職を支援した人は数千人に上る。モットーは「世のため人のため」
 

 
勢口秀夫
Hideo Seguchi
   
1947年生まれ、団塊の世代。大阪府池田市出身、関西学院大学法学部卒。関西系総合商社住友商事にて、機械電機部門にて、大阪・東京・地方支社勤務(九州・博多、4年)にて、国内取引、貿易輸出輸入取引、NECとの合弁会社勤務、海外(フィリピン・マニラ)駐在、子会社住商リーズ勤務とほとんどの分野を経験。60歳還暦よりインターネットビジネスの勉強を始め、現在は「ホームページ欠陥診断士」「ウェブ解析士マスター」「マーケティング解析士マスター「ネットマーケティング検定」「名刺コーディネーター」「展示会出展コンサルタント」「速読・視力回復講師」「腰痛解放戦線教材販売」などにて活躍中。一方、「ザッポス」の企業文化に触発され、ISZメンバーになると共に、サッポスのコアコンセプトを理解する仲間を集めた日本版「ジャッポス」を立ち上げるべく鋭意構想中。有限会社エバンゲリスト 代表。公式ブログ。  
 

 
横田瞳
Hitomi Yokota
  
1985年生まれ、福岡県糟屋郡出身。福岡大学経済学部産業経済学科卒業。在学時代に、将来の起業家育成を行う授業『ベンチャー起業論』にてマーケティング、ビジネスプランの作成、プレゼンテーション、チームビルディング、リーダーシップを実践的に学ぶ。2008年に上京し、IT系に特化した人材アウトソーシングのベンチャー起業に新卒として入社。サブプライムローンの影響による景気悪化に伴い、社運を賭けた新規事業の立ち上げ・新規顧客開拓部隊のメインメンバーとして活動。社内の営業・マーケティングの仕組み化、営業手法や業界においての社内研修の企画や実行、メンバーのモチベーションコントロールに携わる。その後、WEBマーケティング・コンサルティング企業に転職。飲食店・美容室など地域特化型マーケティングの支援に携わり、2010年にアイコンタクトを設立。女性起業家・中小企業・ベンチャー企業に特化したWEBマーケティング支援、パーソナルブランディング支援、新規事業支援、営業支援などを行っている。2011年からITコーディネーター協会、各地商工会議所、行政などでfacebookなどのソーシャルメディア活用についての講演活動を開始。現在は開催する100名規模のセミナーが常時満席、好評を得ている。趣味は神社巡り、アウトドアスポーツ、カメラ、ボランティア。  


 
紫垣 樹郎
Juro Shigaki



1965年生まれ。慶應大学 法学部卒。1989年株式会社リクルート入社。ベンチャー企業から大企業まで企業の採用コミュニケーション・組織活性コミュニケーションのプランニング・クリエイティブディレクションを担当。100社を超える企業との仕事の中で、雑誌広告、パンフレット、編集記事、ダイレクトメール、ポスター、ビデオ、WEBサイト、イベント等のあらゆるメディアを企画制作。4年目に社内MVPを受賞。1998年東京コピーライターズクラブ最高新人賞受賞、1999年宣伝会議賞審査委員、TCC賞審査委員、2003年リクルート企業広告・商品プロモ責任者を歴任。2004年に、コンセプト開発から、コミュニケーション設計、クリエイティブディレクションに至るまでをワンストップで提供する株式会社インサイトコミュニケーションズを設立し代表取締役に就任。クリエイティブワークを活かした効果的コミュニケーションのコンサルティング、クリエイティブディレクション、コピーライティングを柱に事業を展開。東京コピーライターズクラブ会員及び幹事、2008年TCC広告賞審査委員、2000年宣伝会議ベストコピーオブザイヤー審査委員、2000年〜2010年宣伝会議賞 審査委員
  

 
大関 ひろ美
Hiromi Ozeki
 
三重県出身。三菱油化(現、三菱化学)株式会社の人事部門で9年間、労務管理・給与・福利厚生・健保組合に携わる。退職、結婚後、社会保険労務士資格を取得し、改めて慶応義塾大学経済学部で学び、中学校社会科教員免許取得。外資系生命保険会社にて、ウェブマーケティング等を担当。家族の転勤に伴って北九州市へ移り、同市の嘱託職員として介護保険導入に携わる。2001年、海外赴任する家族を見送り、日本にとどまって社会保険労務士事務所を開所独立。現在は、ワンズライフコンパス株式会社と併設するワンズ・オフィス社労士事務所の代表に就任。社団法人企業福祉・共済総合研究所講師。「中小企業のあらゆる人事労務顧問」と「メンタル不全にならない職場づくり」「最大幸福を可能にする社会とは」に取り組んでいる。労働法の解釈や運用に加えて、企業人事経験を生かした人事労務管理の助言・セミナーと活動フィールドの広さが評価を得ている。 


  
浜川 良介
Ryosuke Hamakawa


1947年生まれ。神奈川県横浜市出身、横浜市立南高校、横浜市立大卒。1977年より株式会社リクルートにて約12年間人事教育・組織活性化事業で専属トレーナーとしてリーダーシップ研修、マネジメント概念研修を実施。1989年に独立後、主に各企業の営業部門の強化支援、航空会社でのCS調査を3年間実施して評価による成果を生み出す。ドイツ車輸入代理店の営業トレーニングや経営品質向上支援、国内プレミアムカーショップへのミステリーショッパー及び商談、納品・点検メンテナンス各オペレーションの定着支援、通信会社の営業同行指導、ライフダイナミックスでアドバンストレーナーを半年間体験。現在、研修業務以外に中小企業の財務及び事業再生支援、企業変革のリサーチとプロジェクトのアクションラーニング手法を活用した推進支援。2003年にキャリアディベロップメントアドバイザー(CDA)資格取得。ハマカワ・コンサルティング・アソシエイツ代表。現役バスケットボール・プレイヤー。


 
浅井 忠雄
Tadao Asai
 
 1968年生まれ。日本大学理工学部卒。昭和電工・デュポン株式会社にて5年間エンジニアとして従事しつつ、新入社員研修の企画・実施を担当する。その後、中小自動車部品メーカーの経営に参画し、製造、品質管理、営業、人事と全般を携わる。また、教育訓練にも注力し、数々のコンテンツを開発、社内とベンダーへと展開する。2004年12月に有限会社ジェネテクスを設立し、代表取締役に就任。2005年より日本初プレミアムカーブランドの立ち上げに参画。夢であった教育訓練事業に特化し、スタッフ向けカレッジの講師として新型車の商品研修や新人・マネージャー研修、全国展開されるオリジナル研修の企画・実施を担当する。その他、日本全国の小学校向け課外授業の講師や、2008年には営業手法を科学化したガツン系の訓練を開発。訓練中に実戦としてお客さまへTELコールを徹底的に行うという斬新なコンテンツは数多のディーラーから好評を博している。研修・訓練実施回数は延べ300日以上。エグゼクティブコーチ。趣味はゴルフ、バレーボール、ボディビルと多彩。


 
熊沢 拓
Taku Kumazawa

 1970年生まれ。慶応大学院(KBS)卒。ソーシャルベンチャーキャピタリスト,証券アナリスト。JAFCO、ソフトバンク・インターネットファンドでベンチャーキャピタリスト、ウィット・キャピタル証券でインターネット・アナリスト、HSBC証券投資銀行部門、三菱UFJキャピタルで累計562件、投資金額約700億円のITベンチャー投資調査を行う。2010年6月、セカンダリーマーケットプレイス株式会社を設立。代表パートナーに就任。ソーシャルメディアを使い、VC及びベンチャー企業のアドヴァイザリーとして日本の真の変化(Real Change)を推進。ソーシャルインパクトの見える化でインパクトを最大化させるコンサルティング・社会起業支援を手掛ける株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ 代表パートナーも務める。日本証券アナリスト協会検定委員


 
山本 善武
Yoshitake Yamamoto

 1981年生まれ。獨協大学法学部卒。大学在学中にアタッカーズ・ビジネススクール(起業スクール)でのインターンシップを経験。その後デジタルハリウッドでの WEBディレクターコース、ITベンチャーで転職サイト立ち上げから運用においてSEO対策、WEBマーケティング、ディレクションを経験。その後独立を果たし、プロフェッショナルコントラクター(個人事業主)として、複数のプロジェクトを受託。2009年8月株式会社ラン・リグマーケティングを設立し、代表取締役に就任。主に中堅中小・地方企業に対し、リピーターを生む戦略的なWEBマーケティング、及び安定収益化のためのコンサルティングを展開。ユーザーサイドに立った奇をてらわないデザイン、長期的視点に立ったサイト構築、適正価格での運用など、設計力ときめ細やかなコンサルティングに定評


 
大塚 晋
Susumu Sam Otsuka

 
 1963年生まれ。成蹊大学 法学部卒。1987年に西武百貨店入社し、16年間リテール・スペシャリストとして従事。接客・販売 売場運営上のマネジメント全般から、シーズン顧客動員企画の立案に精通。他、リーシング、新規ブランド導入、新売場開発、新規顧客開拓、新規開店準備のための店舗開発、商品本部紳士服飾部バイヤーとして新ブランド立上げ、セレクトショップ買付け、店舗改装リーシング、36店舗のセントラルバイイングを経験。2003年QVCジャパンに入社し、プランナー、チームマネジメント、ファッショングッズカテゴリーのバイヤーとして、従来のカテゴリー領域を大幅拡充し土台を作る。その仕事ぶりはマーチャンダイジングに止まらず、積極的に放映現場に携わりTVショッピング全般のノウハウを修得。2010年独立しASMOを創業。“PRODUCT PLAN & CODINATE”を主軸としたクライアントとともに歩むコンサルティング業務を行う
 

 
澤谷 みち子
Michiko Sawaya

藤女子短期大学国文科卒 1972年全日本空輸株式会社へ入社し、新千歳空港の旅客ハンドリング業務に携わる。30年間の空港ハンドリングの中で、顧客サービス、クレーム対応、遅延・欠航時のイレギュラー対応、人材育成、運航支援など空港を取り巻く様々な業務に取り組むと共に、組織運営全般を経験する。2002年本社CS推進室への異動に伴い、顧客満足推進に取り組み「あんしん、あったか、あかるく元気」をANAグループ全体へ展開する。併せて世界の航空会社のアライアンス(Star Alliance) の品質担当メンバーとしてStar Alliance全体の顧客満足向上活動へも参画。2006年商品戦略室への異動に伴い、新商品開発にマーケティングマネージャーとして参画し、2010年スタートの新商品ブランド“Inspiration of Japan”の企画を担当。2010年3月退職。2011年5月にOffice Sawaya(オフィスさわや)を設立し、代表に就任。またプライベートでの結婚、出産、育児、昇格に伴う単身赴任など、女性が直面する多くの課題を乗り越えた経験談が多くの働く女性たちの心を捉えている。日本ナレッジマネジメント学会理事 多様性研究部会部会長 
 

 
新井 克也
Katsuya Arai

1969年生まれ。「新規開拓営業で自信をつける!」という熱い想いを胸にオフィスコーヒー事業を営む企業へ入社。同僚が既存競合顧客のリプレイスを中心に営業を仕掛ける中、事務所移転をしてくる企業だけを対象に絞り、営業活動を行う。リプレイスは「金額交渉」が中心で利益を創出するのが難しく、新人営業にとっては難易度も高く受注確立も低かった。そんな中、受注確立を高めるために顧客と営業テリトリーの絞込みを行い、確実に受注を上げることに成功し、上位ランキングの常連に。徐々に「パートナーとして顧客の事業の根本に関るような仕事がしたい!」という想いが強くなり、1996年にリクルートHRマーケティングに入社。採用・育成を中心に企業変革、成長、活性化のお手伝いを行う。13年間、一貫してHR(人材領域)部門に従事。2009年9月に退職後、株式会社ラテラルマーケティングジャパン設立し、代表に就任。「人と組織」を通じて企業変革、活性化を行うコンサルティング事業や個人がイキイキと働く事を目的にキャリアカウンセリング事業も手掛ける。日本企業の活性化策として、訪日観光客事業も立ち上げ、各種セミナーや人材育成研修なども手掛けている
 

 
仁木 良一
Yoshikazu Niki
 
 1959年生まれ。関西学院大学卒。株式会社日本リクルートセンター(現:螢螢ルート)入社。螢螢ルートコスモス(現:螢灰好皀好ぅ縫轡◆剖侈蓋紂↓螢螢ルート ガテン事業部にて千葉営業所長・上野営業所長を歴任。得意分野はサービス業の若手採用と組織活性化。1993年螢螢ルートエリアネット常総に出向し、最優秀エリアマネージャー賞を受賞。1995年にアステル関西へ出向し、移動体通信の営業としてゼロから販売代理店組織を作り上げ、新規回線の半分以上を稼ぎ出すトップ営業マンとなる。2001年、USENにてブロードバンド通信事業の立ち上げの事業企画、営業を行い、光ファイバーの普及に寄与。2010年、螢妊ぅ蝓室 人財開発事業部部長として、再度人事採用・教育ビジネスに返り咲き、適性テストDATの販売代理店組織構築の傍ら、世界初となるワンコイン適性検査システム「OCATS(オーキャッツ)」を設計・構築。顧客ニーズに応じた適正診断テストの導入コンサルティングを経て、2014年一般社団法人ビジネス心理研究所を設立。代表理事に就任。  
  

 
三戸 伸一
Shinichi Sannohe
 
 1966年生まれ。23歳より自動車業界に身を置き、トヨタ、BMW、フォード各ディーラーにて、トップ・セールスとして長きに渡り実績を積む。横浜トヨペット時代は、一日100軒の飛込み訪問から自身の販売台数の8割以上の受注を叩き出し、競合した場合は、「三戸」の名が出た時点で他社営業が商談を降りるほど。フォード時代は、販売台数及びCSポイントで全国最優秀新人賞を受賞。この実績は所属店舗を全国1位に導いた。その後、企業の成長は人と人の信頼関係の構築が最も大切であるという信念の元、自らのノウハウや考えを多くの人々に広めたいという思いから研修講師として2004年に独立。研修スタイルは独特で、「人」をキーワードに参加者の構成に合わせ、変幻自在にアレンジしながら、常にクライアントのオーダー通りの結果を導き出す。多くの受講者から「楽しい」「解りやすい」「全然眠くならない」「また参加したい」等、常に高い評価を得ている。見えないものを可視化する独特の感性の鋭さに業界からも定評を得ている。「潔く生きる」が信条。2011年、初級心理カウンセラー(メンタル ビアカウンセラー:認証番号110041号)取得。スマートラボコンサルティング 代表。
 

 
橋本博
Hiroshi Hashimoto
   
1961年生まれ。筑波大学第3学群社会工学類卒。専門分野は地域及び事業計画における記号論マーケティング&ITマーケティング&マーケティングマネジメント。大手小売業にて商品開発、人事計画等に携わる。また大手メーカーに出稿し商品開発の国内留学経験後、地域開発、ビジネス&マーケティングコンサルタントを主業務として独立。マーケティングを軸にした地域改革、店舗改革、企業改革に従事する。地域計画の作成から商品開発、集客、CRMの運営まで戦略から戦術構築・運営マネジメントまでを一貫して行い高いROIを出すコンサルテーョン活動を展開。1998年に株式会社マーケットブレーン設立、現代表取締役社長。実績として日本各地の地域計画・商品開発・イベントプロデュースに従事、大学との連携によるコミュニティビジネスの普及活動、大手百貨店コンサルテーション活動を行う。また、中小企業のITマーケティングツールを提供するIT企業の代表取締役を11年間兼務。現一般社団法人色彩環境福祉協会理事他公的役職も複数務める、各種検定試験の認証委員、実行委員を兼務。教育実績は多摩大学、東京経営短期大学、早稲田大学。著書実績は6冊(共著を含む)、雑誌掲載多数。  

 <当情報に関するお問い合わせ先>
カングロ・コーポレーション(カングロ株式会社)広報担当 
kanglo@fuji.email.ne.jp (本件についてのお問い合わせはお手数をおかけしますが、左記e-mailのみとさせて頂きます)

<ご注意> 
当コンテンツは、カングロ・コーポレーション(カングロ株式会社)の許可無く、広告または販促活動等に転用することを禁止します。


       

〜 感謝する心、今も、そしてこれからも 



Tweet

| Project Z | 組織の鬱積 | 鬱積を解き放つ | 7つのコンセプト | サポーター | コンサルティング | 各種料金 |B90とは |WEFEとは |WEFE製品情報 |


| HOME | 約束 | 基本方針 | 基本サービス | 会社概要 | 事業内容 | 代表経歴 | 事例 | レポート | NEWS | 採用情報 | セミナー | Blog |

Copyright (C) 2009-2017 KANGLO CORPORATION All Rights Reserved.