神田多貳とは 神田多町二丁目 の事です

・神田多貳ってどこ?

神田多町二丁目概況
・手締めって?(神田一本締め)
・直会と書いてなおらい
・〜多町二丁目町づくりニュース

WHAT'S NEW!

神田祭り

・神田祭りって?
・半纏大集合!
・1999年神田祭り
・2000年大御輿渡御
・2001年神田祭り
・2002年大御輿渡御
・2003年神田祭り
・2003年天下祭
・2004年大神輿渡御
・2005年大神輿渡御
・2007年大神輿渡御

リンク

・江戸天下祭り研究会
 神田倶楽部
・神田明神
・神田駅東連合

 

神田多町2丁目史

旧多町1丁目、旧多町2丁目大部、新銀町の東一部が合併して、昭和8年に現在の多町2丁目となる。
 慶長年間(1596〜1615)頃、名主の河津五郎太夫が、野菜市を開いたといわれ、古くは「田町」とも書き「メッタ町」の俗称でも呼ばれていた。
田畑を埋め立てた町なのでと呼んだのが転訛したとも言われるが、その真偽は定かでない。

 明歴の大火(1657)後、江戸市街の再建、再編成の結果、市中に散在していた 青物商がこの周辺に集まり市場ができたという。その理由として、神田川の昌平河岸と日本橋川の鎌倉河岸の間にあって、集荷の条件が備わっていたためであるといわれる。
 関東大震災後、この多町市場は秋葉原に移り、平成3年には現在の太田市場に移転している。

江都天下祭研究会神田倶楽部
明神さまの氏子とお神輿」武蔵野書院発行より




大好き神田のホームページへ