現代倫理のパフォーマンス


     WHAT'S NEW

  • 給与と仕事は無関係である
  • ブルジョワの上に君臨する供給階級
  • 主観と客観は反比例する
  • 否定はそれが否定するものに依存する
  • 給食費滞納の過保護と教師の受難


パウル・ティリッヒ パウル・ティリッヒ、カント、ニーチェ、西田幾多郎、キリスト教倫理学、精神分析論、脳科学などを通して、道徳性の再解釈を探っています。特に、治癒と自己破壊という視点から、道徳性を再考したらどうなるのかが主な関心です。

実感する倫理

カント

刑罰

裁判所

困難な倫理

西田幾多郎

時評

仏像
  © 2007 | All Right Reserved. 現代倫理のパフォーマンス研究会  Web Design by 無料Template