空き缶コンロ De ご飯 @ ベランダ

 

おうちで手軽にサバイバル.寮のベランダで,こっそり空き缶コンロで 山菜まぜご飯 を炊きました.

用意したもの

コンロ

350ml 空き缶*3個

銀紙(16cm*12cm)*3枚

ティッシュペーパー*6枚

食用油

ご飯

米3合

水適量

酒,めんつゆ,塩 少々

山菜150g

その他

コッヘル(スレンレス製)

はさみ,カッター

ライター

 

空き缶コンロ作成過程

 

@空き缶を切る

空き缶の上から5cm,下から3cmに線を書きます はさみかカッターで真ん中をザクザク切ります はさみで高さを整えて,それぞれ5cm,3cmにします 出来上がった缶をもとに他の缶にも線を描きます 空き缶3個とも同様の高さにきります.

 

A火種の芯を作る

↑の様に銀紙を加工します 16cm*12cmの銀紙を,半分に折ります. 下側を5mmくらい残して,他の部分を半分に折ります. 端を5mmくらい残して,他の部分を三等分に折ります. 三等分になった部分に,芯を入れる穴を開けます.

 

ティッシュペーパーを二枚重ねて,硬く巻きます. 巻いたティッシュを六等分に切ります. 切ったティッシュを銀紙に挿していきます. 銀紙を三角形に折り,3cmの方の缶に詰めます.

 

Bご飯の用意

コッヘルに,といだ米を3合入れ,水を適量より少し少なめに入れます.

30分ほど放置します.

めんつゆ,酒,塩を入れ,だいたい適当な水加減にします. 上に山菜を乗せます.

 

 

Cご飯を炊く

できた缶を↑の様に並べて,食用油を1cmくらいずつ入れます.

芯に食用油がしみこんだら,ライターで火をつけて,コッヘルを乗せ,さらに,銀紙で全体を覆います.

火が消えたら出来あがり.だいたい30分程度です. ↑役目の終わった空き缶コンロ.真っ黒です.

注 : コンロに入れる油が多すぎると,油全体が引火します.また,銀紙から芯がしっかり出ていない場合も油全体が引火します.

 

感想

点火途中にライターのガスがお亡くなり!コレはどうしたものかと,悩んで,ティッチュの塊を作って火をつけて,それを箸でもって点火することにしました.おかげでサイ箸の先がこんがりですw.

風が強くて,隣の人のベランダまで銀紙が飛んでいって,サイ箸を駆使して銀紙捕獲!微妙に黒い煙はあがるし,隣の人がベランダを見ないことを祈り続けた30分でした.(汗)

そんなわけで,出来上がった空き缶コンロご飯.思いのほかおいしくて,一度に半分平らげました.これで,ガスが止められても大丈夫です.(うちの寮,電気コンロだけど)

今度は,コッヘルを使わずに,空き缶に米を入れてご飯を炊くことにチャレンジするかもしないかも.

 

おしまい