私たちは、自然に優しい生活を応援します。

伊勢原(日向・三ノ宮)の古墳

鎧塚古墳群  (伊勢原市西富岡字鎧塚)

墳形 : 円墳
規模 : ?
築造 : 6世紀後半(〜7世紀初頭)


鎧塚(よろいづか)古墳群は円墳6基から成る。
高部屋小学校前バス停(伊勢原駅発日向薬師行き)のすぐそば。


主墳の1号墳は推定径21m。片袖型の横穴式石室を持ち、奥壁幅1.6mで大型。玄室は高さ1.8m、長さ1.2m、羨道は幅0.9m、長さ4m以上。墳丘に鎧塚神社の石碑(石室の石材を利用)や忠魂碑がある。
直刀・刀子・鉄鏃が出土。





市道に面して半地下式歩道の上にあるのが、「鎧塚」と呼ばれる1号墳。すぐそばに2・3号墳、一番南の低地部分に4号墳(中世の塚の疑いあり)、北の畑の向こう側に5・6号墳があり、南北150mの間に位置している。1号墳以外は径5〜9m、高さ1〜2m。

2号墳(左写真の左端)は現状では径7〜8m、高さ2m強だが、発掘調査の結果、推定径18mであることが判明した。


同じ台地上に渋田古墳群(日向病院のところ、消滅)・新田(しんでん)古墳群があり、石室の構築方法が共通していることから築造者の同族関係が推定されている。



御領原古墳群  (伊勢原市三ノ宮字上御領原・下御領原)

墳形 : 円墳
規模 : 径20m(推定)
築造 : 古墳時代後期


大山街道(大山行きのバス道)と鈴川との間の台地上に、かつて大古墳群が存在した。御領原(ごりょうはら)古墳群と呼ぶ。その数は昭和初年当時70基以上であったが、残念ながら現在はほとんど姿を失ってしまった。左の写真は「野首(ぬくび)古墳」。「山王中学校西側」交差点から南へ150m下った道路際。墳頂の樹木は現在ない。

山王中学校周辺にもいくつかあるが、状態がよくない。

「石倉橋」バス停の南にもいくつかある。@石倉橋のある交差点から100m南の道路際。民家の裏。墳頂に大きな木が数本。径5mほど。A道を挟んだ畑の奥、ブドウ畑の南際。道路から50m入った所に、一辺8mほどの方形状の塚があり、墳頂に宝暦5年の石祠あり。巨石も露出。


松山古墳  (伊勢原市三ノ宮字上伯母様)

墳形 : 円墳
規模 : 径約34m、高さ6m(推定)
築造 : 5世紀代以前

現状は径19m、高さ5m。

相模で一番美しい古墳。丘陵の端部にあり、眺望は三百六十度。前面には伊勢原・平塚の街並み、その向こうに相模灘が広がり、後ろを振り返れば大山がそびえ立つ。どこもかしこも市街地と化した神奈川の古墳の中で、この立地は貴重だ。
 
半円状に墳丘をめぐる黒土の帯を周溝と見立てた場合、内側の墳丘は径34mとなる。石材の露出がなく竪穴系の石室と推定されるため、5世紀を下らない頃の築造と推定されている。今後の発掘調査を期待したい古墳だ。


らちめん古墳  (伊勢原市三ノ宮)

墳形 : 円墳
規模 : ?
築造 : 古墳時代後期



埒面古墳。
恵泉女学園園芸短大構内古墳(恵泉短大は改組廃学)。1968年の学校建設の際発見された。
墳丘を失い、石室がきれいに露出。現存長約9m(玄室長4.8m、幅2m弱。羨道部約4m)。銀装大刀・銅鏡・金属製馬具(鞍・杏葉)が出土。6世紀の築造。

2001年7月の調査で周溝を確認(深さ約1.6m、上辺4.2〜6m、下辺約4mの逆台形)。墳頂から周溝まで16〜17m。径40m級の円墳。

相武国造(さがむこくぞう)の墳墓と考えられている。つまり、相模川流域の大住郡・愛甲郡・高座郡を支配した首長の墓である。

相模地域では、石室を上から見られるのはこの「らちめん古墳」と小田原の久野15号墳だけ(現在、廃学に伴い校門封鎖のため、フェンス越しにしか見られないのは残念である)。
比々多神社境内裏の「三ノ宮3号墳」の所から農道を行き、突き当たった短大の通用門の際。
最近では、東海大学考古学教室が2002年2月に調査した。


三ノ宮3号墳  (伊勢原市三ノ宮 比々多神社境内)

墳形 : 円墳
規模 : ?
築造 : 古墳時代後期


御領原古墳群の円墳の一つ。東名高速道の工事で消滅したが、石室は比々多神社境内裏に移設。ただし忠実な復元ではない。
1964年、明治大学が調査。

馬具断欠(金銅製責金具・雲珠・轡など)のほか、鉄製三角穂鉾・直刀断欠・刀子・鉄鏃・玉類・須恵器等出土。
野石積みの横穴式石室は、玄室長7m、羨道を含めると全長12mの大きさ。



心敬塚古墳  (伊勢原市三ノ宮)

墳形 : 円墳
規模 : ?
築造 : 古墳時代後期


松山古墳以上に大きい円墳で、樹木に覆われている。詳細は未調査のため不明。
伯母様橋のそばの丘陵を北へ登ると「三の宮高区配水池」の門があるが、そのすぐ手前の小山。

この古墳の傍らに、室町時代、有名な連歌師心敬(しんけい)が葬られたと言う。心敬は応仁の乱で京を追われ、古墳の北にある浄業寺(じょうごうじ、今も跡が残る)にわび住まいをして、文学論を書いた(岩波・日本思想大系所収)。芭蕉は、心敬の弟子宗祇(そうぎ、箱根湯本で客死し、早雲寺に供養墓がある)を敬慕していた。

雲はなほさだめある世の時雨かな    心敬
世に経(ふ)るもさらに時雨の宿りかな  宗祇
世に経(ふ)るもさらに宗祇の宿りかな  芭蕉

(写真は松山古墳の下の道路からの遠望)


Copyright (C) 2002- 神奈川の古墳散歩 All Rights Reserved

PR:川平法 プロパンガス料金 ホームページ制作 FX レンタルサーバー比較 フリー素材 無料素材