私たちは、自然に優しい生活を応援します。

厚木(船子)・伊勢原(石田・高森)の古墳

地頭山古墳  (厚木市船子)

墳形 : 前方後円墳
規模 : 全長72m、後円部径約36m、高さ約7m、
           前方部幅約24m、高さ約4m
築造 : 5世紀前半〜中頃(推定)


前方後円墳(全長72m、後円部径約36m、高さ約7m、前方部幅約24m、高さ約4m)

未発掘のため決め手を欠くが、前方部が後円部よりかなり低く、先端が広がらない形であることから、5世紀前半〜中頃の築造とされる。(4世紀後半とも言われる)

愛甲石田駅から約1.4キロ。
1977年(昭和52年)、国道246号線バイパス工事の際発見され、重要な古墳であることがわかったため、保存運動が起こり、国道を半トンネル状(地頭山洞門)として古墳が残された。

一部墳丘に沿って歩けるが、足元に注意。












愛甲大塚古墳  (厚木市愛甲・伊勢原市石田)

墳形 : 前方後円墳
規模 : 80〜90m。後円部径約45m(推定)
築造 : 4世紀代〜5世紀前半(推定)


石田車塚古墳。
前方後円墳(推定長80〜90m。後円部径約45m)。
現状は、径30〜35m、高さ約5mの楕円状。
築造は5世紀前半と推定されてきたが、4世紀代にさかのぼる可能性が高い。

円墳と考えられてきたが、近年の調査で前方部の遺構と周溝が確認され、しかも全長80〜90mの県下有数の古墳であることが判明した。

愛甲石田駅南口から左へ出て道なりに100m行き、南毛利郵便局手前で狭い道を右折、100m行って左折した正面。


小金塚古墳  (伊勢原市高森)

墳形 : 円墳
規模 : 東西径約47m、南北径約49m、高さ6.2m
築造 : 4世紀末


相模最大の円墳。
1984年の調査で、幅約10m、深さ約1mの周溝を確認。
周溝から朝顔形埴輪(現存高80センチ、南関東最古)、円筒埴輪片・青銅製リングが出土。

墳頂部は削られて小金神社の社殿が建つ。
畑地と墳裾との間に5〜10mの地割り残りがあり、周溝を想像することも可能だ。

愛甲石田駅から約1キロ。古墳のすぐそばの長龍寺をめざすとよい。愛甲石田駅南口から右へ出て、踏切を渡らずに子安神社を過ぎて坂を下る。スーパーとドラッグストアの間の道を行き、川に当たったら線路側へ右折して小さい橋を渡った正面。




Copyright (C) 2002- 神奈川の古墳散歩 All Rights Reserved

PR:川平法 プロパンガス料金 ホームページ制作 FX レンタルサーバー比較 フリー素材 無料素材