市川整体院かなえカイロプラクティックはおかげさまで
開業30周年!

これもひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。
ご予約・ご相談のお電話は:047-321-0621


年末年始の営業日のお知らせ
年末は、12月31日大晦日まで平常通りに営業いたします。
年始は
1月3日から営業いたします。
12月23日(天皇誕生日)も、平常通り営業いたしますので、お気軽にご連絡ください。

  

お知らせ
当院は、日曜・祭日も休まず、施術をいたしております。
平日を含め、当日の予約も可能ですので、お気楽にご連絡下さい。

東北太平洋沖地震に引き続き、九州の大地震で被災されました地域の、一日でも早い復旧を心よりお祈り致しております。当院では心身共にお疲れになっている皆様のために、震災以来、節電を心がけて通常通りに診療をいたしております。今後も、引き続き、節電を心がけ無休で診療してまいりますので、「最近、身体の調子が少し変だな。」「なんだか疲れやすいな。」と、お感じになられるようでしたら、お気軽にご連絡ください。皆様に「来て良かった!」と、思っていただけますように、誠実で真心のこもった施術をいたします。皆様の御来院をお待ちしております。

かなえカイロプラクティック」のホームページにアクセス頂き誠にありがとうございます

■『腰痛・肩こり ソフトな治療、デニーズ正面、かなえカイロプラクティック』京成バスのアナウンス(市川真間駅前)でお馴染み。地域(市川)でもっとも古い29年の歴史と実績のある、国家資格免許取得の施術院です。
腰痛ぎっくり腰、肩こり、頭痛、関節痛(顎関節症、五十肩、四十肩、肘痛、手首痛、股関節痛、膝痛など)や神経痛などの様々な痛みシビレの治療、自律神経失調症、めまい(メニエル症候群)、便秘O脚矯正骨盤矯正は当院にお任せ下さい。
経験豊かな院長が、どのような症状でも優しく丁寧に、そして確かな技術で誠心誠意施術に当たらせて頂きます。長年の経験と技術による、患者様の年齢や体質に合わせたテクニックで、的確に身体の歪みを無理なく矯正し、身体全体のバランスを整え、お身体の不調を解消してまいります。
また、大変に有り難い事ですが、当院の評判をお聞きになり、遠方から(札幌や四国の香川県、福岡から)もお越しいただいている方もおられます。
辛いお身体の事はお一人で悩まずに、どのような事でもまずは当院にご相談下さい。
普通のマッサージ、指圧や整体では満足できなかった方、お電話をお待ちしております。
当院は、ただソフトなだけという治療院ではございません。ソフトな治療でも、本当にお身体が楽になる技術と経験を持っております。かなえカイロプラクティックにおまかせ下さい。

■当院では、一回の施術でも、多くの方々に症状の緩和を実感して頂いております。
なんともスッキリしました」
「毎日気持ちよく過ごせるようになりました」
「先生に会えてよかった!」・・・・
左記の「患者様からの声」をご覧下さい。

院長のごあいさつ

この度は、数ある治療院の中から当院のホームページにアクセス頂きまして、誠にありがとうございます。
当院は1987年に、ここ千葉県市川市市川1丁目に開業し、すでに30年目になり(2016年11月現在)、地域で最も古いカイロプラクティック院として信頼を得ております。これもひとえに私の施術を支持して下さった多くの方々のおかげと、深く感謝いたしております。

当院のモットーは、「誠実で真心をこめた施術」です。
長年治療をしておりますと、実に多様な症状の患者様が大勢当院を訪れていらっしゃいます。
私は、どの様な場合でもまず安全に、少しでも早く患者様の苦痛を取り除く事を第一に考えております。
そして、カイロプラクターとしての視点と、鍼灸師(国家資格)としての東洋医学的視点の両面から、誠心誠意「患者様のため」に、ソフトで即効性のある施術をしてまいりました。
その結果、今日ではどのような症状でも、適切な治療とアドバイスを行い、手前味噌ではございますが、皆様のホームドクターとしてお役に立てております。

これからも日夜、治療研究を続け、「誠実で真心のこもった施術」をモットーに邁進する所存でございます。

どうぞお気軽に、どのような悩みでもご相談下さい。
当治療院で、皆様の様々なお身体の悩み、痛みが少しでも早く解消される事を心より願っております。
                               院長  鼎 尚生(かなえ ひさお)

当院にはこのような方々がいらしております

当治療院には、腰痛ぎっくり腰、足の痛み・シビレ、座骨神経痛、かかと痛、膝痛、股関節痛、関節痛、椎間板ヘルニア、脊椎狭窄症、側彎症、生理痛、背中痛、肋間神経痛、肩こり、首痛、むち打ち症、頭痛、偏頭痛(片頭痛)、四十肩・五十肩、肘痛、テニス肘、腱鞘炎、あごの痛み(顎関節症)等、痛みでお悩みの方。
また、O脚矯正骨盤矯正、側湾症の治療、しつこい便秘、自立神経失調症、めまい、耳鳴りなどの様々な事でお悩みの方にご来院頂いております。
地域的には、市川市内をはじめ、松戸市、船橋市、習志野市、浦安市、千葉市、柏市、流山市、我孫子市、佐倉市、成田市、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、千代田区、品川区など近隣のほか、北は北海道から、西は岐阜県や神戸、四国香川県からも(飛行機で!)多くの方々に、評判(口コミ)やご紹介で、ご来院頂いております。感謝。

■腰痛3タイプーあなたは、どの腰痛のタイプですか?

腰痛とひとくちに言っても、背骨のゆがみ方で症状の出方も様々です。逆に言えば、症状の出方で、背骨のゆがみ方がある程度分かってしまいます。
大きく解りやすく、背骨のゆがみ方のタイプ分けをしますと次の3タイプとなります。
○腰椎(腰の背骨)が横方向に歪んだ腰椎側弯タイプ。
○腰椎が猫背のように後ろに出っ張っている腰椎後弯タイプ
○腰椎がお腹の方向に引っ込みすぎている腰椎過前弯タイプ

それぞれのタイプについて簡単に解説いたします。

1、腰椎側弯タイプ
  腰を中心とした背骨が右凸か左凸に歪んだタイプです。また、腰椎は右凸で胸椎は左凸のようなS状(もしくは逆S状)の歪みもこのタイプとなります。
原因は、横座りや足を組んで座るなど左右のバランスを崩した姿勢の癖がほとんどです。
ギックリ腰に最もなりやすいタイプですので注意が必要です。
腰の痛みも右だったり左だったり、左右片方に症状が出るのが特徴です。痛みは腰だけではなく、臀部や足にも出ますし、膝痛もこの側弯が原因であることが多いのです。
他にも様々な症状を出す側弯タイプ。 程度の差はあれ患者様の大半が、この側弯タイプを含まれていらっしゃいます(他のタイプと複合していることが多い)。

2、腰椎後弯タイプ
  腰椎(腰の背骨)が後ろに出っ張って猫背のようになっている状態の腰です。
原因は座り方。あぐらをかいたり、椅子に浅くずっこけた格好で座ったりする習慣のある方は、腰が丸くなり腰椎後弯タイプになってしまいます。
初期症状は腰全体が重くだるく感じます。座って仕事をしていて立ち上がるとき、腰がスッと伸びない・・・となれば黄色信号です。
ハイヒールを履いて歩くとき、膝が曲がったまま伸びていないお嬢さん方を最近お見受けしますが、こうゆう方々もまず腰椎後弯で、しかも腰椎の関節が後弯の形で固まってきているはずです。要注意です。
腰椎後弯の方は、その内だんだん痛みを感じるようになり、数日後には腰全体が激痛となり動けなくなります。
ぎっくり腰のような痛みですが、腰にギクッという衝撃なしに、徐々に痛みが増してくるのが特徴です。
そして、腰椎後弯タイプの方は、腰椎椎間板ヘルニアの予備軍です。ヘルニアになる前にしっかり治しましょう。

3、腰椎過前弯タイプ
お腹を突き出して、腰椎は反り過ぎている形、いわゆる反り腰の状態です。
ハイヒールを履いていたり、肥満でお腹が出てしまっていたり、腰が反るような姿勢を続けているとなってしまう形です。
背中が猫背になっている人も多いのがこのタイプです。
長時間立ち続けていると腰痛が始まるのが特徴です。また、午前中は良いのだけれど、午後になるとだんだん辛くなるという人もいます。

以上、腰痛3タイプを紹介いたしました。
どうでしたか?ご自分の腰痛のタイプが分かりましたか?
この他にも、1と2の複合タイプとか、1と3の複合タイプもあります。
どちらにいたしましても、ご自分の腰痛のタイプを良くご理解いただき、的確な治療と予防を行うことが肝要です。
どうぞ、いつでも、どの様な事でも、当院にお気軽にご相談ください。

■ギックリ腰になってしまったら

ギックリ腰は、なった事がないと分からない辛い腰痛です。
今これを読んでいらしゃる方は、まさにギックリ腰で苦しんでいる方かもしれませんので、どうしたら良いか、なるべく手短に説明いたします。

■ギックリ腰とは
急性腰痛症という言い方もあるのですが、何らかの原因で腰が急激に痛む症状をいいます。
病名ではなく、症状を表していますので、原因は違っても急に腰が痛くて動けなくなったり、腰の痛みで動作に制約ができたりしたらそれらを総称してギックリ腰と言っています。

■ギックリ腰の原因
最も多いのが、筋肉の疲労蓄積タイプです。疲労が蓄積し、固く伸縮しなくなってしまっている腰の筋肉に、急激な負荷(重いものを持ち上げる、かがむ、立ち上がる、クシャミをする等)をかけた時、腰の筋肉が対応しきれず、筋繊維に傷が付き、一気にその筋肉が収縮してしまう事で、激痛とともに動けなくなってしまうパターンです。
腰椎椎間板ヘルニアが原因になっている場合もありますが、この場合は腰痛だけではなく、左右どちらかの足のももの裏から足先にかけて痛みやしびれが走るはずです。

■ギックリ腰の対処
程度によって多少違いますが、どのような場合でもまず必要なのが、「安静」と「冷却」です。
痛いと思ったら、少しでも楽な姿勢で動かないこと。
そして、痛む腰を氷で冷やします。氷嚢 (ビニール袋などに氷を入れたもの)を痛い所に押し付けます。そのまま3分以上我慢します。患部から氷嚢を離すと、しばらくすると患部が暖かく感じますので、また氷嚢を押し付けます。これを4〜5回繰り返します。
「冷却」が終わって、もし歩くどころか、立ち上がることも出来ないぐらい痛む方は、かなりの重症です。しばらく楽な姿勢(おそらく右か左を下にして横に寝て、少し膝を曲げていると楽かもしれません)で「安静」にしている他ありません。
症状が軽い方は歩くぐらいは出来るでしょう。しかし、無理は絶対にいけません。「これならなんとか作業が出来そうだな。」なんて、とんでもありません。すぐに重症化してしまいますよ。今日の仕事は諦めて、歩いてこられる様なら当院へご連絡ください。
重症の方は、ご来院の道中の無理が、かえって症状を悪化させてしまう事もございますので、2〜3日安静にして、歩けるぐらいになられましたらご来院いただく事をお勧め致します。

■当院のギックリ腰への施術法
当院でのギックリ腰の急性症状の対処法は、収縮して硬く伸びなくなっている筋肉を弛緩させ、腰椎を始め骨盤にある関節の可動域を回復する様々なテクニックを用います。特に、仙腸関節や股関節へのアプローチが重要になります。
また、傷ついて炎症を起こしている腰部の筋肉は、直接アプローチすることなく、他の部位を用いて遠隔的に患部を弛緩させていく方法を取る場合もあります。
いずれにしましても、初回の施術で少しでも楽になると思われますが、いくら普通に歩けるようになったり、かがんだり動けるようになっても、決して完治した訳ではないと言う事を、肝に銘じておいてください。
つまり、急性期の施術は、あくまでも痛みを少しでも早く楽にしてあげるテクニックです。
やっと痛くなくなった腰部の筋肉に、再び負担が来ないように、しっかりと身体のバランスをとってゆく事がとても重要です。

■ギックリ腰は癖になる?
よくギックリ腰はクセになると言いますよね。
答えとしては、何も対処をしなければクセになります。クセという言い方は、あまり的確ではないかもしれませんが、筋肉の疲労の原因になっている骨格の歪みや、関節の硬さを改善していなければ、何度でもギックリ腰になります。
またギックリ腰を繰り返すうちに、椎間板ヘルニアになってしまう事もあります。
初めのうちにしっかりと治療し、予防に心がけ、二度とあの辛い一撃を食わぬようにしましょう。

便秘とカイロプラクティック

当院にご来院の方々には、便秘で悩んでいらっしゃる方が、結構多くお見受けいたします。とは申しましても、初めから「便秘を治して下さい。」と、言ってご来院の方は少なく、 ほとんどの方は腰痛や肩こりの治療でご来院いただき、骨盤や背骨などを調整していくうちに、いつの間にか便秘も改善していることが多いようです。
■便秘と背骨のゆがみ
実は、便秘の方の骨盤や背骨のゆがみには、特徴的な事柄がございます。この歪みを正すことで、便秘はかなり改善されてしまいます。 また、この歪みは、当然のことながら腰痛や肩こりの原因であるわけですから、患者様はその腰痛や肩こりを治してもらいたくて当院にご来院されているわけです。
当方は、患者様の主訴である腰痛や肩こりなどを治さて頂く為に、お身体のバランスを丁寧に整えさせて頂く訳ですが、患者様も特に便秘については何もお話になっていなくとも、主訴が改善してきますとそれと共に便秘も変化してくるものです。
(実際には、お身体を診させて頂いた時点で、先ほど申し上げた特徴的な歪みがございましたら、便秘症を予想していることがございます)
■便秘と自律神経
便秘には、と申しますよりは、腸の動きには、とても重要な神経がございます。それは自律神経の一つである「副交感神経」です。
自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があるのですが、交感神経が活発に働くと血圧は上昇し、心拍数も上がり、体温も高くなってきます。つまり、「さあ、これから働くぞ!」と、いったような戦闘モードに入る活動時や、ストレスを感じた時に活発になるのが交感神経です。
逆に、ゆったりとリラックスして、そろそろ眠たくなってきたなといった時に、副交感神経が優位になってきます。副交感神経が活発になると、血圧や体温、心拍数等が下がると同時に、腸が動き始めます。
■便秘にはリラックスと規則正しい生活も重要・・・
副交感神経が活発になるように、いつもストレスなくリラックスしてゆったりと生活していれば、便秘は解消するのです・・・と、言うのは簡単ですが、今の世の中、実際はそんなに簡単な話じゃありませんよね。でも、そう云うものなのだという事は、頭に入れておいて下さい。
それに、何時ものんびりしていましたら仕事になりませんから、活発に行動する時(例えば9時から19時までとか)は、交感神経優位で、後はスイッチを切り替えて、副交感神経優位でゆったりと朝まで過ごすようにリズムをつければ、毎朝すっきりと便通があるはずです。
■腸の動きに対するカイロプラクティックの働き
自律神経は、首から骨盤までの背骨につらつらと並んでくっついていまして、それぞれの仕事(身体の機能のコントロール)をしています。ですから、背骨が歪んでいますと、そこにくっついている自律神経もストレスを受けて十分に機能しなくなってしまうのです。
先に書きましたように、しつこい便秘の方は、骨盤や背骨に特徴的な歪みが有ります。それが副交感神経の働きを鈍くしていることが多いのです。
それらをしっかりと矯正することによって、自律神経の働きを正常にしてゆき、副交感神経もしっかりと働けるようにして便秘を解消させてゆくのです。
また、姿勢が良くなってきますと血流も良くなります。 腸にも十分に血液が行くようになりますから、腸の動きが良くなってくるという効果もあります。
特殊な例ですが、私の親族で、腸閉塞で入院されている方の施術を頼まれた事がありました。
高齢で、手術をするにもリスクがあるとのことで依頼があったのですが、親族ということで半ばダメもとで引き受けたわけです。 病院には内緒で、手術予定日までの三日間、病室に通い、背骨や骨盤の調整をしてみましたところ、見事に出てしまいました。担当のお医者さんも狐につままれたご様子だったそうですが、手術もする必要がなくなり本当に良かったです。
いつもこのようにうまくいくとは限りませんが、カイロプラクティックには無限の可能性が秘められているのです。

院長の独り言

2012/10/11
ここ数日で急に冷え込んできましたね。風邪を引かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院には、風邪の患者さんは勿論いらっしゃいませんが、筋肉を痛めたり(ぎっくり腰など)、神経痛でお困りの方が増えています。寒くなってくると、やはり筋肉が硬くなったりしていろいろとトラブルが出てしまいますね。どうぞみなさまご自愛ください。お困りの時は、「かなえカイロプラクティック」にお気軽にご相談ください。
2012/10/02
随分と更新をサボってしまいまいた。7月に出した自らの宿題は、まとめてサイドメニューに追加してみました。「当院の施術法について」と「カイロプラクティックとは」も合わせてご覧ください。
2012/07/15
以前から患者様に、「カイロプラクティックと整体はどう違うのですか?」と、いう質問をよく伺います。傍から見ると、カイロと整体、同じような事をしているように見えるかもしれません。しかし、似ていてもその内容はかなり違います。そこら辺を何回かに分けてご説明していきたいと思います。続きは後日。
2012/07/13
首がガチガチでどうしようもないと言う男性が来院されました。原因は、左目の白内障。昨日病院で診察を受け、来月手術されるそうです。目の疲れや、病から、首や肩のコリが酷くなるのはよくある話です。しかし、この男性、私より少し若い方です。白内障は目の老化。そろそろ私もか・・・ちょっとショックです。
2012/07/12
今日初めていらした70代の男性は、足の痛みがひどく、整形外科で坐骨神経痛といわれ鎮痛薬をもらっただけで、あちこちの整体や接骨院にもかかって見たが、一向に良くならないとの事でした。お話をうかがい、簡単な検査をしてみると、どうも坐骨神経ではなく、大腿神経が悪さをしているようでした。早速治療をしてみると、完全ではないまでも7〜8割の症状が改善されました。足が痛いと、なんでも坐骨神経痛と言ってしまいがちですが、結構そうでもないことがあるものです。整体でも、きちんと目的をはっきりさせた施術をされているところもあるのでしょうが、この方が行かれた所は違ったのでしょうか。
2012/07/08
今日は午後から太陽が出て暑くなりました。が、患者様とも話していたんですが、青空に浮かぶ白い雲が、うろこ雲や、すじ雲のような感じで、なんだか秋の雲みたい。オホーツク高気圧が強いのでしょうか。夕方になると冷たい風が吹いてきます。クーラーは助かるけど、なんだか変ですね。
2012/07/07
本日は、四国は香川県高松からご家族で治療に来ていただきました。古くからの患者様ですが、高松にはなかなか気に入る治療院がないとか。当院を長く気に入って頂き有難うございます。
2012/07/06
今日はとても懐かしい患者様がいらして下さいました。なんと21年ぶり。当時は手の痺れを治しに通っていただき、あれからすっかり良くなられたそうです。今度は腰痛でお越し下さいました。もう80歳近くになられるのに、とてもお元気そう(腰痛以外は)。20年以上経っても私の事を忘れないで、頼りにして下さるなんて、本当に治療家冥利に尽きます。ありがとうございます。
2012/07/05
今日は朝からの蒸し暑さに負けて、午前中からエアコンをつけてしまいました。勿論28℃設定ですが。とにかく暑がりの私ですが、当院に来て頂いている方々は冷えに弱い方が多いため、エアコンは出来る限り控えめにがんばっているのですが、この湿度にはかないませんでした。やせ我慢をして、熱中症になってもいけませんからね。
2012/07/04
今日は午後から本当に暑くなりましたね。今日は、足がつると言う方が何人かいらっしゃいました。根本的な原因は腰にあるのですが、汗をかいて失われたカリウムやナトリウムをスポーツドリンクで補えば、つりにくくなります。甘いのが苦手の方は、クエン酸をお試し下さい。かなり酸っぱいですが効果があります。もちろん、腰の歪みは治しておかないといけませんよ。
2012/07/03
どうもここ最近、冷えからくる腰痛や神経痛が多いですね。日中蒸し暑くても夜になると結構気温が下がっています。布団を蹴飛ばす人は腹巻でもして腰を冷やさないようにしたほうが腰痛予防になるかも。
2012/07/02
本日から不定期になると思いますが、日常気がついたこと、皆様に知っていただきたいことなど、整体、カイロなどの施術に関することばかりでなく、思いつくままにひと言二言つぶやいてみようと思っています。どうなりますか。

更新情報・お知らせ

2013/09/18
リンク3を追加
2012/10/05
「O脚・X脚矯正」を追加
2012/10/02
「カイロプラクティックとは」を追加
2012/09/27
「当院の施術法について」を追加
2012/09/27
「カイロプラクティックと整体の違いについて」を追加
2012/07/02
「院長の独り言」開始
2012/03/07
関連リンク追加
2011/11/30
関連リンク追加
2011/05/21
「推薦のおことば」内容追加
2011/05/02
関連リンク追加
2011/02/02
関連リンク追加
2010/12/05
関連リンク追加
2010/12/03
関連リンク追加
2010/11/29
関連リンク追加
2010/11/28
リンク追加
2010/11/16
ホームページリニューアル

こちらもどうぞご覧下さい

患者様からの声をご覧ください

お知らせ

かなえカイロプラクティックは、日曜・祝祭日も休まず診療しております。

かなえカイロプラクティック院長

かなえカイロプラクティック院長 鼎 尚生■当院では、平日にご来院いただけない皆様のために、日曜、祝祭日も診療いたしておりますのでどうぞご利用ください。
■また、当院の受付は夜8時までとなっておりますが、最終予約が8時まででございますので、8時までにご来院いただければ結構です。
どうしても夜8時には間に合わないという方は、時間外もご相談に乗りますので、ご遠慮なくご連絡ください。
■尚、日曜日だけは、午後2時からの診療となりますので、ご了承ください。これも、多少の時間外(1時頃からですとか)でしたら、お受けできます時もございますので、ご相談ください。ご連絡お待ちしております。
ご予約のお電話は  047(321)0621

■今年も残すところ後わずか。今年は、早くから寒さが厳しくなっています。
年末の忙しさで身体はヘトヘトな上に、この寒さで筋肉はカチカチ。さらに休日は、慣れない大掃除と来れば、その次に待っているのは、恐ろしいギックリ腰です。
そうならない為にも当院で整体施術を受けて身体を整えておいて下さい。転ばぬ先の杖です。
もし、杖を着く前に転んで(ギックリ腰になって)しまいましたら、当整体院にご相談下さい。年末は31日までやっておりますし、年始も3日からですから、初仕事に何とか間に合いますよ。 
また、そんなにたいした症状がなくとも、「少し疲れているなあー。」と、お感じになられているなら、時間をお作りになって、当院へお越し下さい。
 来て良かったと思っていただけるように心を込めた施術をさせていただきます。
  どうか皆様、お身体を御自愛下さい。
 そしてなるべく、お身体がどうしようもなくなる前に、当院にご相談下さい。(笑)
市川整体院かなえカイロプラクティック院長              鼎 尚生(かなえ ひさお)

リンク