MIDIMASK詳細

TOP PAGE

format0のファイルのチャンネル1から9までの音程データを変更します。
format1の場合は、第一トラック中の1から9チャンネルの音程を変更します。
1から4チャンネルは逆の音程を取ります。
0→127、1→126、2→125…
5から9では1から120までで1オクターブ毎に逆の音程にします。
オクターブデータをはずしたものを逆にします。C→B、C#→A#、…120以上は変化しません。

デフォルトの状態で、このような変換をしますが、 MASKDATA.DATというファイルで設定を変えることができます。
このファイルによって可逆もできれば、変換用、戻し用ということもできますし、 単純に変換だけということもできます。

MASKDATA.DATのファイル構造は、 このファイルは1チャンネル128ノート×16チャンネル
のバイナリデータです。このファイルをMASKDATA.EXEと同じフォルダ内に入れると このファイルが有効になります。
MASKDATA.DATサンプル(1から9チャンネル逆音程)
MASKDATA.DATサンプル(1から9、11から16チャンネル逆音程)

デフォルトの状態で変換したサンプルです。

涙があふれるほどに
メロンしてみて。


FAQ

SMFやMIDIについて基本的なことについては、MIDI解説ページなどでご理解の上でお使いください。

Q:通してみても変化が見られないんですが。
A:SMFはformat0でないと変化はあらわれません。
  format0については、猫でもわかるDTM ファイルを参照してみてください。

Q:解凍した所、本体とヘルプのみでDATファイルが添付されていなくてですね・・・
A:デフォルトの設定が内臓されているので無くても大丈夫です。

Q:MASKDATA.DATはどう編集したらいいのでしょうか
A:特に編集用のソフトは用意していないので、バイナリエディタなどで編集してください。

TOP PAGE