ハマダイコン
(浜大根)

アブラナ科 越年草
花 期 3〜5月
草丈 30〜60cm
 観音崎とその周辺の浜でハマダイコンが花盛りだ。白に薄紫のコントラストが美しいハマダイコンの花は,真夏のハマユウと並び海辺が良く似合う。
2005.5.4
 
 
 
 
 
 
 
 ボランティアで浜辺を案内していると,「ハマダイコンは食べられますか?」と尋ねられることが時々あるが,青首大根や三浦大根と違い細くて堅いため,残念ながら煮ても焼いても食えない代物である。

 ところが先日,テレビの旅番組をなにげなく見ていたら,ハマダイコンの根をワサビのように摺りおろし,薬味として使用している場面があった。ボヤッと見ていたため,何処の地方の話か聞き漏らしてしまったが,今度一度試してみようと思う。

 尚,下の写真は,ハマダイコンの繁殖力が旺盛なため,イソギク・ハマユウ・ハマナデシコ・ハマカンゾウ・ソナレマツムシソウ等,他の海岸植物保護地内で増殖しすぎるのを抑制するため,ボランティア作業で間引きしたものです。
 

ハマダイコンの太さは,人の手の親指程度
ハマダイコンの種子
 

2005.5.23
 

2006.6.2
ハマダイコンのロゼット
 

2005.1.21
ハマダイコンとアオスジアゲハ
 
 まだアゲハチョウ類が少ない春先,アオスジアゲハがハマダイコンの花を吸蜜している姿をよく見かける。白地に淡い薄紫の花と,アオスジアゲハの黒と青い筋のコントラストが美しい。
 

2005.5.10
 

2005.5.10

「観音崎の植物たち」へ

トップページへ