「着うた」簡単作成 VER2.5.1(最終版)
※以降の更新はございません。
ここでご紹介する作成方法は、手持ちの「Wave(wav)」及び「MIDI」ファイルを携帯電話で「着うた」「着ボイス」に登録可能なファイルへ変換する方法について説明しております。(低音質バージョン)対応携帯電話会社は「au」「EMobile」「SoftBank」の各社様で,「docomo」様には対応しておりません。
AUアンドロイドスマートホーンには対応しておりません。スマートホーンはMP3音楽ファイルを着うたとして登録できます。このページは従来の携帯電話用のものです。
本ページは2部構成ですので、「Wave(wav)」編の後に「MIDI」編が記載されています。
★簡単に着うた、着うたフルを入手するには★
現在、各携帯電話会社様の方で配信されています。そちらのサービスをご利用になることで確実に再生できる着うた、着うたフルが入手可能です。変換などの手間要らずですので是非ご利用ください。詳細やサービスの有無などについては、各携帯電話会社様のサイトよりご確認ください。
★au様・・・http://www.au.kddi.com/
★SOFTBANK様・・・http://mb.softbank.jp/mb/
★DOCOMO様・・・http://www.nttdocomo.co.jp/
★ウィルコム様・・・http://www.willcom-inc.com/ja/index.html
★emobile様・・・http://emobile.jp/

★ 「Wave(wav)」ファイル編 ★


1.ダウンロード(使用するソフトウェア)
Wave to SMAF コンバータ (WSC-MA2-SMAF) フリーソフト
入手先 http://smaf-yamaha.com/jp/tools/downloads.html
2.インストール 
インストーラーが無いので、ダウンロード後に任意の場所に保存し、必要に応じてショートカット等を作成してください。
手持ちの「Wave」ファイルを利用する場合はWave to SMAF コンバータ (WSC-MA2-SMAF)のみで作成できます。「Wave」が無い場合の作成方法については「高音質で自由に作りたい」のページをご参照ください。
3.作成方法
(1)ソフトウェアを起動する
(2)「Wave」ファイルを起動した画面へドロップする。
・ドロップ後に以下のような画面が表示されるので、「保存」「転送」にチェックを入れ、音質をあげたい場合は8kHz、低音質の場合は4kHzを選択して「OK」を押す。作成される「着うた」は「Wave」ファイルの先頭から66秒間演奏(再生)のファイルのみです。
(3)「着うた」完成!!
・作成終了後は「close」を・・・
4.ファイル転送
作成した「着うた」ファイルはパソコンよりケーブルやメールにて携帯電話へ送信してください。

★ MIDI編 ★

1.ダウンロード(使用するソフトウェア)

●ATS-MA7-SMAF フリーウェア

入手先 http://smaf-yamaha.com/jp/tools/downloads.html

※このソフトウェア以外で作成したい場合やMIDIを自作したい場合はこちらに関連ソフトウェアをご紹介しております。

2.インストール

ダウンロードしたプログラムをダブルクリックするとインストーラーが起動しますので、あとは案内に従ってインストールを完了させます。

3.作成方法

(1)ソフトウェアを起動する

起動時、以下のような画面が表示されるので「OK」をクリックしてください。

(2)「MIDI」ファイルを起動した画面へドロップする。

起動後、ソフトウェアに以下のような画面があるので、ここへ変換するMIDIファイルをドロップする。

※MIDIは自作曲を対象としていますが、その他一般公開されているサイト様のものもご利用になれます。但し、サイト管理者様や作者(著作権保有者)様が許可している場合に限ります。

(3)変換操作

変換操作は、ソフトウェア本体上部のメニューより「File」→「Export」→Export SMAF」と操作すればよい。または赤い「保存」アイコンでも可能です。

(4)保存先指定

「Export」(保存)操作をすると以下の画面が現れますので、任意の場所へファイル名を指定して「保存」ボタンを押す。

(5)「着うた」完成!!

着うたの完成後、ソフトウェアを閉じる操作をすると以下の画面が現れるので、「いいえ」をクリックして終了します。

4.ファイル転送
作成した「着うた」ファイルはパソコンよりケーブルやメールにて携帯電話へ送信してください。
《ファイル転送について》
ファイルを携帯電話に転送する方法は、キャリアー等で違いがあるかと思いますが、auの場合は付属のPCケーブル(USB)を使用することで通信費がかかりません。この場合、機種対応のドライバをPCにインストールしていることが必要です。詳細につきましては携帯電話付属の取扱説明書にてご確認ください。
ケーブル未対応のキャリヤーや機種の場合は、携帯電話へメールで送信してください。
※注意・・・ファイルサイズが300KB以下という大きなサイズになりますので、パケット定額プランに加入されていない場合は、パケット定額プランにご加入の上で行ったほうが良いです。キャリアーやプラン等で違いがあるかと思いますが、おおよそ500円程度の通信費がかかります。機種やキャリアーによっては対応(再生)できない場合がございますので予めご承知ください。再生保証はいたしておりませんので、ご利用は自己の責任の下でお願いいたします。
戻る