中村開己(なかむらはるき)

Haruki Nakamura

自称カリスマペーパークラフター
 
人を楽しませるというコンセプトで作品を作っています。
一度見たら一生忘れられない作品が目標です。
 

1967年富山県に生まれる。
27才の頃「ペーパークラフトの技法百科」という本を見てペーパークラフトに目覚める。
その後2、3年おきに作ったり作らなかったりを繰り返し、2000年頃本格的に作品の制作を始める。
2003年アートマーケットに出展し、人に受ける楽しさを知り作風が変わる。
 
僕の作品は細かく言うとペーパーエンジニアリングというジャンルなんですがあまり日本ではこの言葉が知れ渡っていないので人に聞かれればペーパークラフトをやっていると答えています。
最初の頃はそれでも僕の作品はペーパーエンジニアリングというジャンルで・・・と
説明していたのですが、まあ考えてみるとペーパーエンジニアリングもペーパークラフトの一部なのでそんなに力説しなくてもいいかと思い、最近では作品について詳しく聞かれた時にだけ説明しています。


作品に関するご質問やご感想はお気軽に メールでお問い合わせください。
ペーパークラフトの設計のご依頼もお受けしております。