結城美栄子さんは女優としての活躍と同時に陶芸家としても活動されています。又、芸術性の高いホテル、西新宿の「パークハイアット東京」ではメインアーティストとして、さまざまな空間に結城作品が飾られてあります。ホテル入口の「ガッツイー」と名づけられた1メートル以上ある仮面や、エレベーターのなか、デリカテッセンでは不思議な人形たちがお出迎えをしてくれています。
子供の頃に見た異国の人間の顔や風景、パレードやお祭り・・。結城さんのみえる不思議な無国籍の世界。日本に数多い人形作家の中でひときわ存在感があり、作品は美術館に所蔵もされています。
世界的に有名なアート・ディレクター、ジョン・モフォード氏が、そのオリジナル性と無国性を好まれ、結城作品を世に出した人です。「パークハイアット東京」の他、シカゴ、ソウルのパークハイアットでも、結城作品はホテルを飾っています。
又、空間のなかのイメージアートとして、銀座料亭「神谷」、所沢「CPレストラン」、パリ・レストラン(現在建設中)でも結城作品は取り入れられています。これらは別注により創作されたものです。
上方銀花の姉妹店・一穂堂ニューヨークでは2008年「きつねの嫁入り」をテーマにし、現地のマスコミにも取り上げられ大絶賛されました。2009年には銀座一穂堂にて開催、その時、「メイロン/ジャージャー」をご覧になった友人で女優の真野響子さんが婦人画報に提案、4月発売の5月号(P42-P43)で大きくとりあげられました。結城さんの暖かく慈悲深いお人柄に惹かれる人々は芸能界・演劇界には多く、親友の真野響子さん、吉行和子さん、佐藤知美さんらが、結城さんの尽きることのない想像力を称賛しています。

 この度、ここ大阪で結城美栄子・陶彫展『銀花爛漫』を開催します。銀花に因んで作品は銀の花で飾られ、又、幸運を招くヴィリケンにも結城さんの上方への熱い想いが込められています。関西では唯一、上方銀花が結城作品と皆さまを結ぶお手伝いをしております。初日には結城さんも駆けつけ、特別イベント「結城美栄子&猪野佳久(ギター)の詩の朗読会」を行う予定です。是非とも、関西の方々にもご覧いただきたいと願っております。 (来廊記念イベント)

Copyright(C)KamigataGinka. all rights reserved 2010