その後の話

 

病院を変わって暫くした時「皮膚の一部」を手術しないといけないことになった。

 

それで、前病院(日赤)で、麻酔により「喘息の発作」を起こすと言う事を利由に

「ステロイド」の点滴をしました。

 

  *喘息の患者は、全て「ステロイド」の点滴をすることがこの病院の方針であると言う

  説明があり、眼科の医師は、緑内障には影響はないとの断言で手術をした。

 

その結果、数時間で眼圧が異常に上昇して「視野が狭く」なったのです。

 

つまり私の体は「ステロイド過敏症」と言う事が分かった訳です。

 

  *ステロイドと緑内障の関係は、インターネットでも取り上げられている事。

 

この度の手術は、できることなら「ステロイド」を使わないでできないものかと

眼科医と相談をしてもらい皮膚科で『パッチテスト』をしました。

 

結果、麻酔に対して「喘息の発作は起こらない」と言う事が証明されたのです。

 

今、考えると前の病院で「ステロイド」を使ったことは、緑内障を進行させるだけで、

何ら意味はなく「身体に害」のみを及ぼしたことになり、心外に耐えない結果になった

のです。

 

もう少し慎重に「パッチテスト」をして、体に最適な治療を受けていれば

こんな災難から逃れる事ができたのにと後悔しています。

 

『病院の選択』が如何に大切な事であるかということです。

 


 

*パッチテストの内容

腕に麻酔薬を「手術に必要な量まで徐々に増量して」反応を見た。

要した時間は、約30分ぐらいの時間です。