このサイトは鎌倉を舞台とするミステリを中心とした文学作品等を紹介するサイトです。
 MENU
このサイトの説明
参考文献
 鎌倉を舞台にした作品
ミステリ小説
青春・恋愛小説
BL・官能・ラノベなど
時代小説
昭和中期以前の作品
名作の中の鎌倉
絵本
アニメ・マンガ
ミステリドラマ
映画
鎌倉ゆかりのミステリー作家
 鎌倉の観光スポット
鎌倉の施設一覧
今は無き名スポット
ミステリー的ハイキングコース
鎌倉小径うらさんぽ
 鎌倉限定グッズ
鎌倉限定キティあれこれ
鎌倉大仏あれこれ
鎌倉のサブレあれこれ
 リンク
鎌倉関連リンク
素材・その他リンク

MYSCONに協賛しています

もうひとつのわたしのサイト


管理人に御意見等がある方は
上の小鳥をclick!
現在の作品数  作品掲載
ミステリ小説(古典) 作品 BL・官能・ラノベ 作品
ミステリ小説(現代) 作品 時代・歴史小説 作品
青春・恋愛小説 作品 アニメ・マンガ 作品
昭和中期以前の作品 作品 名作の中の鎌倉 作品
絵本 作品
更新情報
 9月13日 更新
ミステリ小説(古典)リスト4件追加 仁木悦子『二つの陰画』『肌さむい夏』『白い部屋』
      『冷えきった街』
アニメ・マンガリスト1件追加 『戦国コレクション』「Refined Bard」


鎌倉が舞台となる作品の新刊情報
こぐちさんと僕の
  ビブリアファイト部活動日誌  
峰守ひろかず
 鎌倉のとある高校に通う1年生・前河響平は、校内に50年以上前から建つ旧図書館を維持するたったひとりの図書部員の美少女・卯城野こぐちと知り合った。しかし、生徒会は老朽化する図書館を廃止する議決をしたため、こぐちは響平を巻き込んで施設存続を賭けた「ビブリアファイト」を行うことになった。そんな彼女に北鎌倉の古書堂の女性店主がアドバイスをすることに…。「ビブリア古書堂」シリーズのスピンオフ作品。
こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌を購入する
ビブリア古書堂の事件手帖7   三上 延
 北鎌倉駅近くに建つビブリオ古書堂に一人の男がやってきた。彼は横浜の古道具商の吉原喜市と名乗り、久我山家から手に入れた太宰治自家用の「晩年」を800万円で買い取れと栞子に交渉してきた。どうしても「晩年」を手に入れなければならなかった栞子はその不利な条件で買い取ることを決意するが、さらに吉原は彼女にシェイクスピアの古書に関するある交渉をしてきた…。「ビブリア古書堂」シリーズ最終作。

ビブリア古書堂の事件手帖7 を購入する
鎌倉おやつ処の死に神3  谷崎 泉
 小説家となった柚琉は、妹が経営する鎌倉山の甘味処の駐車場で、16年の間姿をくらましていた父・重吾と再会した。永い間会わずにいたことだけでなく、実年齢より年老いて見えた父の容姿に柚琉は言葉を失った。後日、柚琉は妹の和花と共に父に会いに行き和花は父との再会を喜ぶが、その翌日彼らのもとに父の訃報が届く…。「おやつ処」シリーズ最終作。


鎌倉おやつ処の死に神 3 を購入する
ペギーの居酒屋  喜多嶋隆
 ハワイ育ちのペギーは、勤めていた広告代理店を辞めふと立ち寄った居酒屋の店を手伝うことに。彼女の頑張りや周囲の応援から店は徐々に立ち直ろうとしていた。しかし彼女は会社を辞めたことを母に伝えていなかった。そんな母も腰越の実家を家出同然で出ていったままワイキキ暮らしとなっているが、特に頑固な父には何も話せずにいるようだ。そんなある日ペギーのテレビ出演をきっかけに家族が集まろうという作戦をねるのだが・・・。

ペギーの居酒屋を購入する
書籍・画像の掲載は引用の範囲です。転載厳禁で願います。
Copyright ( C ) 2005-2017 “Kamakuranotomo”/ All rights reserved
.
鳥サブレ大集合
第1回
はとっち選抜総選挙