このサイトは鎌倉を舞台とするミステリを中心とした文学作品等を紹介するサイトです。
 MENU
このサイトの説明
参考文献
 鎌倉を舞台にした作品
ミステリ小説
青春・恋愛小説
BL・官能・ラノベなど
時代小説
昭和中期以前の作品
名作の中の鎌倉
絵本
アニメ・マンガ
ミステリドラマ
映画
鎌倉ゆかりのミステリー作家
 鎌倉の観光スポット
鎌倉の施設一覧
今は無き名スポット
ミステリー的ハイキングコース
鎌倉小径うらさんぽ
 鎌倉限定グッズ
鎌倉限定キティあれこれ
鎌倉大仏あれこれ
鎌倉のサブレあれこれ
 リンク
鎌倉関連リンク
素材・その他リンク

MYSCONに協賛しています

もうひとつのわたしのサイト


管理人に御意見等がある方は
上の小鳥をclick!
現在の作品数  作品掲載
ミステリ小説(古典) 作品 BL・官能・ラノベ 作品
ミステリ小説(現代) 作品 時代・歴史小説 作品
青春・恋愛小説 作品 アニメ・マンガ 作品
昭和中期以前の作品 作品 名作の中の鎌倉 作品
絵本 作品
更新情報
 11月4日 更新
ミステリ小説(古典)リスト1件追加 野村胡堂『銭形平次捕物控 仏師の娘』
青春・恋愛小説リスト2件追加 柳内英二『五月の海』
黒川 創『橋』
BL・官能・ラノベリスト7件追加 瀬王みかる『おやつカフェでひとやすみ
               しあわせの座敷わらし』
       『おやつカフェでひとやすみ
               しあわせの座敷わらし』
和泉 桂『スープ屋かまくら来客簿
     あやかしに効く春野菜の夕焼け色スープ』
五嶋りっか『鎌倉ごちそう迷路』
喜多嶋隆『DUET』
あいま祐樹『千里眼探偵部1 チーム結成!』
睦月影郎『流星刀しのび恋』
時代小説リスト2件追加 諸田玲子『ともえ』
加賀千寿『鎌倉とりかえばや奇譚 第二部 鎌倉編』
昭和中期以前の作品リスト7件追加 宮本百合子『冬の海』『この夏』
伊藤野枝『ある男の堕落』
永井荷風『寐顔』
太宰 治『狂言の神』
神西 清『夜の鳥』
高浜虚子『椿子物語』

鎌倉が舞台となる作品の新刊情報
おやつカフェでひとやすみ
       死に神とショコラタルト  瀬王みかる
 江ノ電沿線の小高い丘の上にある古民家カフェ「たまゆら」はイケメン三兄弟で経営しているが、SNSでは「店内にいる座敷わらしに会えると、いいことがおきる」という噂も広まり、多くの客が訪れていた。そんなある日、店に黒いコートを着た男がやってきた。彼は「死に神」と名乗り、三年前に瀕死の重傷を負った三兄弟の三男・綾人をあの世へ連れていくというのだが…。

おやつカフェでひとやすみ 死に神とショコラタルト を購入する
スープ屋かまくら来客簿
  あやかしに効く春野菜の夕焼け色スープ  和泉 桂
 北鎌倉に鎌倉野菜を使ったスープが自慢の小さなお店「スープ屋かまくら」がある。店はイケメンだがコミュニティ障害の兄・琳と、人当たりのいい弟・乾が経営している。しかし2人は古く愛された道具にとり憑く付喪神(つくもがみ)と交流ができるという能力を持っていた。そして二人は、市内のところどころにいる付喪神の暴走を止めるため、今日も市内を駆け回るのだが…。
スープ屋かまくら来客簿 を購入する
鎌倉とりかえばや奇譚 第二部 鎌倉編  加賀千寿
 朝廷と手を組み幕府を倒すために鎌倉へやってきた紗月。源義経と静御前の血をひく彼は、女装をして「千鶴」と名乗り、有力御家人・平賀義信の養女となった。一方、紗月と瓜二つの容貌を持つ娘・千鶴は、紗月に自分の替え玉として武蔵国畠山庄に残るよう指示されていたが、領主の畠山重忠親子と共に幕府のある鎌倉へ向かうことになった。果たして二人は首尾よく幕府をうち果たすことができるのだろうか…。
鎌倉とりかえばや奇譚 第2部: 鎌倉編を購入する
鎌倉ごちそう迷路  五嶋りっか
 働いていたデザイン事務所をリストラされた26歳の竹林潤香は、一人暮らしをして3年目となる鎌倉市内を散策して気を晴らすつもりだったが、中途半端な自分に嫌気がさし、さらに実家の母からの干渉や友人の活躍にモヤモヤする日を過ごしていた。しかしそんな彼女の心に灯をともしたのが、古民家和風ダイニング「かまくら大仏」の料理人・鎌田倉頼、通称「鎌倉さん」だった・・・。

鎌倉ごちそう迷路を購入する
書籍・画像の掲載は引用の範囲です。転載厳禁で願います。
Copyright ( C ) 2005-2017 “Kamakuranotomo”/ All rights reserved
.
鳥サブレ大集合
第1回
はとっち選抜総選挙