超簡単!カクでもできる!〜鮎釣り小道具の自作(駄作)の部屋〜

 鮎師の多くは、アイデアマンであり、また、手先が大変器用なものですが、残念ながらカクはこれらに全く該当いたしません。しかし、市販品で満足できないもの(使いこなせないものとも言う・・・)があった場合や、同等のものを格安で作成できると判断したものについては自作することもあります。全くの駄作ですが参考までにご紹介いたします。

 今後の駄作の登場に期待!?たぶん無いと思う・・・

名称 写真 材料 工具 利点 欠点 備考
回転リリアンモドキ(仮称) 写真 ヨリ戻し(小)、目印 不要 やっぱり安く作成できることにつきる。ヨリ戻しとしての効果もあると思う・・・?単に水中糸を天井糸に接続するだけであれば、自動ハリス止め付きのヨリ戻しや、スナップ付きのヨリ戻しで良いのであるが、立ち込みによるベタ竿引き釣りの際の目印の役目も果たすべく、目印を数回固結びして作成している。この目印部分に水中糸を接続するのですが、いまだトラブルが発生したことはない。 個人的に不満はありません。弟子にも自作である旨正直に告白したところ?「エッ!自分で作ったんですか?」とのこと。「これが市販品に見えるかっちゅうの!?」「より戻しを自作したとでも思ったのか?」「おいおい、師匠をおちょくっとるのか!?」等等・・・。どうやら確実にリップサービスのほうは上達しているようです。 ちなみに、自動ハリス止め付きのヨリ戻しを使用したところ、ハリス止め部分から糸切れしたことがある。やはり自動ハリス止めは2回通しをしなければ信用できない・・・。スナップ付ヨリ戻しの使用はいまだ行ったことはありませんが、軽量で安く、かつ、目印になるということから、この回転リリアンモドキを愛用しております。
鼻カン 写真 虫ピン、チューブ ニッパー等 計算したくなくなるぐらいの安い材料費で作成可。虫ピンで作成しているため、鼻以外の箇所でも容易に突き刺さるため背カンとしても使用可能。太軸であり、オトリ鮎にやさしい気がする(逆説なのでしょうか?鼻が切れにくそうで良いような気がするのですが・・・)。 切断部より錆が発生し、見栄えが悪い。切断しないで作成又は透明以外のチューブを使用すれば見栄えの点は解消できると思うが・・・。なにせ弟子からの信用が無い・・・。ちなみに写真右側が少し錆びた鼻カン お徳用鼻カン等、市販品が安く買えるようになっており、現在は作成していない。しかし、先が尖がっている利点は捨てがたい。鼻カン通しが非常に楽である。まれに鼻の穴以外のところに貫通し、オトリ鮎がいわゆる「鼻血を出す」こともあるが気にしない・・・(おいおい・・・)
逆バリ 写真 待ち針 ニッパー等 大き目でつかみやすくオトリ鮎に刺しやすい。太軸及びその形状により逆バリが外れにくい。ハリスの2回通し及び掛けバリ交換が簡単にできる。これまた安く作成可能 個人的に不満はありません。弟子もさすがに逆バリまでにはクレームをつけない(おのれはフィールドテスターか!?)。 正直申し上げまして、伊藤名人ご考案の「スーパーハズレン」をパクリました。当製品を好んで使用しておりましたが、小型のためオトリ鮎に刺しづらく、また、細軸のため後期の大鮎には刺さらないで変形することがあったことから、この形状のすばらしさを継承しつつ、太軸で大振りに作成いたしました。不器用なカクにはとても使い勝手が良いようです。オトリ鮎の負担となるものは、細く小さく軽く作成することが原則であることは重々承知しておりますが・・・(逆の時代・・・?)ちなみに右側が元祖スーパーハズレン
ホームページ 写真 気力? 旧型PC及びHP作成の参考図書(超初心者用) お客様にとっての利点は、あまりないと思う。強いてあげればカクという粗末な鮎師の存在を知ることにより、人格、釣りのレベル及びHPの質等について、優越感を得ることができることぐらいである。 カクにとっての利点は、高齢化に伴うボケ防止及び鮎釣り名人各位との運命の出会い? 1.HP更新の作業を長時間していると、妻から「いやらしいHPばかり見ていると、いつか高額な請求がくるよ・・・」 と要らぬご忠告をいただくこと。

2.飲酒しながら、HPの更新作業を行うため、次のとおり悲惨な結果となってしまう。^酒による能率の低下能率の低下により長時間の更新作業となる。D校間の更新作業により深酒してしまう。た室鬚砲茲蠎魑い里燭瓩僕性や感性が乱れ、誤字、脱字を大量発生させてしまい、また、HPの品位を損なう内容を掲載してしまう。HP更新作業に疲れ果て(「酔い潰れ」とも言う・・・)、大御所各位のHPを拝見しないで寝てしまう・・・。これぞ、本末転倒である。

大御所各位のHP公開情報を釣行の参考として活用させていただいており、この惜しげもない鮎釣りの情報提供について、カクにもできないものかと前々から思っておりました(大した情報ではないのですが・・・)。ある日発生した突然の気まぐれにより、「超簡単」「無料でホームページ作成・・・」などとうたった初心者用のHP作成の参考書を購入してしまいHP作成に挑戦することと相成りました。HPの知識については全く無く、カクの鮎釣りデビューの釣果と同様、ゼロからのスタートであり、参考書から基本的なHTMLの知識を学び、参考書の作成例をそのまま模倣し、「一歩進んだデザイン・・・」等、難しそうなページがあれば、これを飛ばし?何とか作成いたしました。その後、ホームページ登録の際には、プロバイダーから無料で提供されているHP作成ソフトを利用すれば簡単にHPを作成することができたことを知り、参考書を購入した時点で既に無料でなかったことに気がつきました・・・。このHP作成ソフトを利用して作り直すことも考えましたが、大雑把でプライドのないカクですので、このままの状態でHPを開設することといたしました。振り返りますとHPの作成については、鮎釣りに共通するところがあり、基本さえ覚えれば何とかなるようです(「良く言うわ・・・!」)。また、鮎釣り同様、作成者の人格が表れます。よってHP「カクの鮎釣り」は、カクの仕掛け作りと同様、「お粗末で、品位がない・・・」「シンプルなのに読みづらい・・・」等、教育的指導を頂戴しているところであります・・・? HPの作成をご検討している方がおりましたら、「下には下がいる・・・」というカク言を参考として?気軽にHP作成に挑戦していただきたいものです。

その他に戻る