鮎釣りのカク言〜弟子への教示録より〜

「1場所、2オトリ、3にウデ」

 1の場所についてですが、やはり鮎がいないところでは釣れませんので、一番遡上の本隊鮎が居ついていると思われるポイントを探して釣るようにしています。
 理由は、数が釣れますし、また、釣れる鮎の体型が違いますので、下流域でチビヤセ鮎の数釣りをするよりも釣り上げた総重量が多くなります。
 当然、鮎の見栄えも良いため喜ばれます。解禁当初より体長18〜20pぐらいのムチムチボディーの鮎が束でも釣れれば最高です!?
 ポイントとしては、「初期は瀬を釣れ!」の格言どおり、解禁日から荒い瀬を釣っており、結構良い思いをしておりますが、天然遡上の遅れている2005年はどうなることやら・・・

 2のオトリですが、オトリ鮎の選択について私は全く吟味しておりません。運を天に任せています。しかし、良好なオトリ鮎との運命の出会いの機会を増やすべく、3匹購入することとしています。そしてサイズは大きめを選んでいます。理由は釣れなかったときの食卓のことを考えてです(笑)。
 カクと運命の出会いを果たした大半のオトリ鮎は泳ぎません。気を失ったようにして中層を漂い下流に流されていきます。これでは「劣り鮎」です(「劣り鮎師」が鼻カンを通したためです。)。
 そこでオモリの登場です。これぞ「劣り鮎のお守」です。0.8〜1.5号程度のオモリをかませ、ラインにテンションをかけたまま下に送り、このテンションを継続したまま鮎竿を寝かせ、オモリ及び劣り鮎をやさしく沈めていきます。底に入ったらこのテンションを継続したまま扇引きに移行です。追気のある縄張り鮎が居れば一発で掛かってきます。よって釣行のほとんどはオトリ鮎を3匹購入するものの、1匹しか使用していません。2匹目を使用しなければならなくなった場合は、本当にブルーになります。泳がれ釣りに作戦変更し、川底からオトリ鮎を送り出したりします。3匹目出動ともなるとオトリ鮎の追加購入を考え、大移動することとしています。しかし3匹もいればローテーションしながら長時間釣りができますし、胸のポケットには鮎ルアーが2匹もおりますので安心しています?(ちなみに、鮎ルアーで釣れた試しはありません。)
 結局のところ、オトリは大事に扱い、やさしさの釣りに徹しましょうとのことなのかとは思いますが、しょせん「劣り鮎」なのですからオモリをかませて沈めてあげましょう!?

 3のウデにつきまして、全くありません。アシについては超短足であり無いようなものです(ほっといてください・・・)。そこで、休日出勤の代休を平日にとり釣行するよう心がけております。休日に荒れた場所も数日おけば回復します。増水でもすればなおさらです。ウデもアシも知識もお金もない「劣り鮎師」ですのでこれしかないのです。このためプレッシャーに弱く、上達も遅いようです。


「水面が凹んでいるところを狙え」

 故須合名人が水面に顔を近づけて、この水面の凹みを探しているところを満友記のビデオで拝見しました。水面が凹んでいるところとは、川底に石があるため水面が盛り上がっているところの上流部。いわゆる水あたりの良い、石の頭部分と思われ、確かにここは縄張り鮎が付く一級ポイントであり、実際にオトリ鮎を沈めると一発で掛かることが多いです。
 さすがに、カクの場合、水面に顔を近づけて、この凹みを探すなどという高等テクニックは持ち合わせておりませんが、凹んでいるところにはいろいろ入れたくなる性分のようです。ちなみに、「穴があったら入りたい」ならぬ「穴があったら入れたい」というカク言もあります・・・?


「逆の時代」

 村田名人が満友記のビデオの中で語っておられるのを拝見しパクリました。おっしゃるとおりだと思います。
 釣れないと言われながらも何日も竿を出していないサラ場があれば入れ掛かりになりますし、激流等で泳がせ鮎師が敬遠するような場所も竿抜けで入れ掛かりになります。チョイ増水により釣り不可能な濁りが出ていた場合で、この濁りが夕方に取れたときなどは怒涛の入れ掛かりになります。
 共通することは、周りに人がいないということです。逆に、周りに人がいるときは、周りの人たちだけが入れ掛かりになることが多々あります。それは単にカクの鮎釣りが下手だからです・・・。逆でも何でもありません。
 弟子と釣行した際は、先に弟子にポイントを選ばせます。これがまた、遠慮もせずに釣りやすい瀬肩ポイントを選択するものですから、「逆の時代・・・」などと語り、弟子にポイント変更について暗に催促するのですが全く聞く耳を持ちません。


「増水は瀬。渇水はトロ」

 村田名人が満友記のビデオの中で語っておられるのを拝見しました。おっしゃるとおりだと思います。増水は瀬です。サラ場に当たれば、石1個に鮎1匹が着いているかのようです。
 渇水はトロと言うものの、やはり流れに変化のある場所や可能な限り立ち込む又は泳がせ釣りにて、より遠くの竿抜けとなっているサラ場を狙う必要があるでしょう。泳がせ釣りで勝負するのが基本なのでしょうが、サラ場なら引き釣りで十分釣れます。
 余談ですが、大増水の際に、ぜひ瀬に立ち込んでいただきたい方がいるのは私だけでしょうか?(ダークなカク)。


「釣果は、オトリ鮎の川底の移動距離に比例する。」

 とにかく、引くなり、泳がすなり手段を選ばずオトリ鮎の移動距離を稼ぐことにしております。鮎が少ないときなどは、泳がせの練習に最適です。オトリ鮎を何度も下から上流に上らせ満足していました・・・?いやいや、これではだめです。泳がせの練習ではなく泳がせ釣りの練習です。筋を変えて泳がせなくては釣りになりません。このことは引き釣りにも言えると思います。
 さて、他の鮎師について見学しておりますと、セオリーどおり、竿先まっすぐ、目印キープにより、鮎釣りをしている方が多数いらっしゃいます。確かにオトリ鮎が見事に底に入っていると思われるものの、この竿先まっすぐ、目印キープに満足しているものか、このままオトリ鮎も鮎師も全く動かないまま数分経過・・・。見学していて飽きてしまいました。これでは根ガカリと一緒です。泳がせるなり引くなりして、オトリ鮎を移動すべきと思います。そして、目印の動きに変化があった場所にて、止め釣りをすべきと思います。群れ鮎の見釣りの場合は別ですが・・・。ちなみに昔のカクもこうだった・・・。
 また、オトリ鮎の移動距離を伸ばすためには、鮎師の足及び機械式牛車による援助も重要になります。同行者が多数であれば、オトリ鮎のサラ場の移動距離が少なくなりますので、機械式牛車による大移動が必要になると思います。別の表現とすれば、鮎は「足で釣れ」ということになろうかと思います。


「男は強くなければ生きていけない。しかし、やさしくなければ生きる資格もない。」

 やはり、「鮎師も鮎竿も強くなければ生きていけません」とは言いません。また、「オトリ鮎の扱いがやさしくなければ友釣りをする資格はありません」とまでも言いませんが、川岸で鼻カンと逆バリをセットし、ポイントまで数十メートルもオトリ鮎と散歩をする鮎師をお見受けし、「オトリ鮎が弱るのでは?」と思いましたが、良く考えたら竿抜けポイントの散歩釣法という高等テクニックであったものでしょうか?


「基本はナイロン」

 基本をマスターせず、デビュー当時から細糸哲学にかぶれ、なかなか上達しなかったカク。弟子には、基本はナイロン糸である旨教示し、ナイロン水中糸仕掛けを主に提供しています。「単に単価が安いから」という説がある。
 ちなみに弟子はいまだに自分で仕掛けを作れないと思う。また、掛けバリも弟子に提供している。どういう師弟関係なのじゃ!?と思う・・・。
 なお、弟子に金属糸仕掛けを提供したところ、感度が良くて楽しい旨語っておったが、ナイロン糸による基本の泳がれ釣りを弟子がマスターしたものかは、いまだ不明である。


「変化を釣れ」

 良く言われることですが、変化のあるところに鮎はおり、また、変化によって釣れるようです。変化といっても大きなものから小さなものまで、天から地まで・・・。いろいろある訳ですが、弟子には「いろいろな変化を体験して会得するように・・・」と教示していますが、うまく説明できないだけだったりします。


「見える魚は釣れない」

 橋の上から見ると、瀬肩のカガミで鮎が「ギラッ」と食んでいるところを良く見ますが、竿を出してみてもさっぱり釣れないことが多いものです。とりあえず、鮎がいるという事実に安心してだまされてしまいます。しかも何度も・・・。そして、懲りずに・・・
 そこで、弟子にこの一言です。単なる川見の失敗に対する言い訳との説があります。


「夕方から釣れる」

 やはり、鮎は夕方に入れ掛かりになる例が多いようです。そして、この夕方の入れ掛かりを信じ、釣れなくても粘ります。大体、日が山に隠れて暗くなるまで釣りをしていますが、弟子にもいろいろおりまして(2人しかいませんが・・・)、「17:00までに家に帰りたい・・・」などと言うものがおります。
 そこで、この一言です。鮎師がサギ師に変わる瞬間です。「もう少しだから・・・」などと、小さな子供をだましているかのようです。


「鮎釣りして温泉に入った後に飲むビールは最高に旨い」

 本当にそう思います。弟子と鮎釣り合宿と称し遠征を行い、温泉入浴後、川原のテント内で飲むビールは最高です。鮎釣り仲間を増やすべく、鮎釣りにお誘いする際にこの言葉を発しますが、鮎釣り道具購入の初期費用が高い等の理由で断られます。残念・・・


「大鮎には大バリ、小鮎には小バリ」

 「初期は大バリ、後期は小バリ」との全く異なる説もございますが、瀬釣りでの基本はこれだと思います。まめなハリ交換は当然大事ですが、ハリのサイズにも気を使いましょう。
なお、弟子には頑バリなさいです。


「朝瀬、昼トロ、夕ノボリ」

 基本はこれである旨弟子に教示するものの、当のカクが実践していません。基本的には瀬で釣れなかったら、ポイントを変えトロ場を狙い、トロ場も釣れなかったら、その他のポイントを狙い、それで釣れなかったら、機械式牛車にて上流のポイントに自分がノボリ、日が暮れるまで釣りをすることとしております(「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」というカク言もあります。)。
 しかし、低水温等、悪条件の回復が見込めず、また、釣りをしていて楽しく感じられないとき及び胸騒ぎがするとき?は、次回釣行のための場所探し(見学)、若しくは早々に帰宅することとしております。時間を有意義に使いましょう。
 ちなみに育ち盛りの長女に言わせれば「朝は朝飯、昼は昼飯、夕は夕飯」とのこと・・・。幅広鮎になりそうです。


「逃がした魚は小さい。逃げた魚は大きい。」

 釣り上げてから逃がした魚は一般に小さいです。いわゆるタバコサイズのリリースです。釣り上げてから大きい魚を逃がした場合は釣り人のほうが大物なのです。
 ちなみにカクは小物です(男性が所有する体の一部についても小物です。)。逆に釣り上げることができずに逃げた魚は大きいと思います。大きいから無事逃げおおせたのです。仕掛け作りのお粗末さを棚に上げ、そう思うこととしています。
 中には高切れでもないのに、オトリ鮎を連れて逃げるものもおります。マジシャン鮎です。自作鼻カンに原因ありか?「逃げた女房にゃ未練は無いが〜」という歌がありますが「逃げた大鮎」には未練タラタラです。それは鮎が大好きだからです。
 これを教訓として、妻子に逃げられない程度に釣行することとしております。それは妻子を愛しているからです(「うそつけ!」との周囲からの声が・・・。ちなみにカクは自称「愛妻家」なのですが、同僚からは「恐妻家」と言われます・・・)。
 なお、「のろける鮎師は釣果が少ない」というカク言もありますが、ここだけの話ですがカクのことです。ちなみに弟子2号は、彼女ができてから鮎釣りに同行してくれません。まさにカク言どおりであり、とても良いことだと思います。誰しも若かりし頃があるものです・・・


「鮎釣りを教えるときは自分が釣る竿を持ってはいけない」

 近所の釣り好きオヤジ3名にて、平成17年7月17日釣り同好会を結成(カクを含めた2名は鮎師)。その後、過度な酒宴がとり行われ、早速、翌日に鮎釣り未経験者であるご主人に、未熟者であるカクが鮎釣りを教えることになりました。
 弟子1号及び2号に鮎釣りを教える際も同様でしたが、鮎釣りを教えるときには、このカク言です。カクの唯一のプライドのようなものです!?二人で1本の竿を使用し、基本的な鮎釣りのテクニックの習得や、一人で友釣りの一連の作業ができるようになるまで付き合うこととしています。
 これがまた、自分で鮎釣りするより楽しかったりします。鮎が掛かっても何もできず呆然としていた状態から、自分ひとりで鮎を釣り上げるところまで進歩し、喜んでいるところを見るのは楽しいものです。そして、ツ抜けを達成した際には「ツ抜けを達成した初心者のみに弟子の称号を与えている・・・」と語るなどリップサービスも忘れてはいない・・・(「カクの弟子」とは何とも迷惑な称号だと思いますが・・・) 。
 逆に言えば「ツ抜けを達成できる程度の技量を教授できなかった場合、師匠と言われること自体おこがましい・・・」とカクは思っているのである。カク自身についてツ抜けできない釣行が多々あるのに何を語っているのでしょうか・・・。血迷ったか!?


「養殖オトリのような人間になりなさい(M)」

 タライの中から鮎師の熱い手に抱きかかえられ・・・。そして、狭い缶の中に閉じ込められたたまま拉致される・・・
 明るい世界に戻れたと思ったら、突然鼻カンを通される・・・
 泳ぎについて鮎師に最初は期待されるも潜水しなければ「養殖だからこんなものか・・・」と呆れられ、ウエイトの追加、針打ち及び曳きまわし等のお仕置きを受ける・・・
 群れ鮎平和主義にもかかわらず天然鮎には喧嘩を売られ、天然鮎が釣れれば死亡しても苦にもされない・・・
 「姿は鮎でも味は鮎ではない・・・」などと、美食家からは「コケ」を食べて育っていないのにもかかわらず「コケ」にされ・・・
 鮎が釣れない鮎師(カク)には「釣った天然鮎」と詐称されたあげく火葬される・・・
 それでも、不平不満を言わない養殖オトリ鮎は偉いと思う・・・(でも、イヤイヤはする)。
 岩手の偉人、宮沢賢治様のようである・・・


「濁りに強い米代の鮎」

 米代川への釣行なら、熱狂的鮎師なら誰でも数回はあることでしょう・・・。カクにとっては、高速を使えば1時間程度で川原に立つことができるという一番近い天然鮎遡上河川である(上流部の鹿角市内に限ります。)。
 さて、2005/08/04の釣行にて、茶濁りでも鮎が釣れてしまうということを発見。カクが記憶している米代川の定説が覆ってしまった。
 定説:「膝まで入って足が見えるなら十分釣りになる」だったのですが・・・。カク説「立ち込んで鮎師が流されなければ釣りになるかもしれない・・・」(非常にいい加減・・・)
 今後も研究の余地がありそうです。いずれ、増水からの引水、濁りは、大釣りのチャンスです。「濁り」ですよ!「ニゴイ」ではないですよ!?


その他に戻る