バカーボンなカクの戯言検Г匹Δ任發いい任垢茵ΑΑκ

写真

「どうでもいいですよ・・・」の戯言

オプションのソリッド穂先の値段

 鮎竿の定価に比例している価格設定なのですが、あの短く細い穂先でずいぶん価格差がありますな・・・
 使用素材など同じようなものでしょうし?
 高級な穂先には、鮎竿のネームが入っているからなのでしょうけど・・・(特に無くても良いのですけど・・・?)。
 25,000円の穂先の表面は元竿みたいにツルツル仕上げなのかしら・・・(ソリッド穂先だから全部ツルツルとの説が・・・?)
 真面目に、愛竿に9,000円のソリッド穂先が合わないものか考えたりして・・・(笑)
 逆に、穂先だけ「エクセル塩M血」っていうのもありか・・・?絶対ありましぇん!
 それなら、D社のMトップ穂先を合わせたほうが・・・
 しかし、40,000円ぐらいすると言うし・・・。D社の一番安い鮎竿を余裕で買えるからな〜(汗)

玉口補強リング

 鮎釣りの最中、突然「ズズッ・・・」、「ヒュウ〜」と愛竿が悲鳴をあげながら節落ちしてしまうことが多々ありますが、慌てて竿先等を引き出しますと、竹を割ったかのように、玉口部分がスパッと欠けてしまいます(汗)。
 玉口部分の厚みが半分にでもなってしまえば相当凹みます。引抜の際に折れないものかと心配になり・・・
 それでも、結局、愛竿をチェンジせずに鮎釣りを続けてしまうのですが・・・(≠笑)
 最近の高級な鮎竿の玉口部分は、玉口補強リングを装着したり、強化素材を使用したり、繊維方向をクロスにしたりと玉口欠け対策を施しているようであり・・・
 「鮎掛け名人」ならぬ「節落ち&玉口欠け名人」である「カク」としては・・・
 「玉口補強リング」好きです。
 「多少の重量UPなど全然気にしませんので、穂持ちから元竿まで付けちゃってください」
 と言いたい・・・。そして安い鮎竿にも・・・(笑)
 実際、穂持ちから元竿まで「玉口補強リング」が装着されているG社の鮎竿は「フラッグシップモデル」のみであり、その他の鮎竿については、高級品の元竿のみに装着されている程度・・・
 実際問題、「元竿の玉口」が欠けることなどあるのでしょうか?
 上栓もあることだし・・・
 「玉口欠け対策」というより「見栄張る対策」(笑)

 参考までに、自称「節落ち&玉口欠けのフィールドテスター」であるカクの現場での対応をご紹介すると・・・
 大体、入れ掛かりの際に節落ちするものだから(うそつけ!供帽欧討董強引に引き出し作業を行ってしまい「上玉口?」と「下玉口?」が「ガチンコ勝負」してしまい厚みで負ける?「上玉口」が見事にやられてしまうのである・・・
 引抜きの最中に節落ちでもしようものなら・・・。考えただけで恐ろしい・・・
 補足ですが、間違っても元竿上より順に鮎竿を仕舞いこみ、節落ちを解消しようなどと思ってはいけません。仕舞いこんだ「下玉口」が節落ちした「上玉口」に接触し「二次災害」が発生する可能性が非常に高い(自慢じゃないが経験あり(汗)。)。また、仕舞いこむ際、穂先が中空部分を通らず、外側にでも「スルー?」してしまえば、「下玉口」にプレスされ「玉口欠け」どころか中間部分から折れてしまうのである・・・(本当に自慢じゃないが経験あり(涙)。)
 折れないまでも、穂先が3番と4番の隙間から出てきたときには、隙間スイッチが入ってしまい?頭が混乱した。
 「いっつぅあ・ミラクル?マジック?オー!マイ!ゴッド!」であった(笑)。
 必ず上から順番に引き出しましょう!

 「オー!マイ!脱線!」してもうた・・・

 そうそう「玉口補強リング」のお話でした。
 「玉口欠け」など、おバカなカクの経験上、「2番〜4番」の玉口のみに発生しており、「元竿」の玉口など全ての愛竿について綺麗なものです。
 なお、当然、穂先にも玉口欠けが発生したことはない・・・(穂先の構造上明らか!(笑))。
 ということで、「玉口補強リング」を装着するなら「2番〜4番にも!(できれば全部!)」と言いたい・・・
 単に「フラッグシップモデルを買えないから」との説が・・・
 でも、「鮎釣り」にはあまり意味が無いと思われる「元竿の玉口補強リング」ですが、「鮎師釣り」には効果が絶大のようですな・・・
 そう言うカクも釣られてしもうた・・・(笑)
 「狂技スペV検廚諒羸茵元竿以外の玉口に施されている「玉口補強リング【風】」の「シルバー塗装」にも・・・
 しかし、当竿の玉口が欠けてしまったら大変です。
 従来であれば、玉口が欠けてしまった場合、欠けた部分に瞬間接着材を染み込ませ、指プレス加工?を行った上、赤色の本ウルシを塗りこみ「愛竿&自分」を慰めていたのですが・・・
 「銀色のウルシ」などあるのでしょうか?(笑)

 ということで、トップの画像は「百均のD社」購入したで「玉口欠け補修アイテム」なのでした(笑)。

 PS:鮎竿には「玉口補強リング」。カクの短竿には「○○矯正リング」・・・。などと、カクらしく下品な落ちもついたところで・・・。こんな暇があるなら、「鮎釣り仕掛けの点検でもせねば・・・」と冷静に考えたりして・・・(汗)。南の方角では、只今、鮎釣りの真っ最中という鮎師もいらっしゃるのよね・・・(汗連荘)  


その他に戻る