バカーボンなカクの戯言掘Г調子もの?編

写真

 画像は、妻に「勉強しなさい」と言われているにもかかわらず、階段にて隠れてゲームをしている我が家の「お調子もの」

 そうでございました。「2年目のジンクス」とは・・・
 度々「わからないところがあるのですが・・・(マジ)」とか「わからないところがあるのは、いつものとおり・・・(笑)」などと、ご意見等を頂戴しているところでございますが・・・。カクの「誤持論(誤字論)」ですから…(笑)
 粗末なコンテンツの内容&粗末な人格につきまして、この場をお借りし、お許し願います(礼)。
 ということで、「2年目(2番目)のジンクス」とは「鮎釣り2年目に鮎が釣れない」という一般的なお話ではなく、「鮎竿保証期間(1年間)を経過した2年目に鮎竿(2番の穂持)が折れてしまう」という「カク特有?」の「ジンクス&カク言」なのでございます。
 まあ、カクの鮎釣りに関する「貧果&愛竿破損」については、「毎年がジンクス」なのでございますが・・・(≠笑)

 さて、「バカーボンネタ掘廚箸いΔ海箸如
 鮎竿製造並みの「ハイプレッシャー」
 特にネタなど無いのですけど…

 そこで、カクにおいて「鮎釣りの基本」ができていないのに「基本に返り?」(笑)
 「鮎竿の調子」についての戯言…
 鮎竿の調子については色々ありますが基本は次のとおりと思われ…

 これらが融合され、かつ「長竿⇔短竿」も含めると、それはそれは、大変なことになっており…?
 カクのような素人鮎師には、どれをチョイスすれば良いものか「サッパリわかりましぇ〜ん」の世界・・・

 カクが少年時代の渓流竿であれば・・・  と、比較的明快で分かりやすいのですが・・・

 鮎釣りの場合、細イトで「泳がせ釣り」したり、太イトにオモリを装着して「引き釣り」したり、そして「引き抜き」したりと色々な性能が要求されるわけでございまして・・・
 結果、先に述べたとおり、「調子&長短」の融合?により、鮎竿1本毎に調子があるようなもので・・・

 鮎竿を購入する際、本当に苦慮いたします・・・

 結果、「オールマイティーに使用できる鮎竿は無い!」ということになり、カクの場合、様々な調子のスタンダードモデルの鮎竿を購入したりして・・・
 カク的に鮎竿とは「タックル」と言うより「ボッタックル」と言うべきか・・・?

 参考までに、カクが、鮎竿を購入する際にイメージする選択肢は次のとおりです。「掛かる鮎のサイズ、水量、釣法等」により前後するのですが・・・  以上のとおりなのですが、最先端の鮎釣りにこだわっていないため、一般的な鮎師よりも「硬め&重め&安め(笑)」の鮎竿を購入してしまいます。

 この誤持論により、様々な調子の鮎竿を保有しているものの、いざ「実釣開始!」となると・・・

 初期からオモリを使用するので硬めのロッドである「プロH9.0m」or「急瀬9.5m」を選択
 デブ鮎で20cmを超えようものなら躊躇無く「荒瀬」を選択
 結局、早瀬を含めた軟らかい?竿を一度も使用しなかった・・・(笑というか近年恒例のこと・・・)
 '06シーズンは、弟子4号に保有ロッドで一番軽量のエースロッドであった「プロH9.0m」を貸していたため、ほとんど「パワスペ狭喟9.0m」を使用しており、終盤には腱鞘炎になってしもうた・・・(おバカ)
 なお、「オモリ有り」の「引き釣り」に使用するやや細めの穂先が付属しているロッドの場合は、当穂先を詰めて使用していたりします。今年購入の「狂技急瀬」は高級すぎるので穂先カットについて躊躇するなあ・・・(笑)
 そして、穂先を詰める場合、硬めの竿を選択します。以前に「泳がせ釣り」に使用していた軟調子G社中硬10mの穂先を詰めてみましたが、「意味ないじゃん!?」の世界・・・。逆に、ナチュラル泳がせ拝み釣りにより広範囲を攻めることができる長竿のメリットを殺してしまったようなもの・・・(笑)
 
 突然、話が変わり(笑)前回の「カーボンシート編」から引き続き、カクなりに鮎竿の設計?を考察すると・・・
 一番曲がる穂先については、折れない?程度のトン数が低めのカーボンを使用。そして引抜を考慮すればそれなりの太さが必要。特に先調子よりも胴調子のほうが・・・?
 2番の&3or4番については、トン数が高いカーボンを使用し・・・(折れませんように・・・)
 3or4番から元竿までは、「細身の胴調子設計」であれば、トン数が高めのカーボン使用による肉厚仕上げによりパワーの確保&軽量化を図り・・・
 「太身?の先調子設計」であれば、3or4番から元竿までは、トン数が低くめのカーボン使用による中肉?仕上げが経済的なのかな?胴にものってきそうだし・・・?
 基本的に、同じ断面積であれば口径が大きいほど断面2次モーメントが大きくなり、低弾性のカーボン使用でも剛性を確保できるので・・・?
 よって、低弾性カーボン使用により胴にのる設計の鮎竿なのであれば、是非安くしていただきたいものですが・・・
 逆に、とても高価な鮎竿なのですから、先から元まで超高弾性カーボンを使用してもらいたいものですが・・・(笑)
 超高弾性カーボンフル使用で、ある程度胴にのる設計を考えると、必然的に、細身、肉厚設計となり・・・?
 これって、もしや、あの鮎竿?
 最近の流行は、硬調先調子(短ブランクス設計)の1〜3or4番+胴調子(長ブランクス設計)の4or5番から元竿(スローテーパー?)という設計と思われますが、掛けるまでは先調子の良いところを、掛けてからは(特に大型の場合)胴調子の良いところを・・・ということなのかもしれませんが、この設計にも超高弾性カーボンが適しているかも!?
 というより、「既に超高弾性カーボンをフル使用して製造している」と各メーカーより、お叱りを受けるとの説が・・・(汗)
 本当に、「ド素人&バカーボン」なカクの戯言なのである・・・
 そして、カクについては「超高弾性」ならぬ「低男性&低弾性だし・・・(何?)」

 戯言ついでに・・・
 先調子(特に硬調)は、攻撃的ロッドであると考えます・・・
 鮎が掛かることを想定しながら常に「先」を考え行動しなくてはいけません。
 だから「先調子」なのです?
 胴にのらない(カク的には、胴調子より若干、胴にのりにくい程度と思うのですが)=ある意味?強烈なパワーを有しており、引抜胴調子のように「竿に任せてのんびりと・・・」という対応などできないような・・・
 「太イト&大バリ」を使用したうえで、「下竿になる前に・・・」or「下竿になろうが腕力を利用して(笑)」一気に勝負です。
 硬調先調子の使用には、鮎師の「鋭いレスポンス&腕力」が必要かもしれません?
 ということで、体が「硬調」&口が「先調子」である「カク」も、そろそろ、「軟調胴調子」を使用し、堂々と?鮎釣りしなければならない身体能力になっており・・・
 「風切りフォルム?」ならぬ「痛風フォルム!」
 ついでに「難聴同調し」でもあるし・・・
 
 PS:先日、数ヶ月ぶりに愛竿を書斎の奥から引っ張り出し、手入れを行ったのですが、ことのほか「おニュ〜の鮎竿」が他の愛竿より軽く感じたことから、全ての愛竿の「体重測定?」を行いました(上着&下着を脱がせ、いやいや、上栓のみをはずし・・・)。
 その結果「何じゃこりゃ!?」という測定結果となり・・・
 昔のスタンダードモデルの愛竿ほど、公表体重より太っており・・・?
 今度の休日には、愛竿の「身長測定?」をする予定です・・・?
 皆様も、たまには「愛竿」の体重測定をすることをお薦めいたします?


その他に戻る