苦悩日記〜三日坊主純情派?〜

2010/03/07:小動物T
 カクお嬢1号(長女)が、可哀想な小動物を「ハ〜ケ〜ン」
 KM駅周辺にて放置されたダンボール箱の中で「ミャ〜ミャ〜」と鳴いていたらしい…
 妻の携帯電話に早速、当連絡があり…
 妻「可哀想だから早く家に連れてきなさい」と回答しており…
 自宅到着後、ダンボール箱の中には、当小動物1匹、置き手紙&目薬が収められており…
 当小動物、眼が悪いらしく目ヤニがひどく、まともに眼が開かない…
 特に名ばかりの世帯主であるカクの了解を得ることもなく、妻&子の判断にて当小動物を飼育することが決定!
 名前は「ハ〜ケ〜ン者」であるカクお嬢1号が「そら」と命名
 松尾芭蕉のお供か…
 その後、バタバタと飼育用具の準備を行い…
 明日は、カクお嬢2号(次女)の高校お受験なんですけど…
 目が、まともに開かないので「ブサカワ」(不細工&可哀想)ですな…(涙)

2010/03/21:小動物U
 小動物の滋養強壮にと、家族も食べない年越し鮎の素焼きを…
 鮎は、喜んで食べるようであり…(喜)
 カクにとって貴重な食客となったのである…(嬉涙)
 しかし、数日で大きくなるものですな…

2010/04/06:小動物V
 小動物の眼の具合が悪いので、いまだに「ブサカワ」であるが、寝ているときは、そうでもない…(笑)
 何か、癒されますな…

2010/04/07:小動物W
 そらちゃんの本日の寝相…

2010/04/10:小動物X
 そらちゃんの本日の寝相…

2010/05/09:小動物Y
 そらちゃんの本日の寝相…
 少し大きくなりました…まる

2010/05/23:ニュ〜機械式牛車の実力
 妻の愛車(カクの鮎釣り用機械式牛車)を新調した。
 散々、米代川の河川敷にて「ジムニー並み」に酷使された旧愛車については、妻の母に献上することになり…
 「ジムニー乗り」の会長曰く「カクさんのワゴンRは戦車並み…」に酷使されているらしい…(汗)
 日頃のカクは、ノンターボ、マニュアルの四駆に拘っていたのですが…(安いから?)
 時代の流れは、「CVT&低燃費」ということであり、遂に「脱マニュアル化」してしまったのである。
 非力な軽自動車&ノンターボとくれば、「マニュアルでレッドゾ〜ン付近までぶんまわして走らんといかんぜよ…」と思っていた訳であり…(走り屋か!?)
 「AT車よりMT車の方が速い」とも思っており…
 ということで、妻実家へ行く上りの峠道にて「妻のCVT車VSカクのMT車」でのプチバトルとなり…
 先行は「妻」
 追うのが「カク」ということになり…(妻にはバトルの件は伏しているのですが…(笑))
 上りの峠道に入り軽快に駆け抜ける「妻のCVT車」
 レッドゾーン手前付近の回転数を維持し、ギヤチェンジしながら走行するも、全然「バトル&回転数」を意識することもない「妻のCVT車」に付いて行くのが精いっぱい…(汗)
 カクの一人バトルは、あえなく敗北に終わった…
 「ニュ〜モデルにキュ〜モデルが敵う訳が無い…」と一人納得し、「下りならば…」とリベンジに燃える訳でもなく…(帰りは妻と一緒にCVT車でしょ〜)
 ということで、帰りに初めて「妻のCVT車」を運転しましたが「速ぇ〜」(速度制限内…)
 「エンジンブレーキが効かないから…」(へっぽこドライバーカクの極み…)
 きっぱりとMT車への拘りが無くなってしまったヘッポコドライバーのカクなのでした…

2010/07/08:痛風
 めでたく東北の鮎釣りが解禁したところで、カクの持病?妻曰く「誰にも同情されない贅沢病」である「痛風」も解禁?したようであり…(痛)
 数日前より左足に違和感があったのですが…
 妻に、その旨相談するも「お父さんが変な型の靴を履いているからではないか…」と返答され…
 5日(月)の夜から痛風の発作がカクを襲い…
 激痛のピークを迎えるみたいな?翌日6日(火)に病院へ直行!
 お医者様曰く「痛風みたいな…」とのことであり…
 6日(火)〜8日(木)までの3日間、鮎釣りで消費するはずの貴重な休暇を自宅待機に消費してしまいました…
 画像は、治りつつある8日(木)に撮影したカクの粗末な足です。
 色白ですみません
 毛も少なくてすみません(最近、頭髪も…(汗))。
 自宅療養にて動き回らなかったため、さほど左足が腫れておりませんな…
 しかし、とても「痛ぅ〜」
 前回の痛風のときは、痛みのピーク時に無理して出勤し、帰宅の際は悲惨な状態になっていましたからな〜
2010/07/08:同上
 ちなみに、前回の痛風のときは、こんな感じでした…
 右足でした…。3年周期か…?(汗)

2010/08/14:小動物Z
 いつの間にか成長し、色気づいた我が家の小動物
 可哀想なのですが、手術してきました…
 エリザベス&オムツ仕様です。

2010/09/11:小動物[
 手術後、おかげさまで元気になりました…

2010/09/20:キイロスズメバチ駆除
 役所より、我が家の庭にスズメバチが巣を作っており駆除していただきたい旨連絡があり…(驚)
 全然、気付きませんですた…(汗)
 度々、間近で草取りしていた妻も、全然、気が付きませんですた…(笑)
 役所より「防護服貸しますか?」と言われましたが…
 「業者に依頼すると2万円ぐらい…」とも言われましたが…
 鮎師たるもの、ウエット上下を着込み、鮎竿&鮎ダモで対決するのじゃ…(大嘘)
 近所の自治会長の御好意により、スズメバチ駆除用スプレーの提供を受け、普段着で対決!
 と申しますか、自治会長様がスプレーで駆除しているところを傍らで見学していただけのカク…(汗)
 キイロスズメバチは、オオスズメバチほど凶暴でないものか、我々駆除部隊を襲ってきません(襲う手前から鬼スプレー攻撃!)。
 巣が、まだ小さく攻撃部隊の成虫が少なかったから良かったのでしょう…(多分)
 地面にて「参った」しているキイロスズメバチを安楽死させ…?(踏み付け)
 巣穴から出てくる成虫も居なくなったので、しばし自宅待機…
 自宅より、ゴミ袋を持参し勇気を出して一網(袋)打尽…。そのまま封をして日光にて蒸し焼き?
 ゲットした巣&幼虫です…(怖)

2010/10/07:キノコ&ミズ採り
 鮎釣りも終了し、キノコ採りの開始です。
 高級な「マツタケ」などは、もっと早い時期から採りに出掛けるのでしょうが、カクは庶民派のキノコしか採らない(採れない)ので…(笑)
 ということで、安比方面にキノコ採りに出掛けましたが…
 キノコ採りを職業にしている訳でもないのでのんびりと森林浴をしながら倒木探し…
 チャチャッと採取しチャチャッと撤収…
 帰宅してキノコの下処理をしようとするも鍵が無い…(汗)
 家族も不在…(大汗)
 することもないので、姫神山に「ミズ採り」に…
 長靴を履くと足に違和感が…
 「痛風」ではありません…
 家の鍵が長靴の中に入っていたのでした…(喜)
 こちらも職業にしている訳ではないので食卓1回分のミズをチャチャッと採取しチャチャッと撤収…
 帰宅後もチャチャッとキノコ&ミズの下処理を行い…
 山の恵みを堪能いたしました。
 ということで本日収穫のキノコ
 ナラタケ、ブナハリタケ、ブナシメジ&イグチです。
2010/10/07:キノコ&ミズ採り
 本日収穫のミズです。

2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 本日も、森林浴を目的にしたキノコ採りです。
 のんびりと自宅を出発し…
 先行車の流れに乗り国道282号を北上していたところ、先行車と共に松尾八幡平駅に誘導され…
 「ネズミ捕り」の餌食に…(涙)
 1万5千円也
 相当凹みますた…
 悲しいので撮影しますた…
 自分が悪いので仕方が無い…
 しかし、ネズミ捕り担当のお巡り様は低姿勢ですね…
 確かに、罰金取られて高飛車な態度を取られては「泣きっ面に蜂」ですから…(職務お疲れ様です。)
 お巡り様全体がこのようだと良いですね…(悲しい独り言)
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 出ばなをくじかれ「帰宅しようかな…」と凹むカク…
 1万5千円の元を取らねば…(無理)
 と思いなおし安比のブナ林へ…
 先日、雨が降ったことから再度倒木からキノコが出ていることを期待し前回の倒木を周り…
 やっぱり、ありました…
 ナラタケの群生?です。
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 続いて、ここにも…
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 またまた、ここにも… 「ありゃ…」と朽ちた大型キノコを「ハ〜ケ〜ン」 これは、朽ちたブナの巨木に生えると言う「トンビマイタケではないかい…」 収穫時期を逸してしまいましたな…
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 可愛い「クリタケ」も出てました…
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 本日の収穫です…。タライにて水洗い…
 ちなみに支出は1万5千円です…(汗)
2010/10/11:キノコ採り&ネズミ捕り
 ナラタケ、クリタケ、ブナハリタケ&ムキタケが採れました。
 ご近所の「会長&弟子3号様」に「お裾分&違反報告」をいたしました…(笑)

2010/10/16:慎重にキノコ採り
 本日は、慎重にキノコ採りです。
 ネズミ捕り部隊は、いなかった…
 ナメコも出てきました。
2010/10/16:慎重にキノコ採り
 前回ほどは、採れませんでしたが森林浴がメインなので…
 「グランドマザー」に会いました。

2010/12/28:カレイ竿の補修
 12月25日の釣行にて、46pのナメタガレイと引き換えに、カレイ竿の穂先が逝ってしもうた…(涙)
 しかも、釣り保険の更新もしていなかった…(汗)
 「穂先に1万円以上出費するのもなぁ〜」ということで、「がま船カレイ竿」に拘らなければ1万円も出せば、それに代わるカレイ竿を新調できることでもあり…(密かな狙いはD社のカワハギ竿ハヤフネシリーズ)
 とりあえず、最終釣行の30日に間に合うように自己補修じゃ〜
 穂先の中空部分に3oのアルミの丸棒を挿入。エポキシ樹脂で接着
 併せて穂先の外面をステンレス5oの管でエポキシ樹脂で接着
 ブラック塗装&クリア塗装をして良しとしました…
 いずれ、穂先パーツの在庫があれば購入したいものです…
 画像は、逝ってしまった穂先

トップに戻る