釣行日記(公魚道!)

2010/01/26:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜11:00釣行
 祝!「岩洞湖氷上ワカサギ釣り」解禁!
 玉山区民の義務&玉山区民の祝日(休暇を取得しても許してもらえる日?)であることから!?
 本日、解禁日に「会長」と岩洞湖に同伴出勤じゃ〜
 運転手は「会長」が立候補したことでもあるし…
 ということで…
 「会長」に内緒で「発泡系麦酒&肴」をコンビニにて購入し…
 さて、肝心の釣果の方ですが、「解禁日&浅場」ということもあり、暗いうちからランタンの明かりに寄ってきた「ワカ&ヒメ」がポロポロ掛かり…
 「会長」氷下1〜2mにて「サイトフィッシング=見釣り…」
 明るくなると「底」にて「アタリ連発…」
 しかし、「浅場=小型主体」で乗せられない…
 「ツイテない乗ってない〜」の「ミポリン?」の世界…
 ここでも「会長」氷下1〜2mにて「サイトフィッシング=見釣り…」
 「会長」一時の入れ掛かりの時合を逃す…
 時刻も9時を過ぎると「ポツリ……ペース」となりワカサギ釣り小休止…
 画像は、念願の「発泡系麦酒&肴」による迎え酒…
 カクのコンビニでの「発泡系麦酒&肴」の購入を知らなかった「会長」
 引き攣った笑い…
同上
 ということで本日の釣果…
 小型メインの「ワカ198匹&ヒメ6匹」
 「強風&地吹雪」のため午前11:00にて撤収…
 「カク」などは、「ヘッポコ公魚釣師」なので十分満足…
 「鮎」についても「ヘッポコ…」なのですが…(汗)

2010/01/29:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜16:00釣行
 「さて、本日の釣行は、明日が職場のワカサギ釣り大会であり、接待のため仕方なく仕事を休んで…」と言い訳がましいことを冒頭から語りだす「カク」
 実は、職場での同年齢の同期の者が、当ワカサギ釣り大会の担当者であり、「カクちゃん、玉山区民の義務として是非当大会に参加願いたい…&活性化センターにて前泊願いたい…」旨のHメール(いやいやEメール)を頂いたもので…(やっぱり言い訳がましい…)
 やむを得ず?急遽、職場の「上司&玉山区民の年下の同僚」を巧みに口車に乗せ、3名での団体戦に挑むことに…
 「前泊」を催促されれば、当然「ジモティ」の義務として「職務放棄&晩酌の肴の調達」をせねば…
 ということで、この旨「愛妻(恐妻)」に、二週間ぐらい前にサクッと口頭で日程等を報告していたのですが…
 さて、「仕方なく?」ワカサギ釣りに出撃したのですが、カクの習性?により「浅場の小型より深場の大型」狙いに第3ワンドの沖の深場へ…(水深13mほど)
 明るくなり始めてから「ポツ…ポツ…」と「デカサギ」が釣れ始め…
 食い渋ると思われる時間帯も「ポン…ポン…」と釣れ続け…
 結局、「ダラダラ…」と「デカサギ」が釣れ続け夕方午後4時までに「ワカ284匹&ヒメ4匹&モロ数匹」の総数約300匹…
 カクの技量を考慮すれば「奇跡的釣果…」
 画像は、タッパに収まりきれなくなってしまった釣行途中の釣果…
同上
 持ち帰りは、ゴミ袋にて…
 「奇跡的なK点越え…?」正確に重量測定する前に、同期様が「天ぷらに…」
 前泊の一部の方々で「美味い美味い…」と料理したてを飲みながら食していたのですが…
 その後の「カク」に「悲劇」が起ころうとは、この時、知る由もない…
 後日「苦悩日記」にて…?

2010/01/30:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜11:00釣行
 職場のワカサギ釣り大会の当日…
 前夜の「悪夢?」を半分ぐらい忘れ…(「悪夢」で片づけてしまうO型の自分が可愛い…(&怖い…))
 そして、やっぱり前夜の「悪夢?」を半分ぐらい引きずり…
 凹みながら開会式終了後、前日リサーチ済の第3ワンドにて竿出しする「志眠部?誤選抜チーム」
 穴開けし水深を測定するも9mほど…
 沖に移動する根性も無い「誤選抜チーム」
 と申しますか「カク」だけの根性が無いだけだったりする…
 「穴開け&テント張り」もカクが行う仕事だし…(撤収も…)
 「帰りの歩行距離も少なく楽だし…」(笑)
 ということで、カク誤自身の魚群探知機能を信じ、早速釣り場所決定じゃ…
 しかし、意外なことに竿出し開始直後から「でかさぎ」が…
 カク保有4人用テント内での「高過密一人一穴一竿釣法」だったため仕掛けが絡みまくり…
 それでも「ポロポロ…」と釣れ続け…
 「こりゃ優勝か!?」と色気を出した10時頃から「穂先異常なし状態…」
 11時に撤収を開始し計量会場へ…
 結果…
 カク117匹、上司60匹、ワカ初め弟子5号?42匹
 意外にも団体戦3位入賞!
 前夜の「悪夢?」さえ無ければ…(逆に「沈」だったかも…)
 画像は、表彰式会場より岩洞湖を望む…

2010/02/07:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜11:00釣行
 「悪夢?」を払拭すべく…
 と申しますか既に忘れかけているカク…
 前回の奇跡的な第3位入賞に気を良くした上司…
 上司に誘われ、本日も第3ワンドに同伴出撃じゃ…
 同じ場所に拘っても、良いこと無いのに…(「鮎釣り」も同様と思う…)
 さて、暗いうちから氷上に立ち…
 「今日は何処に穴を開けましょうか…」と、釣りポイントの選定を上司に催促するダークなカク…
 上司曰く「前回釣行と同じ場所辺りを…」ということで、テキトーに上司が釣り場を決定…
 穴開けし、水深を測定するも7mほど…
 前回釣行にも増して歩行する根性の無い「上司&カク」(笑)
 「一期一会」との、千利休の教えでも無いのですけれども、この「一穴」に拘り…(玉砕覚悟…)
 さて、釣果のほうですが…
 「晴天&無風」でいい感じ…
 9時には露天で「日光浴」
 「気分爽快!」「何にも言うことなし…(言いたくない…との説が…)」
 画像は、「日光浴」をするセレブな北欧出身の上司…?
同上
 画像は、資源保護に配慮した釣果…
 カク66匹…
 上司19匹…
 浅場だけに小型が多い…

2010/02/13:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜11:00釣行
 さて、前回の貧果に懲りずに単独で岩洞湖へ出撃…
 明日は、会長からのお誘いにより「菜々湖」へ…
 「カク親子」が初出撃するということで何となく…(岩洞湖への出撃理由が不明確…)
 さて、またまた第3ワンドの深場と思われるところに出撃したのですが…
 「結論!」
 「理由は分からんが単独釣行のほうが釣れる…」(笑)
 画像は、今季の電動タックル
 「D社のクリ」に「G社銀庵穂先0.5号」
 何かいい感じ…
 「穂先が氷上釣りでは少し長いのでは…」と思ったのですが「二刀流」で使用すると穂先長めのほうが、本体を手元近くに置けて良いのね…
 穂先が長めのため、綺麗に弧を描くし「乗った!&外れた…↓」が分かりやすいし…
 当穂先を2本購入しましたが、製品の品質が均一ですし…(高価なのですけど、これが一番大事〜↑)
同上
 本日の釣果151匹です。
 モロコ退治です…
 ヒメは何処にいってしもうたものか…

2010/02/14:菜々湖(右岸)6:00〜13:00釣行
 「会長親子VSカク親子」in「菜々湖」
 宿命の対決なのである…
 「鮎釣り」に関しては「会長VSカク」では「VS」という域に達しなかったので…(毎回反省会&会長の圧勝!?)
 ということで「菜々湖」へ出撃!
 実は、地元の「岩洞湖」よりも早く到着するのね…
 しかし、すごい人出じゃ…
 のんびりと出撃した「カクの鮎釣りチーム」
 陸上と思われる待機地点にて多数の公師?が「今か今かと…」解禁時刻を待っているのじゃ…
 チンタラと、いまだ路上を歩いている「会長親子&カク親子」
 解禁の放送を路上にて確認し、「公師の氷上ダッシュ」を拝見させていただきましたが「鮎釣りのトーナメントみたいじゃ…」
 画像は「氷上ダッシュ!」
同上
 さて、のんびりと「会長」の指示により比較的「ワカ師」のいない「岸よりの沢の流れ込みポイント」にて「穴開け&テント張り」を行い、釣り座を構える「会長親子&カク親子」
 「カク坊」の釣り道具の準備を行い、「カク坊」に電動の操作を教示し、早速仕掛けを湖底に着けさせると…
 速攻でワカの反応があり…
 しかし、反応があるもののハリには乗らない…
 数回「巻き上げ&スカ…」を拝見していたのですが、そのうち待望の一匹が…
 「このまま拝見しとったら【カク坊】にやられてまうわ…」
 などと、突然「村田鮎釣り名人節(関西弁)」になるカク…(笑)
 早速、自分の釣り道具の準備に勤しむ大人気ないカク…
 準備中にも「カク坊」にワカが釣れ続け…(喜&汗)
 「岩洞湖」と異なり、常に「穂先異常あり状態…」
 それでも「カク坊」は、「蛙の子は蛙&オタマジャクシ」
 子供の頃のカクと同様「飽きるのが早いのね…」(ちなみに「カク坊」小学6年生)
 アタリが連続するのに「もう帰りたい…」だと…
 では、乗らない「ワカ&カク坊」を乗せるため、仕掛けをG社の誤苦笑?0.3号に落とし某幼虫を半分カットにて試みると高確率でワカが乗るようになり…
 釣れると某幼虫が無くなるわけで…
 その度、某幼虫のハリ付けを行うカク…
 「…ってカクが釣る時間が無いのですけど…」
 それでも飽きる「カク坊」…
 「カク坊」がテント外に出て遊んでいる隙に、カクお得意の「二刀流」
 しかし、「D社クリ付属穂先」ではワカをほとんど乗せられず「G社銀庵0.5号穂先」でしかワカは釣れないのであった…
 画像は、「妻似&イケボー?で可愛いと噂される【カク坊】」
 カクにも「美少年(微少年?)」のころがあったと思いたい…
同上
 本日の釣果
 カク360匹
 カク坊193匹
 釣れるワカは「一寸法師」(3cmチョビ超え)
 日頃、根性の無いカクなのですが、今回だけは頑張った…
 父親の「威厳&プライド」を賭け…?
 しかし「二刀流」で頑張ったものの「Wスコア」とはならず…
 しまいには、「カク坊」から「今年のワカサギ釣りは、もういいかな…」と語られるし…(今回しかワカサギ釣りしてないじゃろうが〜)
 「チクショ〜」

2010/02/21:岩洞湖(第3ワンド)5:00〜11:00釣行
 今回も職場の上司に誘われ、同伴出撃!
 ポイントは例により、いつもの第3ワンド…
 馬鹿の一つ覚え…
 単に氷上に降りるのが楽だからとの説が…(笑)
 さて、例により上司に穴開けポイントを選ばせ、釣れなかったときの責任を押し付けようとする姑息なカク…(笑)
 やや深めの水深9mライン
 朝からさっぱり釣れませぬ…
 ようやく釣れたと思ったら「モロコ」…
 徐々に深場にワカサギが大移動してくることを期待するも、群れがたまに来ては2〜3匹釣れて、「はい!おしまい状態…」
 「上司&カク」の毎回の釣果目標は、「2人で1束!(笑)」なのですが、非常に困難な状況…
 そして、上司との同伴釣行時の密かな釣果目標は「上司釣果×2倍」なのですが、こちらは楽勝な状況…(笑)
 周りのテントも続々と撤収していくし…
 「上司&カク」粘る根性など持ち合わせていないためカップラを食べて午前中で撤収&敗退…
 画像は、本日の氷上…
同上
 撃沈…IN岩洞湖&貧果報告…
 カク33匹VS上司11匹(画像で数えられるほどの貧果…)
 「上司釣果×3倍」を達成!
 釣れないながらも、ある意味満足し…(笑)
 「岩洞湖IN氷上ワカサギ釣り」釣れないなりに楽しいものです…(大笑)

2010/02/28:岩洞湖(第3ワンドと第4ワンドの中間?)5:00〜12:00釣行
 またまた、職場の上司に誘われ、同伴出撃!
 すっかり「釣れないワカサギ釣り」に、どっぷりハマった上司…
 プチ迷惑な話なのですが…(笑)
 ポイントは、いつもの第3ワンド…
 と思ったのですが少し歩行距離を延ばして「第3と第4の間?」
 岸よりの浅場、水深6mぐらい…
 さて、例により上司に穴開けポイントを選ばせ…
 そして、毎度のカクのお勤めである「穴開け&テント張り」を完了し…
 竿出しすると前回よりアタリがあるではないか…
 しかし、前回同様、群れがたまに来ては2〜3匹釣れて、「はい!おしまい状態…」
 そして、時刻も9時を過ぎると超激渋…
 天気が良いことから露天の旅へ…
 水深2mでのサイトフィッシングで数匹追加したりして…
 見釣りも楽しいものですな…
 すると、どこからともなく【小学生の坊】が近づいてきて「釣れますか…」だと…
 「今日はさっぱり…」(いつもでしょうが!根ショウガ?)
 「50匹ぐらいかな…」と語ると…
 【小学生の坊】曰く「ワカサギください…」だと…
 カクの単独釣行時なら、くれてやっても良かったのですが…
 カクの釣果は、いつも釣れない上司?への「お土産&釣果保険?」になっているもので…
 そこで、カク、心を鬼にして…
 「あのね…」
 「あそこにいるおじちゃんと一緒に釣りに来てるんだけど…」
 「あのおじちゃん、あまりにも釣れないから私が釣ったワカサギを毎回あげることにしてるんだよ…」
 「ごめんね…」
 などと、鮎釣りで鍛えた巧みな技?で【小学生の坊】をテキトーにいなし…(笑)
 「きっと親子で全然釣れていないのね…」と少し同情した同じ年ごろの坊を持つ父親であるカクなのでした…
 画像は、「いつも釣れない、あのおじちゃん…」(汗&許して…)
同上
 本日の岩洞湖…
 晴天無風の釣り日和…
 撃沈…IN岩洞湖
同上
 本日の釣果
 カク69匹VS上司35匹
 浅場のため「小型主体」ながら、2人の低レベルの目標である「2人で1束達成!」(喜)
 しかし、カクの密かな目標である「上司の釣果×2倍」達成できず…(笑)
 徐々に腕の差(運&道具の差?)が無くなっているような…
 追い越される日が近いかも…(喜)

2010/03/07:岩洞湖(小石川奥地?青7番周辺)5:00〜14:00釣行
 釣れないことに快感を感じているらしい上司に、またまた誘われ同伴釣行!
 ポイントは「頑固オヤヂの第3ワンド」と思いましたが、数日前、会長から快釣情報を受けたことから…
 内容は次のとおり…
>2010/2/27 11:05
>本日の釣果
>小石川対岸奥の9番、水深9メーターライン
>型は申し分無く3年物が
>9割5分
>満足しました!
>130匹
>早上がりいたします。
 ということで、会長と同様「8番?を目指すのじゃ…」
 実は、会長情報の「9番」を「8番」と勘違いしていた「おバカなカク」
 「8番が釣れるらしいですよ…」
 「多分、対岸の最初のワンドが8番…」
 既に8番と思われるところにテントが張られランタンが灯されていたことから、「あのテントの隣で釣りましょう…」
 などと上司に語り、黙々と小石川駐車場から20分程も歩いたでしょうか…
 目標のテント周辺に到着
 8番の表示を確認しようとするも、未だ周りは漆黒の闇の世界…
 ランタンを天高くかざすも、見えるわけないっちゅうの…
 例によりテキトーに上司に穴開けポイントを選定していただき&一連のカクのお勤め完了
 岸よりなのに水深12〜13mの深場
 釣り始めると、「ポツリ…ポツリ…」とアタリがある…
 アワセをくれ「乗った!」
 しかし、巻き上げ途中に「外れる…↓」
 ということを2人で繰り返し…(汗)
 ようやく上司が最初の1匹をゲット!
 会長情報どおりの「デカサギ!」
 仕掛けが「0.8号以下使用」であり、道理で外れる訳だ…
 そして、その後は予想どおりのテント内「お祭り騒ぎ…」
 爆釣ではなく、悪い意味で…
 いくつの仕掛けを消耗したものか…
 上司の仕掛けと「お祭り」すれば、「あまり釣れない上司?優先」の暗黙のルールにより、自分で自分の仕掛けをぶった切り…
 釣る時間より仕掛け交換の時間の方が多いカクなのであった…(笑)
 「数が釣れなくてもサイズが大きいから楽しいね…」などと語る上司…(汗)
 カク思う…
 「毎度の貧果を忘れてしまったのか…?」
 「かつて無いペースで釣れていると思われるのに…?」
 しかし、その後8時過ぎからアタリも少なくなり…
 そこで、テントから出て外を偵察すると「8番」のはずが「7番」だったのね…(汗)
 会長情報「9番」を「8番」と勘違いし、しまいにゃ「7番」で釣りをしているとは…(笑)
 10時を過ぎるとさっぱりアタリも途絶え、周りのテントも撤収を開始しだし…
 「今季最終釣行ですし、もう少し頑張りますか…」と2人で露天の旅へ…
 「穴開け担当カク&試し釣り担当上司」今季最大数の穴開けを敢行し、不思議とアタリがある穴を掘りあて…
 上司、今季最大と思われる「デカサギゲット!」
 昼ごろから決死!?のテント&釣り道具一式大移動…
 釣り始めると、カク、今季初となる「岩洞湖デカサギトリプル!」
 無口になる上司…(汗)
 その後も「ポツリ…ポツリ…」と釣れ続けるカク…
 上司には、モロコが高確率で釣れ…
 しまいには、上司の電動仕掛けのトラブル発生…
 「では、私の道具を使用して釣りを続けてください」と語り、上司の電動仕掛け復旧作業を行うべく釣りを小休止するカク…
 これをきっかけに形勢逆転!
 カクの道具が良いものか、上司、怒涛の「ポツリ…ポツリ…」の入れ掛かり…(笑)
 現在までのカクの釣果は「上司の釣果×3倍」だったのですが、何せ釣れた数が少ないので「×2倍」になるまで「光陰矢のごとし…」(汗)
 上司の釣り道具復旧作業をしているカクの「釣魂」にも数十本の矢が突き刺さり…(痛)
 「このまま他人の釣り道具復旧作業をしとったら【上司】にやられてまうわ…」
 などと、例により心の中で関西人になってしまうカク…(笑)
 ようやく復旧を終え、上司に借していた釣り道具を回収すべく、上司にワカサギが釣れるまで待っていたのですが…
 すると、またまた、上司にワカサギが釣れたのですが水面下の氷まで釣ってしまい、更に釣りバリが少なくなってしまうし…(しかしワカサギだけは、しっかりゲット!(喜))
 そこで、「心機一転、仕掛けを一式交換じゃ!」
 その後、釣りを開始するものの、上司に傾いた勢いはとどまることを知らず…
 アタリがあるのは、上司の穴のみ…
 例により「このままだったら、ほんまに上司にやられてまう…」と内心関西人風に思い…
 「このままだと掛かり長?に逆転されてしまいますな〜」
 「それでは、そろそろ釣りを止めて撤収しましょうか…」などと、上司の笑い&ペースダウン?を誘うリップサービス口撃?にでるも、笑いながら釣れ続ける上司…(汗)
 そして、カクの穂先は異常なし…(笑)
 午後2時にもなると、上司&カク共に異常なし状態になり…
 ということで、今季の「カクの公魚釣り」終了!
 「鮎釣り」より「公魚釣り」の釣行回数が多いという今季のカク…
 「外道」改め、外伝?による「公魚道」のページを立ち上げることにいたします…
 更新が遅いので、釣行の参考にならないとは思いますが自己記録の意味で…(汗)
 画像は、やっちまった〜の「7番」
同上
 画像は、本日の釣果
 カク75匹VS上司57匹(69&96みたいな…。何のこっちゃ!)
 「ほんまにやられてまうとこだったわ〜」みたいな…
 「上司&カク坊」の一人立ちを願う…(笑)
 単独釣行の方がトラブル等も無く釣れるのですが…
 しかし、釣れなくても楽しい釣行のほうが良いですよね…
 できれば飲みながら…


トップに戻る