釣行日記(鮎道!)

2009/07/03:米代川(二ツ井地区)8:00〜17:00釣行(〜20cm、42匹)
 カクの鮎釣り(初日)
 解禁日不釣の遅れをとり戻すべく、本日米代川に出撃!
 会長の釣行情報より、上・中流域はいまいちとのことであり、一気に下流域の「二ツ井地区」へ会長と共に直行!
 渇水のようであり、とりあえず竿抜けを期待し、銀杏橋の上流荒瀬上のトロ瀬に立ち込み、前進を試みると右岸まで容易に到達できそう…
 しかし、竿抜けを期待するも全然鮎が掛からない…(汗)
 そこで、セオリーどおり瀬肩に移動し、玉付けでオトリ鮎を底に定位させると一発で鮎が掛かる(喜)。
 二発目も速攻で鮎が掛かり「こりゃ束釣りできるんじゃないか?」と色気を出したカク…
 この「色気&殺気」を野鮎が察知したものか、その後は、心臓一突き即死鮎が高確率で発生(哀)
 掛かりも、ポツリ…ポツリ…ペースに…
 それでも何とか「ツ抜け」を達成し、安堵していたところ下流でトンビが水面に急降下!?
 「死亡した鮎を放流した鮎師がいるんだな…」と思い、ふと自分の引き舟を見ると早瀬の水中にて何と「蓋全開!」
 引き舟内に、かろうじて2匹の生存鮎が残っているものの、「一からのスタートじゃ…」
 「死亡した鮎を放流した鮎師=カク」だったとは…(汗)
 その後も頻繁に過度の休憩をとりながら密度の薄い鮎を「ポツリペース」で拾い釣り…
 午後5時まで粘って42匹という微妙な釣果
 会長は30匹ぐらいとのこと。
 型は平均17〜20cm程でしたが、会長曰く「比内漁協堰堤下より型が良い…」とのこと。
 明日のオトリ鮎も十分確保したということで、某キャンプ場での酒宴を楽しみに米代川を後にする「会長&カク」なのであった。
 画像は、銀杏橋上にて米代川を渡りきる勢いで立ち込む巨漢!「佐藤名人…」
 「鮎釣り初日から、いいものを見せていただきました…」(拝)
同上
 画像は、現地での本日の微妙な釣果…

2009/07/04:米代川(下流から上流まで、ひたすら川見!&観光?)
 前日の釣果(オトリ鮎)について、会長からご教示いただいた某水路に沈めておいたのですが、本日引き上げに行ったところ、既に、お百姓様より陸地に引き上げられており…
 「オトリアユ全滅!&戦意喪失…」
 ということで、本日の釣りを取りやめ、今年の傾向と対策をリサーチすべく「なんと川見!」
 下流域から上流域まで「パーフェクトマップ」を片手に…
 雨模様でもあるし…
 そして、またまた、昨日釣行した二ツ井地区に舞い戻り…
 鮎師がいらっしゃいますが竿が立たないような…
同上
 続いて、中流域?
 糠沢地区へ…
 ジャングルを掻き分けてまで調査する気力も無い「会長&カク」
同上
 続きまして、パイプラインポイントへ
 画像は、パイプライン下流の中州ポイント
 川岸の石を拝見しましたが…
 泥を被った状態であり「鮎のいる気配なし…」(沈)
同上
 その後、前から気になっていたパイプライン上流の偵察に…
 というよりも以前から「トリプル超!!!」気になっていた「スリルとサスペンス連続のアトラクション!?」
 夢の「パイプライン横断へ…」
 画像はパイプライン横断スタートの模様…
 田んぼ上からの横断スタート。米代川に至るまで歩行距離がありますな〜
同上
 画像は、「鮎師発見!」ビビりながらもパイプライン上流の撮影に成功!?(汗)
 残念ながら鮎師の竿立たず…
 当然、カクの短竿&コブクロも委縮…???
同上
 そして、帰路も長いのであった…(冷汗)
同上
 続いては支流の偵察ということで「早口川」へ…
 某橋の上から除いてみましたが…
 さっぱり鮎が見えません…
 今年は、最下流域を除き「沈・確定!?」
同上
 続いては、犀川合流付近…
 しかし、川相が変わりましたな…
同上
 続いて、比内街中地区へ…
 鮎師が多数いらっしゃる鮎釣り銀座ですが、さっぱり「竿立たず…」
同上
 続いては、堰堤上の某橋より下流を望む…
 「鮎さっぱり見えず…」
同上
 続いては、軽井沢地区…
 「鮎師も鮎もさっぱり…」
同上
 続いては、エリカ様地区の某橋より上流を望む…
 「会長ポイント」なのですが…
 型の良さそうな鮎が、若干居ることは居るが…
 川が変わりましたな…
同上
 続いては、上流域の鹿角地区へ…
 砂利山下のアジサイポイントへ
 ハミ跡が、極少数あるものの小型鮎のものであり、放流鮎なのかな…
 ここも川が変わりましたな…
同上
 続いては、花輪地区?の河川公園へ…
 コメントは「↑」と同様…
同上
 ということで、今年の米代川は、カクの人格&外見と同様「いまいち…!?(汗)」
 「きっぱり、見切らさせていただきました…(笑)」
 これで、子供のバレーボールの応援等に専念できると…
 画像は、昨日の釣果…
 お百姓様に締められた死亡鮎…
 釣りしてないので、苦悩日記に載せるべきだったものか…(笑)
 読者を考慮しこちらへ…(いまさら…&読者皆無との説が…)

2009/08/06:米代川(エリカ様地区)8:30〜13:00釣行(〜23cm、24匹)
 今季の鮎シーズン。土日は中学三年生の次女のバレーボールの御世話に勤しみ、さっぱり鮎釣りしていない「カク迷人」
 カク2号(次男)が帰省し、「鮎釣りしたい…」ということで…
 カクらしく「適当に(テキトーに)鮎釣りの案内に…」
 前回の釣行(今季初釣行)にて早々に「米代川を見切った!?」のですが…
 「少ない分、大鮎か…?」と、少し期待しながら…
 というか、「今季は降雨が多く、さっぱり鮎釣りできないと申しますか…」&「多分鮎も大きくなれないと考察するところでありますと申しますか…」
 ということで、比較的、高釣果の可能性が高いと思われる「下流域」まで行く根性が無い今季のカク…
 堰堤上の某橋にて、「カク2号」と川見をしていると…
 関東地方より、毎年米代川での鮎釣りを楽しみに釣行している鮎師と遭遇し…
 「ホームページの人…」、「カクさん…」みたいな「お言葉を頂戴し…(汗)」
 「全然人違いです…」&「カクさんは単なる下ネタ好きの変態鮎オヤジです…」&「心外です…」&「失礼な…」ets…と語りたかったのですが…
 折角(折れるカク?)遠方より、いらっしゃった鮎師なので、身元を白状し…
 「今年の米代釣れません…」&「下流域の方が釣れるかも…」&「HP更新しないですみません(礼)」と適当なアドバイス(テキトーな発言)をして、お別れいたしましたが…
 「釣果は、どうだったのでしょうか…(大汗)」
 画像は、某橋にて…
同上
 その後、上流に遡上し?「テキトー」に、過去に実績のある!?「エリカ様地区岩盤ポイント」を偵察してみると…
 少ないながら「黄金色」にチラチラ見える鮎がいらっしゃるようであり…
 カク言「見える鮎は釣れない…」のとおり、期待もせず「テキトー」に竿出しする「カク兄弟」
 少ないからこそ「一級ポイント」にて玉付けで「沈」すると「頑」と来たりして…
 少ないからこそ「釣り返し」がきかなかったりして…
 ということで、昼過ぎにて鮎釣りを飽きてしまった「カク1号…」
 まだ、釣れないのに釣りたそうな「カク2号」にダメダシし鮎釣り強制終了…(笑)
 とっとと帰宅いたしました…
 画像は、釣行後、某橋にて、たそがれる「カク2号」
同上
 本日の釣果
 半日の割に意外に釣れたような…(粘っても釣れないような…)
 ちなみに「カク2号」は、片手を超える程度の釣果でした…
同上
 サイズについては…
 例年に比較し、「数&型」とも寂しいです!!!
 「やっぱり見切る…?」

2009/08/09:米代川(二ツ井地区&エリカ様地区)8:00〜17:00釣行(〜22.5cm、32匹)
 「できるときにする…」&「前回釣行による生かしたオトリアユもあるし…」
 ということで、何となく鮎釣りしてきました…(例によりテキトーに…)
 下流域から中上流域へ…
 「二ツ井地区」にてオトリ採り…
 「エリカ様地区」にて型狙い…
 「釣行先の県名同様、飽きた…」
 「釣れ過ぎ…」とは真逆の意味で…
 「数&型」とも「中途半端…」
 「少ないなら大きい…」とも限らない今シーズン…
 「自然の力?」には、なすすべもない…
 しかし、「尺鮎」にも、カクの技量では、なすすべもないし…(笑)
 ということで本日の釣果…
同上
 数&サイズとも、カクと同様…
 「中途半端…」
 重量も…
 「カク並…」(中肉中背の標準体型。釣れる鮎に限ってはメタボがいい…)

2009/08/22:米代川(エリカ様地区)8:30〜12:30釣行(〜24.5cm、13匹)
 カク、職場の上司に「鮎釣りしてみては…」と発言し…
 「でっかいどうの大湿原」並みに「今季米代川の大失言(汗)」
 「今年は釣れませんよ…」と言い訳?するものの「・・・」
 やむなく、本日オトリ採りに…
 今季恒例の比較的近場の「エリカ様地区」へ
 釣れないので(ほぼ?釣り切ったので)、午前中で飽きて帰宅…
 「カクの鮎釣り」こんなんで良いのか…
 との「一抹の不安」を覚えながら帰宅…(以前からじゃ!)
 実は、前日に夏季休暇を取得し、オトリ採りに行こうと思ったのですが、花巻東の準々決勝があったもので急遽オトリ採りを取りやめ高校野球観戦…(笑)
 結果、「正解!」久々の「男泣き…」
 やはり、ライブで見るのは感動が違いますな…
 しかも、上司や同僚が現在も仕事をしていると思うと…(笑)
 画像は、本日の身長ベスト3(大鮎に届かず…)
 
 さて、明日は花巻東の準決勝なんですけど…(汗)
同上
 画像は、本日の重量ベスト1(例年に比較し、50g程少ないような…)

2009/08/23:米代川(二ツ井地区&エリカ様地区)8:00〜12:00同行?(〜22cm、2匹)
 先日の「大失言!」について後悔するカク…
 今年の米代川。釣れないことを知りながら上司を鮎釣りに誘うとは…
 しかも、本日は花巻東の準決勝戦なのに…
 さて、そこそこの高水なのに下流域「二ツ井地区」に上司を案内するカク…
 当然ながら掛かるポイントに竿出しできません…(汗)
 1時間ほどで「当二ツ井地区」見切り…(笑&上司釣果1匹)
 昨日にオトリ採りした「エリカ様地区」へ…
 昨日にカクが鮎を抜いてしまったものか、さっぱり鮎が掛かりません…
 そうこうしているうちに昼過ぎとなり…
 「今日は釣れません」&「車中にて花巻東を応援しましょう…」と語り、鮎釣り強制終了!(笑&上司釣果1匹)
 帰宅途中の車中にて…
 大エースが登場するも試合を決定づける長打を打たれたようであり…
 カク毎年恒例の?「参りました…」でございます…
 今季の「カクの鮎釣り」も高校野球と同様、本日で、きっぱり終了でございます…
 本日は「カクの鮎釣り」について、上司への二人一竿による鮎釣り教示のみ…
 ほとんど釣りしていなかったので、カクは釣行しなかったことにいたします(笑&なんじゃそりゃ!)。
 ちなみに上司は、「カクさんには釣れなかったが、私は2匹釣った…」と、毎回飲む都度、誇らしげに語っているのですが…(笑&涙…)
 本当のアップは「苦悩日記」のほうだったのじゃ!
 さて、本日の釣果…
 前日に、カクが調達したオトリアユ込み…(上司のクーラーBOX。少数のお土産(オトリアユ)を提供し、お引き取り願いました…(笑))

現在までの大鮎記録!
 '06/9/16米代川十二所地区にてゲット!
 男鮎です。終盤でもあり、引き舟に入れたら少々黒くなりました。女鮎に比較すれば肥えていないのかもしれませんが、精悍さがグット!
 今回も氷で締めて縮んだことを考慮して28cmということにいたしましょう(笑)。ウエイトは270gでした。
 道具仕立ては、G鮎PSU引抜荒瀬9.0m、天井糸ナイロン1.0号、水中糸メタル0.3号、付け糸フロロ0.5号、中ハリス1.5号、ハリハリス1.5号、掛けバリK社大鮎8.5号でした。
同上
 「コロンブスの卵」ならぬ「コロンブスの鮎」
 横幅があるためか容易に立ちました!(笑)

トップに戻る