DIY道場HONDA リード90 白煙修理

 マフラー・オイルポンプ交換編

我が家にリード90がやってきてエアクリ・プラグ・プーリー周りを

交換、バッテリーも新品にしました。(コレが高い!)

しかしエンジンは中々かかりません、やっとエンジンをかけると、

マフラーからオイルはブシュブシュ出るはあたり一面は真っ白

煙幕発生機能付きエンジンのようです。

 

コレはただ乱暴に扱われただけでしょうか??

           作業日 2012年6月7日から9月

 

これでも一発目の白煙に比べればいい方なんですよ

 

エンジンが掛からなくて、ずっとセルを回してオイルとガソリンが

マフラーに溜まっているのではと思われるので、、御焚き上げします

悪霊退散!と景気よく!

 

 

 

中から悪霊が出ました。 後は冷めてから激しくゆすって

カーボンを取り出し、いちおう灯油を入れて綺麗にしますが、

コレだけヤッてもぜんぜん白煙は収まりません、

 

 

もう古いマフラーは錆びて穴も開いているし、見切りをつけ

新品のマフラーを奢ってやります! イキナリですがメットインから

簡単にマフラー交換できます。HONDAさんありがとう!

ヤマハもスズキも下にもぐるかバイクを倒さないといけませんでした、

 

 

でも この遮熱板、ナットが嵌まりません、 とほほ

また知恵の輪のようにマフラーを外し遮熱板を加工して

取り付けます。 リード君はマフラーを買いましたが、

20年前のバイク他社でしたら絶対手に入らないと思います。

 

取付完了、、 ですが、 白煙はひどい状態で治りませんでした。

後日色々調べ、オイルポンプから一晩10cc程クランクケースに

流れ込んでいる事が発覚、 

 

 

 

オイルポンプを外すにはエンジンを下ろさないといけません

とほほ

オイルポンプはオイルでグチャグチャです。これでもパーツクリーナー

2本ぶっかけて掃除してます。 で 問題は外側じゃないです。

掃除したのはクランクケースに汚れが落ちない為です。

 

 

 

こいつが問題のオイルポンプのシャフトのオイルシールです

ゴムのワッカにバネが入っている部品で、きっと100円くらいでしょう

しかし、、 この部品だけでは取り寄せれません、

オイルポンプASSYで1万500円になります チーン!

 

  新品のオイルポンプを奢ってやります。

ちなみにオイルポンプを交換の為エンジンを下ろしたのは

上にエンジンハンガー 下にセルモーター、、、

そんな真中にあり、車体に付いたままだと見ることも出来ません

毎日触っているプロならば手探りで降ろさずに出来るかも

しれませんが、素人がやると失敗は間違いないです。

 

このオイルポンプ交換、お店にお願いすると3−4万です。

オイラには高いと思えません、逆に部品代、洗浄の手間

エンジンにホース・配線を元通りにする手間を考えると

納得です、、 ちなみにオイラは炎天下の中で半日仕事でした(汗)

     

公道復帰にめどが立ちましたが、、

ココまでだいぶお金が掛かってしまいました、

これからの修理もだいぶ財布にヘビーだなぁ、、

 


HOMEに戻る
前に戻る