牛若誕生

 源義経<幼名:牛若>は、1159年(平治元年)、源義朝と常盤御前との間に生まれました。

 現在の京都市北区紫竹牛若町辺りが誕生の地と伝えられており、周辺には、常盤御前・牛若ゆかりの史跡が数多くあります。




常徳寺
じょうとくじ

●所在地 :京都市北区紫竹東栗栖町28
●交通 :市バス「常徳寺前」下車 すぐ

常徳寺の門 常徳寺の門

 常盤が源義経の安産を祈願したと伝わる「常盤地蔵」が安置されています。
 本堂

 「常盤地蔵」は原則非公開です。
常徳寺の本堂
↑このページのトップに戻る   地図を見てみる





光念寺
こうねんじ

●所在地 :京都市北区紫野上野町150

光念寺  常盤御前の守り本尊であったと伝わる「腹帯(はらおび)地蔵」が本堂に安置されています。
光念寺 本堂  お寺の方のご好意により、腹帯地蔵を御参りさせていただきました。<(_ _)>

 優美でおだやかな顔をなさったお地蔵様でした。
↑このページのトップに戻る   地図を見てみる





常槃井
ときわのい

●所在地 :京都市北区紫野下築山町
●交通 :市バス「大徳寺前」下車 徒歩10分

常盤井  「常槃井」は「常盤化粧井」とも呼ばれており、常盤御前が化粧に用いた井戸といわれています。


 現在、井戸そのものは涸れてしまっています。
常盤井の碑  「常槃井」の碑
↑このページのトップに戻る   地図を見てみる



牛若誕生井・胞衣塚へ


〔源義経ゆかりの伝説の地をたずねる〕


『PICK UP』

「花橘亭」トップページに戻る