義経(牛若)・弁慶 出会いの場
五条大橋


牛若vs弁慶

左:弁慶    右:牛若

弁慶の長刀(なぎなた)をひらりとかわす牛若丸。
五条の橋での決闘を表わした可愛らしい像です。
五条大橋の西詰めのグリーンベルト内にあります。

●所在地:京都市下京区河原町通五条東入ル

 鴨川に架かる現在の五条大橋

西側から撮影。
 五条大橋から北にある松原橋を眺めたところです。


 平安時代の「五条の橋」は、松原橋に位置していました。


 松原橋

 松原通から清水寺へ続く道の途中、鴨川に架かる橋です。
 松原通は、かつて五条通という名でしたが、天正年間(1573〜1592)、豊臣秀吉の大仏殿建立によって、現在の位置に五条大橋が架けられたことにより、通りの名前と橋の名前が変わりました。


 牛若丸と弁慶が戦ったとされる「五条の橋」は、この松原橋の位置にあたります。

<五条の橋 当サイト内関連ページ>
「平安時代好きの京都旅行記」「春は名のみの京都」“五条大橋と松原橋”


「株式会社 井筒」さんで展示されていた弁慶&牛若人形を見てみる?
・「カバヤ」の『義経風雲録』 遮那王と弁慶 フィギュア を見てみる?



〔源義経ゆかりの伝説の地をたずねる〕

『PICK UP』

「花橘亭」トップページに戻る