しかのしま
志賀島

〜金印 出土の島〜


2004年7月、福岡市東区にある志賀島(しかのしま)に行ってきました。

志賀島

海の中道(うみのなかみち)と志賀島を結ぶ
志賀島橋から志賀島を撮影。


志賀島といえば、金印で有名ですよね♪
というわけで・・・




金印公園

漢委奴国王金印発光之処の石碑

「漢委奴国王金印発光之処」の石碑。
志賀島の南側にある金印公園です。
天明4年(1784年)に金印が発見されました。

金印公園by福岡市
(看板より)

金印公園
 この地は後漢(現在の中国)の光武帝が奴国(現在の福岡市を中心とする地)の使者に授けたといわれる金印(国宝)が発見された場所としてわが国の歴史上、重要な地とされています。
 印綬伝来から1900余年を経過したいま、この地に立って博多湾、玄界灘を望みながら遠く中国大陸と交流があった当時をしのべば、私たちの心に新たな感銘を呼びおこすでしょう。    福岡市


金印

公園には「金印」の拡大バージョンの碑があります。

志賀島の対岸に見えるのは博多湾に
浮かぶ能古島(のこのしま)です。


金印・拡大バージョン

拡大!!

『漢委奴国王(かんのわのなのこくおう』
 実物は 一辺2,3cm、重さ108,7g の金塊です。
福岡市博物館の常設展で見ることができます。とても綺麗ですよ〜!(^^)
 金印については、福岡市博物館のホームページが大変詳しいです。

 『漢委奴国王』は「漢の倭(わ)の奴(な)の国王」とよむという説と「漢の委奴(いと)の国王」とよむという説がありますが、奴(な)も委奴(いと=伊都)も博多付近の小国でした。







『後漢書』東夷伝 より (原漢文)

 建武中元二年、倭の奴国、貢を奉じて朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。
光武、賜ふに印綬を以ってす。

(↑ 私が高校時代に使った日本史の教科書より抜粋。)

建武中元二年は西暦57年(弥生時代)のこと。
この時、光武帝から賜った印綬が
志賀島でみつかった金印といわれています。



金印スタンプ  福岡市博物館や鴻臚館跡展示館などで販売されている金印スタンプ。
 販売:(財)福岡市文化芸術振興財団






 つまみ<鈕(ちゅう)>は蛇がとぐろを巻いた姿で、ひもを通す孔(あな)<鈕孔(ちゅうこう)>には紫色のひも<綬(じゅ)>が結ばれていたものと考えられます。


 金印は、大切な公文書や手紙の封印に使われました。封印の方法は、文書や手紙を入れた箱を紐で縛りその結び目に付けた粘土に押して封をしたもので、文書の秘密を守る鍵の役目を果たしています。

≪スタンプに付いていた解説書より≫
金印スタンプ
金印スタンプ
スタンプ面
ご当地ピンズ・金印  バンプレストの『ご当地ピンズ』シリーズ、“福岡ピンズ”のひとつ。

 「金印」です♪

(福岡県内のカプセル自販機で購入。1個100円。)



志賀海神社へ




「PICK UP」

『花橘亭』にもどる