小野小町の墓

●所在地 :山口県下関市豊浦町川棚中小野

美女と謳われた平安時代初期の女性、小野小町。

彼女の伝説や墓は日本各地にあり
ここ下関市にも小野小町の墓が存在します。


県道

周囲は山々と田畑に囲まれた地域です。


小野小町の墓

この道路案内板が目印です!!


山道

道路の脇にある山道を登って・・・


小野小町の墓

ありました!(*^。^*)
(写真右奥です。)


小野小町の墓

小野小町の墓
墓には鏡がたてかけられています。
まだ新しいお花が供えられているのを見ますと
地域で大切にされていることがうかがえますね。

手を合わせてきました。(-人-)


小野小町の墓 看板
小野小町の墓
小野小町の墓

 絶世の美女であった小町は、小野氏一族の文才の血筋を受け若いころから和歌の世界で活躍しました。しかし、男たちの視線を一身に集めた麗しの歌人も、歳月とともに色あせてきました。もともと自尊心の強かった小町には耐えられないことでした。老いさらばえた姿を京の都にさらせまいと、小町は全国を点々と流浪しました。流浪を重ねた末の小町は、川棚に着きました。村人たちは親切で温かでした。小町は愛用の銅鏡を片時も離さず日ごと失われていく美貌に無常を感じながら、晩年をひっそりと暮らし、この地に果てたと伝えられています。


<看板より>

晩年の小町がとてもかわいそうに思えます。(^^;)
実在の彼女はどんな女性だったのでしょう。


小野小町について



『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「PICK UP」>小野小町の墓