『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「PICK UP」



紅梅殿址・白梅殿址

〜『東風(こち)吹かば・・・』が詠まれた地〜

●所在地 :京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
●交通 :市バス 「西洞院仏光寺」バス停 下車すぐ

紅梅殿址(北菅大臣神社<紅梅殿社>
紅梅殿遠景 仏光寺通から北を撮影。
仏光寺通は広い道ではありませんが、夕方だったからでしょうか、結構、車が通るので撮影しながらヒヤヒヤしました。(^^;)

仏光寺通(=かつての五条坊門小路)をはさんで北に、『紅梅殿』址(=北菅大臣神社)、南に『白梅殿』址(=菅大臣神社)があります。

奥に見える小さなお社が北菅大臣神社です。

ココで、菅原道真が「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ(春を忘るな)」と詠みました。

また、清少納言は『枕草子』(第20段)
家は・・・の中で 紅梅(殿) を素晴らしい邸宅のひとつとして挙げています。
菅家邸紅梅殿址石碑 『菅家邸址』の石碑アップ。
菅家邸址 と書いてある下に小さく 紅梅殿 と書いてあります。

北菅大臣神社 「北菅大臣神社」では、道真の父・菅原是善(これよし)が祀られています。
お社は南を向いていました。
北菅大臣神社扁額 鳥居の扁額には『紅梅殿』と記されています♪
『紅梅殿』の3文字に喜ぶ私。(笑)


白梅殿址(菅大臣神社)
菅家邸址石碑 『菅家邸址』の石碑。
仏光寺通から南を撮影。この石碑は、菅大臣神社の北側の入り口にあります。

「平安時代史事典」によりますと、
『白梅殿』は、菅原氏累代の第宅であり、『紅梅殿』という名称に対応して、『白梅殿』と呼ばれるようになったそうです。

ところで。ペッドボトルで石碑をガードしているのは、神社が駐車場経営をなさっているので車をぶつけないようにという配慮からでしょうか。(^^;)
菅大臣神社 こちらの「菅大臣神社」では、菅原道真を祀っておられます。
本殿は西向きに建てられています。
(九州、太宰府のほうを向いているのかしら?)

本殿、向かって左側の木が『飛梅』とされていました。(詳細は次のページでどうぞ。)
井戸 この井戸は、菅原道真の産湯として使われたという井戸です。

井戸の隣りには、お稲荷さんが祀られていますね。(←写真を撮ったあとに気付いた人。)

この他、境内の南側には摂社があるそうなのですが、南側は未チェックでした。(^^;)
ガレージ 無断駐車をすると、菅公の怒りが・・・!?


菅大臣神社・太宰府天満宮の『飛梅』へ



『東風吹かば…』飛梅伝説1



『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「PICK UP」