Mobilesuit Gundam Magnificient Theaters
A preface to "An another tale of Z"




第十五話 序 「アーガマ入港」


〇〇九七年三月一二日 午後三時
サイド5近郊
ティターンズ艦隊 重巡洋艦「アレキサンドリア」


イド7からエウーゴの巡洋艦アーガマを追跡していたティターンズ総旗艦アレキサンドリアはラグランジュXの周回軌道に乗る最後の加速をした。同様に前方で損傷しつつ加速するアーガマの姿が見える。加速が終了し、艦をラグランジュXに乗せた後、艦長のガディ・キンゼー大佐が指揮席のバスク・オム大佐に報告した。バスク正規軍大佐のティターンズでの階級は「上級大将」、ティターンズ学園校長で、ジャマイカンをも凌ぐ、ティターンズ実戦部隊の最高位である。
「相対距離七〇.一五、、、七〇.一三、、、七〇.〇八、、、どうやら僅差で我々の方が加速力が上だったようです。あと二〇分で主砲有効射程内に入ります。ただ、間もなく、ソロモン共和国の領空に入りますが、、」
「領空侵犯については気にしなくて良い、ガディ艦長、我々は「ティターンズ」だ、制式艦隊同様、各サイドおよび自治国に対する警察権(ポリス・パワー)を持つ。これは治安維持行動である。」
 明らかな嘘を、バスクは傲慢に言い放った。
 アレキサンドリアの側面をアーガマが投棄した機械類やモビルスーツが通過していく、余裕があればエウーゴのモビルスーツを回収しておきたいものだが、現在は追いついて撃破する方が先だ。ほとんど無傷のマラサイ三機、捨てるには惜しい機体だが、仕方あるまい。その時、通信オペレータがソロモン艦隊からの通信を伝えた。オペレータが音声を艦橋のスピーカーに繋ぐ。
「こちら、ソロモン共和国宇宙艦隊、巡洋艦レイキャビク、貴艦は我が国の領域を侵犯している。速やかに針路を変更し、直ちに退去されたし。」
 意外に早く来たな。回線が繋がり、通信モニタにレイキャビク艦長、エドワード・マーロウ大佐の顔が映った。思っていたより若い士官だ。ガディはマイクを取ると、モニタ上のソロモン艦長に返答した。


「サイド7を攻撃した正体不明艦(アンノウン)を追っている。撃破するまで針路の変更はない。」
 一瞬、画面上のマーロウが微笑したように見えた。アーガマはすでにソロモン共和国の領空奥深くに入り込んでいる。
「その艦については別働隊が対処している。とにかく、貴艦は退去するように。」
 ガディはテレビカメラを切り、通信オペレータの方をチラリと見た。どこから通信しているんだ?
「後方、ないし側方からだと思われますが、通信強度から見て、それほど遠くとは思えません。」
 通信機を操作し、オペレータが答える。
「位置を割り出せ。」
 ガディは再びカメラのスイッチを入れた。テレビモニタに再びニヤニヤとしたマーロウの顔が映る。
「貴官は我々をティターンズだと知って、退去せよと言っているのか?」
 ガディは上官のバスクをチラリと見た。乗員らの前で先の言い分を真っ向から否定され、凶暴な気分になっていることが外見からも分かる。タイタニアを忘れたか、慎重になれ、マーロウ。
 返信を受けたマーロウは砲術長に目配せした。
「威嚇射撃(メニシング)をくれてやれ。」
 グワッ!
 不意に後方から砲弾を撃ち込まれたガディは仰天した。艦橋の全員が驚愕し、位置を割り出したオペレータが叫ぶ。
「右舷一二〇度マーク〇! 距離三,二〇〇メートルに、レイキャビク!」
 同時に、スピーカーに嘲笑するマーロウの声が入る。
「バルセロナ級の弱点はとっくに直してあると思ったがなあ、ガディ君。良かったら、次は君の艦をアルバータ・コロニーと同じ虐殺フルコースにしてやってもいいぞお、、」
「貴様、、こんな事をして、、」
 ガディは歯ぎしりした。それを見てモニタ上のマーロウが笑う。艦橋からは見えないが、レイキャビクが例の三二〇o砲を全門向けていることは見なくても分かる。
「ティターンズの今の戦力では共和国には敵わんよ。アルバータのようにはいかないね。分かったらさっさと帰れ、ガディ・キンゼー。」
 それを聞き、上官のバスクの顔が見る見る紅潮していくのが、ガディにも分かった。
(つづく)




Go to Text