当園からのごあいさつ 

 どんぐりの築山、柿畑、観察農園など豊な自然環境での保育は本園の特色の一つです。このような環境では蝶や野鳥、ダンゴムシ、カブトムシ、トンボ等の昆虫も生きています。時には蚊や蜂、ハエなども飛んできますし襲われることもあるでしょう。この中で私たちが子ども達に身体で学んで欲しいのは、人間の生活は多様な生物が存在して成り立っていることです。蜂は美味しい果物や野菜、美しい花を私たちにプレゼントしてくれます。ダンゴムシやミミズは土壌の改良に役に立っています。
もし、本園がコンクリートで、建物や庭が整備されている環境であったら、子ども達は自然と人間との関わりを体験的に理解できないでしょう。都市化され、自然が失われつつある現代であるからこそ、自然は時に厳しく、また重みのある恵をもたらしてくれることを本園の子ども達には知って欲しいと思っています。
時に蚊に刺されたり、蜂に襲われる場合は事前に子ども達に対処する知恵を授けています。
おおらかに少しのことには驚かず、対処できる気持ちが自然の中での生活では肝要です。そんな子どもに育ってほしいと思います。



                                             かきの木幼稚園  園長 川井直子


 

最新情報&更新情報

RSS Feed Widget